海外旅行でスキミング被害に合わないための知識とは?

レジャー 旅行 イベント

スポンサードリンク




海外旅行に行く際注意しないといけないのはスキミング被害です!クレジットカードやキャッシュカードの情報だけ盗んでその情報を使い不正にカードを偽造するのがスキミングです。

カードに触れなくても情報を盗むことが出来る特殊な機械「スキマー」を使って行われます。

しかしスキミングに合わないための知識を知っておくことで被害を防ぐことが出来る場合もあります。スキミングされないために作られたケースを使ったりクレジットカードを店員に預けないようにしたりICチップが入ったカードを使うなどの方法があります。

パスポートも狙われているので注意が必要です。

特に日本人の個人情報は価値が高いので狙われやすいです…せっかくの楽しい旅行がスキミング被害に合うことで台無しになってしまいます。楽しい思い出にするために注意して行動しましょう!

パスポートもスキミングされる!?それはなぜ?

海外旅行先で気を付けないといけないのがスキミング被害です…最近買い物などでカードを使う人はとても増えています。現金を持ち歩く必要がないのでとても便利ですがデメリットもあります。
そのデメリットの1つがスキミング被害です。スキミング被害とは特殊な機械を使いカードの情報だけ盗みとり不正に偽造されて、悪用されてしまうことを言います。

この特殊な機械は「スキマー」といい、とても小さいので見つけるのはとても困難です…さらに一般の人でも簡単に手に入れることが出来ます。カードを機械に通すことで情報を読み取る場合と
機械に内臓されているアンテナを使いカードを触れなくても情報を読み取ることが出来る機械もあります。

クレジットカードやキャッシュカードだけでなく最近ではパスポートも狙われています。特に日本人の個人情報やパスポート情報は利用価値が高いので狙われやすい!しかしスキミング被害の対策方法をを知ってることで予防することが出来ます。

①暗証番号をしっかり管理する

クレジットカードやキャッシュカードの情報を盗まれても使うときに必要な暗証番号を知られていなければ悪用を防ぐことが出来る場合があります。暗証番号を使うときは見られたりしていないか注意しましょう!

スポンサードリンク

②会計の際カードを預けない

店員が自分の見えない場所でスキマーを使っている場合があります。海外では特にありえることなので注意が必要です。

③ICカードに変える

ICカードが入っているカードでは個人情報は全てそのICカードに入っています。ICカードに入っている情報は暗号化されているのでスキミング被害にあいにくいです。

④スキミングされないケースを使う

先ほど説明したように直接カードに触れなくても除法を盗むことが出来ます。その電波を妨害することの出来るケースが発売されています。

海外旅行にはスキミングされない財布がおすすめ!

カードに触れることなく近づけるだけでカードなどの情報を盗むことが出来てしまいます。それを防ぐために電波を妨害するケースが発売されいます。カード類でけでなくパスポートも危ないので、パスポートも入る大きめの財布がおすすめです。

財布の中には首からかけることが出来たり、ベルトなどに付けることが出来る財布もあるのでおすすめです。そのような財布を使っていても被害にあうことが絶対にないわけではないので、気を抜かないことも大切です。

まとめ

スキミング被害とはカード情報を特殊な機械で盗みその情報をもとにカードを偽造し悪用することを言います。クレジットカードやキャッシュカードだけでなくパスポートの情報も盗まれることがあるので注意が必要です。特に日本人の個人情報は価値が高いので狙われやすです。

スキミング被害の対策方法は以下の通りです。

①暗証番号をしっかり管理する
②会計の際カードを預けない
③ICカードに変える
④スキミングされないケースを使う

おすすすめの財布は以下の通りです。

①スキミングされない財布
②パスポートも入る大きさ
③首にかけれる
④ベルトにつけれる

対策を行っていても旅行中は注意する必要があります。無事に帰ってきて楽しい思い出にしましょう!

タイトルとURLをコピーしました