自然が好きな子どもは、生命の星・地球博物館に連れて行こう!

レジャー 旅行 イベント

スポンサードリンク




子どもが赤ちゃんから幼児になるとさまざまなことに興味を持ちますよね。あれなあに?これなんで?そうやって聞かれるお母さんも多いはずです。中でも外に行けば目につく動植物。図鑑でしか見たことのない恐竜。どのくらいの大きさと書いてあっても正直ぱっと理解できる子は少ないですよね。

そんな自然や動物が好きな子どもに実際の大きさなど、体験させてあげたいのが親心。そんなお母さんにおすすめなのが、「神奈川県立生命の星・地球博物館」です。この博物館は私自身、子どもの頃から何度も行っていました。大人になってからも1人で足を運ぶことも…自然や動物が好きで恐竜にも興味がある私にはこの博物館に行くのがすごく楽しいんです。

何度行って見ても楽しい。わくわくできる場所。そんな魅力のある「生命の星・地球博物館」について、詳しくご紹介していきたいと思います!

生命の星 地球博物館 割引券、クーポンや営業時間など。

そもそもこの「生命の星・地球博物館」は神奈川県の小田原市にあります。最寄り駅は箱根登山鉄道の「入生田駅」。小田原駅と箱根湯本駅の間といったところです。

博物館は駅から徒歩3分。周辺は山の緑がキレイな自然いっぱいのところです。もちろん車でも行くことが出来ます。国道1号線沿いにあり、「生命の星・地球博物館前」の交差点を曲がると駐車場に向かえます。

歩道橋にも「生命の星・地球博物館前」と表示があります。看板も出ているのでわかりやすいのではないでしょうか?駐車場は無料で、9時~16時の間入場できます。平日はかなり空いていますが、休日祝日になると道路や駐車場が混雑します。そのため可能であれば電車の利用がいいですよ。開館時間は9時から16時30分。最終入館は16時までとなっています。

休館日は

・毎週月曜日

・館内整備日

・年末年始

・燻蒸期間

・国民の祝日の翌日などです。

月曜日が祝日や振替休日の場合には翌平日になります。館内整備日は8月を除いて毎月第2火曜日、12月、1月、2月の火曜日です。

燻蒸とは殺虫、殺菌を行うことです。博物館の展示品は貴重なものも多いため、虫やカビが発生してしまっては困りますよね。そのために燻蒸を行うんですよ。予定されている休みのほかに、臨時で開館になることや、休館になることもあります。行きたい日が開館しているのか、事前にホームページで確認してくださいね。

常設展示の入場料は、20歳以上、65歳未満は“520円” 15歳以上、20歳未満と学生は“300円”ただし中学生と高校生は除きます。高校生と5歳以上は“100円” 中学生以下は無料です。都内の博物館などと比べるとかなり安いですよね。子どもを連れて何度も来やすい値段設定だと思います。

支払いは現金のみの対応でカードは対応していないので注意してくださいね。学生の方と65歳以上の人は学生証と年齢がわかるものが必要です。元々低めの料金設定ですが、ここからさらに割引することもできるんです!

①半券割引制度

他の博物館や美術館の入場券を持って行くと、博物館の入場料が割引されます。

対象の施設は、6つ。

・神奈川県立の美術館、博物館

→金沢文庫、近代美術館葉山、

歴史博物館、生命の星・地球博物館

・箱根ガラスの森美術館

・箱根ラリック美術館

神奈川県立の美術館、博物館の半券は入館日から6か月以内なので注意してくださいね。半券1枚で1回のみ有効で、ほかの割引とは併用することはできないようになっています。ただし、65歳以上の人、高校生は元々の料金が安くなっているので、割引は適用されないようです。

割引額は、20歳以上、65歳未満“520円”→“410円” 15歳以上、20歳未満と学生 “300円”→“200円”となります。半券割引を利用する際には、受付で対象の半券を出してくださいね。

②交通利用割引等

会員証やきっぷを受付に出すと割引を受けられるものもあります。

・JAFの会員証

・小田急電鉄 “箱根フリーパス“

・箱根登山鉄道 “トコトコきっぷ”

・伊豆箱根バス “箱根旅助け” “箱根バスフリー”

・箱根登山バス “箱根旧街道・1号線きっぷ”

これらのものを受付で提示すると、割引が受けられるようになりますよ!割引額は半券割引制度と変わりません。

③ファミリー優待観覧日

毎月第1日曜日は、「ファミリー・コミュニケーションの日」です。神奈川県民で18歳未満のお子様連れの家族の方が優待料金で入場することができます。優待券があるので、県民の人は県のウェブサイトからダウンロードしてくださいね。

割引額は、20歳以上、65歳未満“520円”→“410円” 18歳以上、20歳未満もしくは学生“300円”→“200円” 18歳未満高校生“100円”→“無料”となります。注意してほしいのが、優待券は必ず印刷して持って行くことです。スマホの画面で出すだけでは利用できません。必ず印刷をして持って行ってくださいね。

神奈川県立生命の星・地球博物館 動画 【HD 高画質対応】

生命の星地球博物館 どんな展示物があるの、見どころは?

生命の星・地球博物館では、常設展示と、特別展・企画展の2つがあります。常設展示は常にある展示で、特別展・企画展は期間ごとに異なった展示を楽しめる展示です。常設展示ではどのような展示があるのか展示テーマごとにご紹介したいと思います!

1.「地球を考える」

ここでは地球がどのように誕生したのか、その過程や仕組みについて学ぶことができます。小さい子には少し難しいと思われがちですが、大きな地球模型や岩の壁、そして鉱石や隕石。中には触れることのできる展示もあります。大きかったり、小さかったり…まだ意味はわからなくても、「大きいね」や「綺麗だね」といった声掛けをすることで楽しめるのではないでしょうか?

私も小さい頃は「地球を考える」の展示が難しくよく理解できませんでした。じっくりと文字を読んで…ということはなく、展示されているものをスーっと見ていくだけでした。ただ鉱石などは綺麗で気になったのでじっくり見てみたりはしていました。小学生くらいになれば理科を学ぶので、学んだことについてさらに興味が出ると思います。

2.「生命を考える」

このテーマでは多くの生物のはく製が展示されています。魚類から爬虫類、哺乳類、鳥類…恐竜の展示もあります。さらには植物や昆虫の展示も。自分よりも大きな動物が存在していることは子どもにとっても大人にとってもわくわくですよね。

見たことのある動物から、見たこともない動物まで。本の中だけではわからない大きさなどが見られますよ。私自身、「生命を考える」の展示が大好きです。たびたびニュースで見るリュウグウノツカイや、大昔の生き物、もふもふした動物。そして迫力のある恐竜の化石。

天井にも化石の展示があります。まるで飛んでいるかのように見えるんです。生き物を好きな子にはたまらないところですよね。化石の展示の向こうには、サルの仲間の展示、植物、昆虫の展示があります。

サルの仲間の展示ではさまざまな鳴き声を聞くことができますよ。植物の展示はとっても大きな木が目立ちます。まるで「ジャックと豆の木」に出てくる木みたいですよ!昆虫の展示は苦手な人もいるとは思いますが、綺麗な羽のものもいるのでぜひ見てください。

スポンサードリンク

3.「神奈川の自然を考える」

ここでは神奈川県の土地がどのように形成されたのかについて、地層、岩石、化石から考えていきます。相模湾に生息する生物やかつて神奈川に生息していた生物。なんと神奈川にもかつてはヘラジカが生息していたんですね。

ここの展示では絶滅した動物について考えられるゾーンがあります。ただ絶滅した動物のリストを流しているだけですが、それだけでもかなりの数の動植物が絶滅したことがわかります。人間のせいで都市に放たれた動植物。人間による環境汚染で絶滅した動植物。これから生きていく上でどう共存していくのか、小さいうちから考えてほしいテーマだと思います。

4.「自然との共生を考える」

ここでは地球が抱える問題について考えることができます。人間に合う環境になった地球は様々な環境問題を抱えていますよね。

例えば地球温暖化。これはかなり有名で深刻な問題です。ほかにも海洋汚染やオゾン層破壊…小さい子どもには難しくても言葉を選んで教えてあげたいですね。どうしてこうなってしまったのか、さらに深刻になるとどうなるのか、解決するにはどうすればいいのか。親子で考えるきっかけになるといいですね!

5.「ジャンボブック」

ここでは高さが3.2mもある大きな本が27冊、ずらりと並んでいます。まるで小人になったように気分になりますよ!それぞれテーマが決まっていて、博物館が所蔵するコレクションが5冊。自然界のバラエティーというテーマで日本全体にわたって生息する生き物たちをグループに分けて紹介しているものが16冊。色と形の不思議というテーマでそれぞれの色、形の理由を探るものが4冊。トピックスとして自然に関するさまざまな話題を4冊。

神奈川県立の博物館なのでやはり神奈川県に生息している生き物について多いように思いました。それでも見慣れた生き物についてのものは「あ、これ見たことある!」なんてなりながら楽しめます。神奈川の両生類、爬虫類のところでは鳴き声でどのカエルか当てるクイズがあります。

鳴き声について知っている人も知らない人も「こんな鳴き声なんだ~」と新たな発見になりますよ!ただヘビやカエルの標本があるので、苦手な人は注意してくださいね。ジャンボブックではさまざまな生き物についてや神奈川について、自然について知ることができます。さまざまなテーマ、コレクションがあるのでぜひお気に入りのものを見つけられるといいですね!

