毎日いろいろな場面で使うタオル!洗っても臭いのはなぜ?

人間関係 社会

スポンサードリンク




タオルが臭いととても嫌な気持ちになりますよね…そんな嫌なタオルの臭いの原因はモラクセラ菌という菌です。この菌の糞がタオルの生乾きの時にする臭いの原因です。この菌はとても頑固で、普通に洗濯しただけでは取ることが出来ません!菌が付かないようにするには、洗濯を貯めないようにしたり乾かす時間を短くしたり、すぐ干すなどが効果的です。

湿気の多い場所を菌は好むのでそのような時間を減らすことが大切です。もしタオルが臭ってしまった場合は50度以上の高温で除菌したり高温の中に重曹入れて除菌しましょう!

タオルが臭い原因はいったい何!?

毎日朝起きて顔洗うところから、夜はお風呂入ったあとなどタオルを使う場面はたくさんあります。そんなときに使ったタオルがなぜか臭う…という経験をしたことがある人も多いと思います!せっかく顔や体を洗って気持ちよくなっても、気分が下がってしまいます。

タオルが臭う原因は「菌」です!菌が繁殖してしまっていることでタオルが臭ってしまいます。その菌の名前はモラクセラ菌といい、1回この菌がタオルについてしまうと水分や皮脂を栄養にしてどんどん増えてしまいます。そしてその増えたモラクセラ菌がした糞がタオルが生乾きの時に臭う嫌な臭いの原因になっています。

1度モラクセラ菌の糞がついてしまうと、普通に洗濯しただけでは臭いを取ることが出来ません。頑固なモラクセラ菌の糞が付いてしまう前に対策を行うことが大切です!その方法は以下の通りです。

①洗濯を何日も貯めない

こまめに洗濯することで菌の繁殖を防ぐことが出来ます。またあまりたくさんの量を一気に回していては汚れの落ちが悪くなってしまうので注意が必要です。

②乾かす時間は短くする

雨の日は仕方なく部屋干しをすると思いますがその場合晴れの日に比べると乾くまでに時間がかかってしまうのでその間に菌が繁殖してしまいます。それを防ぐために除湿器を使ったり、乾燥機を使うのがおすすめです!

③洗濯が終わったらすぐに干す

洗濯機の中に長い時間衣類が入っている状態はよくありません。洗濯槽の中は湿気も多いので菌が好む場所なので注意が必要です。

④洗剤と柔軟剤の量は正しい量を使う

スポンサードリンク

たくさん入れすぎてしまうと濯ぎきれなかった残りが衣類についたままになってしまい、それが臭いの原因にもなります。普段このようなことに気を付けながら洗濯をすることで臭うことが少なくなると思うので試してみて下さい!

タオルが臭くならないための方法には、重曹が効果的!?

少し紹介しましたが、モラクセラ菌の糞は普通に洗濯しただけでは取ることが出来ません!それを取る方法は以下の通りです。

①高温で除菌する

モラクセラ菌はとても高温に弱いという性質があるので50度以上のお湯にタオルを付けることで除菌することが出来ます。とても簡単なので是非試してみて下さい!

②重曹を使う

高温で除菌しても臭いがとれない場合は重曹も使うことで頑固な菌も除菌することが出来ます。50度以上のお湯に重曹を入れてそのまま20~30分付け置きしましょう!温度が下がらないよう火にかけておくとさらなる効果が期待出来ます。他にも洗濯するとき洗濯機に直接重曹を小さじ3、4杯入れるという方法もあります。

洗剤も柔軟剤も通常通りいれましょう。お湯に重曹を入れる方法より効果がすくないかもしれませんが簡単に出来るところがこの方法の良い点です。

まとめ

 

タオルが臭ってしまう原因はモラクセラ菌という菌です!この菌は1度ついてしまうと普通に洗濯しただけではとる事が出来ません。モラクセラ菌がタオルに付かないようにするための方法は以下の通りです。①洗濯を何日も貯めない ②乾かす時間は短くする ③洗濯が終わったらすぐに干す ④洗剤と柔軟剤の量は正しい量を使うタオルが臭ってしまった時、その臭いを取る方法は以下の通りです。 ①高温で除菌する ②重曹で除菌する。とても簡単に出来るので是非試してみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました