赤ちゃんの二重はいつから決まるの?

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




赤ちゃんの二重がいつから決まるかはその子によって違います。生まれたときから二重の子もいれば成長過程で二重になる子もいます。そのタイミングはそれぞれ違います。

我が子が寝起きに二重になるとろこ見たことがあるお母さんも多いと思います。これは赤ちゃんの皮膚が柔らかいことに関係しています。寝方によってころころ変わってしまいます。

赤ちゃんの二重マッサージという方法を聞いたことがある人もいると思いますが、この方法も必ずではありません…マッサージを行う際は軽く押させる程度にしておきましょう!マッサージを行うことでむくんでいる赤ちゃん顔がスッキリします。

赤ちゃんの寝起き!二重になっていることがあるのはなぜ?

 

赤ちゃんが寝起きに二重になるという経験をしたことがあるお母さんも多いと思います。私も次男がそうです。普段は二重なのに寝起きに二重になっていることがあります。二重になると目が大きく見えるのでこのままでいて欲しいと思ってもそのうち戻ってしまっています。

寝起きに二重になるということは、将来二重になってくれるのではないかと思うお母さんもいると思いますがそういう訳ではないようです。寝起きに二重になってしまうのは赤ちゃんの皮膚がとても柔らかいからなのです。そのため日によって二重になったり一重になったりします。

私の長男は生まれたとき二重だったのにそのあとはずっと一重でした。このまま一重なのかな?と思っていましたが生後4ヶ月くらいになったときに、いきなり二重になり今3歳ですが今も二重のままです。このように二重か一重かは変わる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんに二重マッサージ!効果は期待できるの?

 

もちろん一重でも二重でも我が子はとても可愛いですが…出来れば二重になってほしいと思っている人も多いと思います。インターネット上でいろいろ調べてみると「二重の線を付けているとその後二重になる」などの情報もあります。

しかしまぶたはとても目に近いので傷つけてしまう可能性もあります。赤ちゃんなのでいつ動くかわからないのでとても怖いですよね…また力を入れ過ぎてしまうとまぶたが赤くなってしまう可能性もあります。

スポンサードリンク

ここでは二重にするためにマッサージを紹介します。赤ちゃんは大人に比べて体内にたくさんの水分があります。さらにあまり動かないこともあり顔や体がむくんでいます。マッサージすることでむくみが取れて二重になるというマッサージ方法です。

マッサージを行う際が赤ちゃんの体に優しいベビーオイルを使いましょう。
①耳の前側を手のひらで軽く押さえる
②目尻あたりを両指で軽く押さえる
③少しずつ目頭に向かってまぶだを揉んでいく
④また目尻に流していく

赤ちゃんの体調や機嫌がよい時を見計らって行ってみましょう!先ほど説明したように赤ちゃんの皮膚はとても柔らかいので大人より効果が出やすいと言われています。しかしこの二重マッサージを行っても二重にならない子も多くいます。

二重になるかならないかはこの二重マッサージを行ったか行わなかったではなく遺伝も大きく関わっています。しかしこの遺伝も必ずではありません。多くの場合両親や祖父母、兄弟などの血縁関係者の目に似ていることが多いです。まったく遺伝しないケースもなかにはあるようです。

まとめ

赤ちゃんが寝起きに二重になるのは皮膚が柔らかいことが関係しています。そのため日によって二重になったり一重になったりします。寝起きに二重になるからといって将来二重になる訳ではありません。

二重マッサージの方法は以下の通りです。
①耳の前側を手のひらで軽く押さえる
②目尻あたりを両指で軽く押さえる
③少しずつ目頭に向かってまぶだを揉んでいく
④また目尻に流していく

赤ちゃんの皮膚なので軽く行うことが大切です。力を入れてしまうと肌が赤くなったり傷ついてしまう可能性もあります。他にも二重の線を付けるなどの方法が調べると出てきますが、目に近いのもありとても危ないです。調べてみても必ず二重になるという方法はみつかりませんでした…成長を見守ってあげましょう!また二重か一重は遺伝も大きく関わっているようです。

タイトルとURLをコピーしました