ドア指切断!?子供の指はさみ防止と対処方を紹介します。

子育て 学習

スポンサードリンク




まだ注意力に欠けている子供は不注意でドアに指を挟んでしまうことがあります。親が見ていなければいけないのかもしれませんが…ずっと見ていることは実際出来ませんよね。しかし何も対策をしていないと挟んでしまい、最悪の場合は指を切断しなくてはいけなくなります。

そうならないための防止方法としておすすめなのが「はさマンモス」です。ドアの蝶番側に両面テープで張り付けるだけで取り付け完了です。とても簡単で低価格なので是非試してみて下さい!もし子供が指を挟んてしまった場合はまず指を冷やしましょう!また血が出てしまっている場合は圧迫止血を行い止まったら消毒し絆創膏を付けましょう。

腫れてくると骨折の可能性があり、皮膚の内側が黄色や黄緑色になってくると膿がたまっている可能性があるので病院へ行きましょう!知っておくことですぐに処置することが出来ます。

ドアに指を挟んだ!そんな時の処置方法は?子供編

子供がドアで指を挟んでしまった!すぐに出来る応急処置を知っているのと、知らないのでは
怪我の程度も変わってきます。オロオロしてしまわないように是非読んでみて下さい!

①挟んだ指を冷やす

指を挟んでしまったらまずは指を冷やしましょう。氷水や保冷剤を使うことをおすすめします。

②止血する

血が出ている場合は止血しましょう。指で握り圧迫することで止血することが出来ます。血が止まったのを確認し、消毒して絆創膏を貼ります。

③腫れてこないか確認する

しっかり冷やしても腫れてくる場合は骨が折れてしまっていたりひびがはいっている可能性があります。指が曲がるかの確認もしてみましょう。骨が折れているかの確認は病院へ行き行ってもらいます。

④色の変化を確認する

2~3日後に皮膚の内側が黄色や黄緑色になってきた場合は中に膿がたまっている可能性があります。病院へいき膿を出してもらいましょう!

スポンサードリンク

ドアで指挟まないように…はさみ防止マンモスとは!?

子供がドアで手を挟むのではないかとひやひやする場面を経験したことがある人も多いと思います。ドアで手を挟んで大ケガになってしまってから後悔しても遅いです…そうならないためにも防止グッズとして発売されている「はさマンモス」を使うことをおすすめします。「はさマンモス」とはドアの蝶番側に取り付けることで手を挟んでしまうのを防止することが出来る商品です。「はさマンモス」のメリットについて紹介します。

①両面テープで取り付けることが出来る

両面テープなので賃貸の方でも気軽に使うことが出来ます。両面テープの面積が少ないので剥がした後の掃除も楽です。

②ドアが正常に使える

他の防止グッズと比較するとはさマンモスはドアをいつもと変わらない状態で使えることが出来ます。

③透明なので付けても目立たない

色などもなく透明なので部屋の雰囲気を壊すこともなくなじんでくれるメリットがあります。値段もお値打ち価格なので是非試してみて下さい!子供の安全を守ってあげるのも親の大切な役割です。

まとめ

もし子供がドアで指を挟んでしまったら…考えると恐ろしいですが、その時の処置方法を知っておくとすぐに処置してあげることが出来ます。処置方法は以下の通りです。

①挟んだ指を冷やす
②止血する
③腫れてこないか確認する
④色の変化を確認する

子供の行動をずっと見ているのは難しいので防止グッズを利用して安全を守ってあげましょう!おすすめの防止グッズは「はさマンモス」です。「はさマンモス」のメリットは以下の通りです。

①両面テープで取り付けることが出来る
②ドアが正常に使える
③透明なので付けても目立たない

他の商品と比べてみても低価格で、とても簡単に取り付けることができるので是非試してみて下さい!ドアで指を挟んでしまって後悔する前に行動することが大切です。ひやひやする場面を減らしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました