面接の緊張!ぶ飛んでしまった失敗を成功に変える奥の手!

人間関係 社会

スポンサードリンク




ワーキングマザーとして第一歩の採用面接は独身時代の就職活動とは違う状況下なので、

緊張度はさらに上がってしまいます。

 

緊張しても2つのポイント

自分から企業に対して前や業務に関する向きな質問をどんどんすること、

面接終了後は感想を含めたお礼連絡をすることで、

企業に良いイメージを持ってもらい失敗を成功に変えることができます。

 

面接で緊張のあまり言葉が飛ぶ、頭が真っ白落ちるかも…。

 

私は母になっても子供の学校や保育園面接など、

『面接・面談』という場は幾度となくありますが、

求職中の『採用面接』ほど緊張するものはないです。

 

ワーキングマザーとしての第一歩の採用面接。

母として話す自分とは訳が違います。

自分を売り込むための面接で

自身を取り上げた話をすすめるなんてとても苦手で。

ワーキングマザーとしての一番の懸念事項は

子供の体調不良などによる欠勤率が高いので

迷惑をかけてしまう部分。

 

さすがにそこまでは予測しきれないものだけど、

一番不安で自信がない部分だったりします。

 

そんな自信がない中でも今までワーキングマザーとして挑んだ採用面接で

唯一失敗した私の体験。

 

私は学生時代の頃からアルバイト面接や就職活動で

緊張してしまい、冷や汗をかく経験をしたこともありますが、

私はパッっと言葉が浮かんできて

社交的に話をすることができる性格から

言葉が飛んで何も言えなくなるなんてことはありませんでした。

 

ワーキングマザーとしてフルタイム勤務をしたいという気持ちで

求人票をみていたら条件が良い求人を見つけ、

この会社に何としてでも採用されたい!

 

堅いビジネスメールできた応募会社からの日程調整連絡に

ビジネスメールを意識して返信。

 

これは失敗できない!

 

面接当日、しっかりスーツを身に着けて気合を入れて挑んだところ、

面接官がなんとボロボロの毛玉のついた私服でした。

 

学生時代の就活時とは明らかに違い、

ギャップがありすぎる状況。

でも面接雰囲気は堅い雰囲気が流れていて

唖然としてしまいました。

 

採用されることを願って念には念を、

伝えたいことを紙に書きだし、

子供が寝静まった夜に毎晩練習して挑んだのに

そのギャップの激しさに即座に適応できなかった私は

面接の場で頭の中真っ白ですべて飛んでしまいました。

 

そんな状態でも面接官は顔色一つも変えず、

まったくの無反応で辛かったです。

 

 

志望動機が言えないとか最低だし、面接官も特に反応がない。

もう終わったも同然という状況でした。

 

 

 

面接で緊張して飛んでしまった時のアフターフォローが大事!

 

スポンサードリンク

 

緊張のあまり言いたいことが飛んでしまって言えなかったとしても大丈夫です。

 

緊張で言葉が飛んでしまった時には、

素直に緊張してしまっていてすみません。

と笑顔で面接官に伝えましょう。

 

目線を面接官の顔から面接官の手元あたりに移動させると

一呼吸出来て落ち着きますよ。

 

一通り面接官からの質問が終わり、

何かありますか?と聞かれたときはチャンスです。

 

やりとりのキャッチボール主導権はこちらになるので、

どんな小さな疑問でもいいので、

どんどん投げかけていきましょう。

 

質問内容はポジティブな内容を質問することが

断然おすすめです。

 

私の場合、実際に採用されて働くことを想定して

業務についての質問内容に加えて下記の内容などを質問しました。

 

・勤務予定の部署にはワーキングマザーがいるか。

・勤務にあたって自分で用意する必要がある持ち物は何か。

・お昼休憩はみなさんどのように過ごしているのか

 

・今後もスキルアップのため資格取得もやっていくうえで

企業にとってあると助かるスキルは何か。

 

そして帰宅後は、面接のために時間を作ってくださったことに

感謝をつづったお礼状を作成して送りました。

 

私はこのメールでお礼はもちろんのこと、

緊張のあまり自分の得意な分野をお伝えができなかったが

ぜひ貴社で採用させていただいたときには、

発揮したいと抱負を合わせて送りました。

 

その翌日には企業から採用連絡がきて無事採用となりました。

その後の面接官の話によると、

緊張で言葉が飛ぶのは全く気にしていないそうです。

 

沢山質問をしたことで、働きたい気持ちが面接官に伝わったみたいです。

 

 

まとめ

 

 

 

仕事を始めようと思い求人検索をしていたら

良い環境の求人を見つけてこれは絶対に採用されたいと願う

求人に出会うことがあります。

 

マザーズハローワークなどでは、働きたいママのための面接練習など

講座を実施していることもあります。

そのような講座に参加して練習することも良いと思いますので

時間があればぜひ探してみてください。

 

ですが、育児中の身で上記のような講座の都合に予定を合わせることが

難しい場合もあります。

 

そんなときは、面接終盤から終了後の行動を変えることで、

緊張のあまり思ったように伝えられなかったとしても、

企業側に良いイメージを与えることができます。

 

面接前にぜひ頭の片隅に入れて

チャレンジしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました