我慢せずにお菓子を食べても痩せていられる方法があるってホント!?

美容と健康

スポンサードリンク




この記事に興味を持っていただけたということは、あなたはお菓子が大好きな人ですね??

 

私も大好きです!

 

チョコレート、ケーキ、クッキーなどなど…

お菓子って本当に美味しいですし、食べると幸せ~な気分になれるんですよね。

 

分かります!

 

でも気の向くままにお菓子を食べていると、ハッと気付いた時にはもう、お腹まわりにプニプニのお肉がついていたり、慢性的な肌荒れに悩まされたり、きっと後から体重計に乗った時にも激しく後悔することになるでしょう。

 

それは避けたいですよね。

 

かといって、食べたいのにお菓子を一切食べないように我慢したり、無理に制限してしまうと、その我慢の糸が切れたときに一気にドカ食いしてしまうのがオチな気がします。

 

お菓子に限らず、食品のドカ食いは体にとって良いことは一つもありません。

 

できればお菓子も日々我慢せず適度に食べながら、太らず理想の体型をキープできる方法があれば知りたいですよね!

 

今回は、そんなあなたに聞いてほしい、お菓子をいつ食べるか、また何を食べるかなど、食べ方を工夫することで太らない体を維持できる方法。

 

また、お菓子を食べても痩せていられる方法についてご紹介したいと思います。

 

実はお菓子を食べても太らない時間帯があった!?

あなたは一日のうち、お菓子を食べても太らない、または太りにくい時間帯があるのをご存知ですか?

 

それはズバリ昼の3時です。

そうです!おやつの時間です。

実は「3時のおやつ」の時間には、その時間帯におやつ・お菓子を食べるべき合理的な理由があったんです。

 

その理由は「BMAL1」というタンパク質の働きを知ると理解できます。

 

「BMAL1」は「ビーマルワン」と読みます。

「BMAL1」は肥満遺伝子の一つともいわれており、名前の由来はブレイン・マッスル・アーント・ライクのそれぞれの頭文字、1は1番を指している言葉となっています。

 

この「BMAL1」は脂肪の合成を促し、さらに脂肪細胞の分化を促進して新たな脂肪細胞を作り出す働きがあります。

厄介ですね。

 

「BMAL1」は夜に増え、昼に減少する性質があります。

 

この「BMAL1」の性質を考慮すると、「BMAL1」の活動が活発な夜間にはできるだけ脂肪分の多い食事を控え、「BMAL1」の活動が弱まる昼間に食事を摂った方が体内に溜めこむ脂肪分が少なくなるということになります。

 

具体的な「BMAL1」の働きとしては、だいたい夜10時から朝6時までくらいの間に摂取した脂肪分を体内に積極的に溜め込もうとしてしまうようです。

 

逆に、朝10時から夕方6時ごろまでは「BMAL1」の活動が弱まる傾向にあり、昼2~3時前後が最も少ないとされています。

スポンサードリンク

 

昼間の時間帯は寝ている夜間とは違い、体も動かす傾向にあるので、通常のカロリー消費も加わって脂肪分を摂取しても消費される割合が多いということになりますね。

 

お菓子やおやつに限らず、食事全般に関して言えることなのですが、何時にどれだけ食べるかということに気をつけるだけで、太りにくく健康な体を手に入れることができるんです。

 

同じ量のお菓子や甘いものも、昼間に食べるか、夜遅くに食べるか、食べるタイミングによって太る・太らないが変わってくるなんて驚きですね。

 

できれば太りにくい時間帯を選んで、体への無駄な蓄積を避けるようにしましょう。

 

ダイエット中は手作りお菓子もおすすめ

ダイエット中は手作りのお菓子でお腹を満たすのもおすすめです。

 

体のことを考えると、できるだけお菓子の量も摂取カロリーも抑えたいところですよね。

 

コンビニやスーパーなどで手軽に手に入るお菓子は、美味しくて魅力的なものばかりですが、袋や箱に複数入った状態で売られているお菓子などを食べ始めてしまうと、ついつい想定していた以上の量を食べ過ぎてしまうことがあります。

 

手作りのお菓子であれば、一食分の量を自分で決めることができますし、その一食分に何の材料をどれだけ入れたかも把握できます。

 

また、人は自分の手を動かして何かをつくり出すことで達成感が得られたり、イライラが解消される傾向にあります。

 

お菓子づくりに集中することによって、「お菓子が食べたい!」という心理や衝動・欲求でイライラしがちなダイエット中も、少しは気持ちが落ち着く効果が期待できるのではないでしょうか?

 

尚、自分でお菓子をつくる際に役立つ「お助け材料」は、寒天や豆腐・おからなどがあります。

 

他の食品の味を邪魔せずに、カロリーを抑えながら、量のかさ増しができるものがダイエット中の強い味方になってくれる食材と言えますね。

 

もし、毎日忙しくてお菓子づくりにゆっくり取り掛かる時間なんてない!という方には、糖質制限のスナック菓子もおすすめします。

 

最近は様々な食品メーカーから、「糖質〇〇g以下」などとパッケージにうたわれたお菓子が数多く販売されています。

 

そういった商品を積極的に選んで、小腹がすいたときにちょこっと食べるのも良いのではないかと思います。

 

もちろん食べ過ぎは良くないですが、糖質制限スナック菓子であれば普通のお菓子よりもちょっとだけ罪悪感が軽減されますよね。

 

まとめ

今回は、お菓子やおやつをいつ食べるか、また何を食べるかなど、食べ方を工夫することで太りにくい体を維持できる方法についてご紹介しました。

 

私たちはこれから先も「痩せたい!でもお菓子も食べたい!」という、矛盾した悩みとずっと向き合わなければいけないのです。

 

あなたも無理な我慢はせず、適度にお菓子を食べてストレスを発散しながら、体型をキープするように頑張りましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました