2歳の子がご飯を食べさせないと食べない・・・それでも食べない!

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




子供の食事は、どうしたら食べてくれるのか?!毎日イライラ、悩むところです。特に、離乳食が終わり普通食となる1歳から2歳の食事は大変です。食事を食べないのはなぜ?どうしたら食べてくれる?の悩みを一つでも解消できるよう対処法を見ていきましょう。

ご飯食べないを食べるに変える!対処法とは?!

1歳から2歳の子供は、普通食になりいろんな食べ物に出会う時期です。初めての触感・味…など、子供にとっては毎日が冒険です。「食べるということ」への好奇心が湧く時期でもありますが、それと同時に「食べ物の好き嫌い」「食べたくない」などの悩みも出てきます。そんな悩みが一つでも解消できるような、対処法を見ていきましょう。

「子供が食べない」をクローズアップしすぎないが鍵?!

ママ(パパ)は、子供の成長のために「日頃の食事」に対していろいろと悩んだり、気をつかっていることでしょう。大人が頑張って食事を提供しても、子供が「食べない」「食べたくない」と表現されると、とても残念な気持ちになったり、イライラしたりします。

「なんで食べないの!」だけを熱く考えてしまうと良い結果が生まれません。改めて子供を観察し、共に「食事について」考えていくことが大切です。

まずは、子供の一日の過ごし方を観察しよう。

子供の一日の過ごし方を観察することで、「食べる」ことへのヒントが得られることがあります。例えば、朝ごはんからお昼ごはんまでの間にお菓子をどれくらいの量を与えているのか?を見ていきます。量を多く与えていたとしたら、空腹感が湧かず食べてほしい食事を食べてくれません。

また、日中どれだけ遊んでいるか・体を動かしているかも大事なポイントです。このように一日の過ごし方を見ることで「好き嫌いによって食べない」以外の「食べれない」が見えてきます。

食材の調理方法をいろいろと変化させてみましょう。

2歳ごろは「好き嫌い」がどんどん増えていきます。子供は「これは嫌いだな」と思うと、その食べ物が目の前に出てきただけで、泣いたり、お皿を隅によけてしまいます。そんな時は、子供になぜ食べないのかを怒るのではなく、その嫌いな食材の調理方法を工夫してみましょう。

スポンサードリンク

例えば、サツマイモに対して子供が食べない場合、まずは、どのようなサツマイモの調理をしたら食べなかったかを観察します。もし、皮のついたままの煮物が嫌がったのであれば、皮を取り少しこまかくしてサツマイモご飯、またみそ汁など汁物に入れてみたり、加工してサツマイモコロッケと具材として変化させたりと調理方法を変えます。

そうすることで、「食べてくれない」と思っていたものでも、「これなら食べてくれる」を発見することができます。

子供に食物を触れさせ体験させよう。

お菓子を好んで食べるのにメインの食事を嫌がり、食べない子供を多く見ます。お菓子の袋を見るだけで子供は喜び夢中になります。お菓子だけではなく食物にも興味を持ち食べたいという気持ちを引き出してあげることも大切です。

日頃の生活の中で、子供と食物に触れる体験を取り入れます。例えばバナナやミカンなど子供に見せ、触れさせて形や匂い、色などを一緒に観察します。「中身は何が入っているかな?」と問いかけながら食べさせてあげます。

子供が食べておいしいなと気づいてくれると、その食物を食べてくれる近道になります。

2歳の子になんで食べないの?!より褒めるをみつけてあげよう!

 

大人が子供のためにと頑張って作る食事を子供が食べてくれないと、どうしても「なんで食べてくれないの?!」「こんなに頑張っているのに」という感情が出てくることが多くあります。感情が高まる分、大人は子供になぜ食べないのかと怒ってしまいがちです。

子供にとっては、「食べなくちゃ」ではなく、ママ(パパ)怒られたということがクローズアップされますし、「残さず食べなさい」という言葉も子供にとってはプレッシャーに感じてしまいます。怒るのではなく、一つでも多く褒めてあげましょう。たとえ食べ物を残したとしても「今日は一口でも○○を食べることができたね。頑張ったね。○○も食べてくれて喜んでいるよ」など褒めてあげることで、食べたら褒められた、食事って楽しいを引き出してあげてください。

まとめ

 

2歳ごろの食事を食べない悩みに関して紹介いたしましたが、いかがでしたか。ご紹介した対処法を取り入れながら子供に食事の楽しさや、「食べたい」という気持ちを増やしてあげることのヒントにしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました