赤ちゃんの洗濯洗剤!コスパがよくておすすめの商品は?

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




肌の弱い赤ちゃんには大人と同じ洗濯洗剤や柔軟剤は刺激が
強すぎてしまいます。

そのため刺激の少ない赤ちゃん用の洗剤を使う必要があります。

いつまで使うべきなのか悩んでしまいますよね…

新生児の間は赤ちゃん用の洗濯洗剤を使いましょう!

生後2ヶ月くらいから大人と同じ洗濯洗剤を使っていきますが
肌の弱い子はもう少し長く赤ちゃん用の洗濯洗剤を使うことをおすすめします。

肌の状態は1人1人違うのでその子に合わせた方法が必要です。

おすすめの赤ちゃん用の洗濯洗剤はアラウベビー洗濯用石けんや
ピジョン赤ちゃんの洗濯用洗剤ピュア、さらさ洗濯洗剤です。

赤ちゃん用の洗濯洗剤を選ぶときは洗剤の中に入っている成分を
チェックする必要があります。

刺激の強い蛍光増白剤や合成界面活性剤、香料が
入っていないものを選ぶようにしましょう!

見出し:赤ちゃんの洗濯は別!いつまで別にするべき?
赤ちゃん 洗濯 別 いつまで

大人の肌と比べると赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

そのため大人用の洗濯洗剤や柔軟剤を使ってしまうと
刺激が強いためそれが原因で肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

赤ちゃん用の洗濯洗剤であれば刺激が少ないので
デリケートな赤ちゃんの肌を守ることが出来ます。

しかしいつまで別々で洗濯をすればいいか悩んでしまう
お母さんは多いと思います。

必ずいつまでという明確な決まりはありませんが…

新生児の間は別々で洗う事をおすすめします。

新生児が終わり生後2ヶ月くらいになるとだんだん大人と一緒の洗剤で
洗い始めるお母さんが多いようです。

しかし生後2ヶ月の赤ちゃんがみんな大人と同じ洗剤や柔軟剤を
使ってもトラブルが出ない訳ではありません!

中には肌が弱い赤ちゃんもいるのでその場合はもう少し長い間
別々で洗うことをおすすめします。

家事は増えることになるので大変かもしれませんが…

赤ちゃんの肌を守ることはとても大切なことです!

スポンサードリンク

見出し:赤ちゃんの洗濯洗剤を大人と一緒のものに変更!おすすめの洗剤は?
赤ちゃん 洗濯洗剤 大人と一緒 おすすめ

いよいよ大人と一緒の洗剤を使用するときの注意を紹介します。

今まで使っていた洗剤や柔軟剤を使ってしまうのではなく
1度その洗剤や柔軟剤に入っている成分をチェックしましょう!

注意する必要がある成分を紹介します。

①蛍光増白剤

蛍光増白剤は服を白く保つため洗剤に配合されている成分です。
刺激があるので入っていないものを選びましょう!

②合成界面活性剤

合成界面活性剤は水と油のように本来混ざり合わない成分を
溶けたような状態にして汚れを落とす役割があります。

この成分が入っていることで汚れは落ちやすくなりますが
刺激が強いというデメリットもあります。

③香料

自分の好きな匂いがする洗剤や柔軟剤を選んで使っている人は
多いと思いますが、香りの成分は添加物です。

そのため刺激が強いので肌のトラブルに繋がってしまう可能性があります。

おすすめの赤ちゃん用洗剤を紹介します。

①アラウベビー 洗濯用石けん

ハーブの香りがする石けんです!
洗い終わった衣類はふかふかになると評判です。

②ピジョン 赤ちゃんの洗濯用洗剤 ピュア

汚れがしっかり落ちて、肌荒れもないと評判です。
手洗いに使っても手が荒れることがないと言われています。

③さらさ 洗濯洗剤

柑橘系の香りがする洗剤です。
仕上がりもやわらかいので人気な商品です。

まとめ

赤ちゃん用の洗剤は新生児の間は使うようにしましょう!

生後2ヶ月になるとだんだん大人と一緒に洗濯洗剤を使うようになりますが
肌の弱い子は注意が必要です!

大人と同じ洗剤を使った後は注意して肌の様子をみましょう。

洗剤を選ぶ時は以下の成分が入っていないものにしましょう。

①蛍光増白剤
②合成界面活性剤
③香料

おすすめの赤ちゃん用洗剤は以下の通りです。

①アラウベビー 洗濯用石けん
②ピジョン 赤ちゃんの洗濯用洗剤 ピュア
③さらさ 洗濯洗剤

赤ちゃんの肌をしっかりと守ってあげましょう!

タイトルとURLをコピーしました