全体を通して見どころは、さまざまな生き物や自然、環境問題について知ることができるところです。普通に生活しているだけでは恐竜の化石や大きな動物の標本は見ることができないですよね。大きさに驚きつつもこんな生き物がいる、こんな鉱物がある、こんな問題がある、それらを知ることができたらいいですね!

生命の星・地球博物館では常設展示のほかにも、特別展・企画展があります。期間によって展示するものが変わるんです。博物館のホームページで現在行われている特別展・企画展、過去に行われた特別展・企画展の一覧が見ることができます。気になった特別展・企画展は見逃さないようにしましょう!

ベビーカーでいける?授乳室は?お昼は?お土産は?

館内は地下に駐車場、地上は3階建てです。それぞれエレベーターがあり、バリアフリーな作りになっているので、ベビーカーや車いすの人も安心して楽しめます。

またベビーカーは貸し出しも行っています。抱っこ紐できたけど疲れる…という場合に借りたいですよね。マップ上に授乳室はありませんが、1階正面玄関近くに専用の部屋があるようです。利用したい場合には受付に声をかけてくださいね。おむつ交換に使用するベビーベッドは1階と3階のトイレにあります。

館内には展示のほかに、

・テラス

・ミュージアムショップ

・ともしび喫茶「あーす」

・レストラン

・ミュージアムライブラリー

・SEISAミュージアムシアター

があります。

・テラス (3階)

箱根の山々を眺めることのできる休憩スポットになっています。展示を見て疲れてしまっても、テラスに出て自然の景色でリフレッシュすることができますよ!お昼ご飯を持ってきた場合にはこのテラスと3階ラウンジ、1階正面の芝生広場で食べられます。ゴミは持ち帰るようにしましょう。手作りのお弁当を持ってきた場合でも食べられる場所があるのでいいですね!

・ミュージアムショップ (1階)

本やおもちゃなどさまざまなものがあります。博物館発行の刊行物やオリジナルグッズも…子どもにはたまらないぬいぐるみもあります。中には高価なものもあるのでいつも以上に子どもから目を離さないようにしたいですね。営業時間は9時から16時30分。現金のみの対応なのでカードは利用できません。ショップは無料ゾーンなので、ショップのみの利用も可能です。

・ともしび喫茶「あーす」 (1階)

可愛らしい恐竜カレーライスや、地層パフェ、人気のオムライスなど食事からデザート、飲み物まであります。営業時間は10時から16時。ちょっとした休憩にもぴったりです。

・レストラン (3階)

食事ができるレストランです。相模湾の魚介類を素材としたシーフードグラタン、足柄牛を素材としたビーフシチューを始め、カレーや麺類、定食もあります。お子様ランチやサンドウィッチなどの軽食もあるので子ども連れにも優しいですね。営業時間は10時から16時.11時30分までは喫茶のみです。15時30分がラストオーダーなので気をつけてくださいね。

・ミュージアムライブラリー (2階)

博物館のテーマに関連している自然や生き物についてなどの本が所蔵されています。これらの図書は自由に見ることができ、ライブラリーのみの入館であればお金はかかりません。専門的な質問も聞くことが出来るので、わからないことがあったらききたいですね。ただ、本の貸し出しはしていません。著作権法で認められた範囲内であれば1枚10円でコピーできますよ。

・SEISAミュージアムシアター (1階)

とっても大きなハイビジョンスクリーンで時間によって様々な上映が行われます。大人も子どもも楽しめる、インタラクティブ・クイズ映像もあります。博物館の都合によっては上映内容が変更することもあるので、当日に係の人に確認するといいですね!

周辺施設は?箱根小田原には近いの?

生命の星・地球博物館は箱根や小田原にもアクセスがしやすい場所です。入生田駅が箱根登山鉄道なので、箱根に行く途中や小田原へ帰る途中など寄り道をすることができる場所になっています。博物館周辺にはコンビニ等はありません

箱根湯本駅もしくは小田原駅付近のコンビニを利用するといいですね。自動販売機やレストランなどの食事処は館内にあるので、到着する前に買い物を済ませるのがいいかもしれません。お菓子などあるとお出かけもスムーズですよね。ただし、館内では飲食ができる場所が決まっています。マナーを守って楽しんでくださいね。

まとめ

都会に住んでるととくに自然との関わりが減ってしまいますよね。図鑑だけではわからない生き物の大きさなどこの博物館ではいろいろなことが体験できます。一見難しいことでも一緒に考えてみると楽しくなるかもしれませんね。子どもの「不思議」に向き合うきっかけになるといいと思います。

子どもから大人まで楽しめる、生命の星・地球博物館は自然について学ぶことのできる施設です。何度行っても飽きることのない場所なのでぜひ小さいうちから何回も足を運んでみてください。きっと大人も子どもも新しい発見がありますよ!

タイトルとURLをコピーしました