社会人は手作り昼飯が節約効果大!年間10万円浮かせる昼飯アイデア!

趣味 住まい 暮らし
会社で昼飯 節約

スポンサードリンク




社会人になり、実家を出て一人暮らしをしていると、

毎月の生活費について考える機会は増えますよね。

 

家賃、光熱費、水道代、通信費、交際費、そして食費。

月々の生活費を節約しようと思ったときに

まず手を付けるのは、食費ではないでしょうか。

 

しかし、食費を節約するのはけっこう難しいと思いませんか?

 

日頃から自炊をしている人が今以上に切り詰めるなら

見切り品や割引特価を狙うしかなく、

そこまでやっても月に数千円も変わりません。

 

そして、日頃あまり料理をしない人が

食費節約で自炊を始めるとなると、初期投資が必要です。

 

一通りの調味料、器具、弁当箱や水筒。

これらをそろえるだけでもお金がかかりますし、

毎日レシピを考えて作って後片付けをするのは想像以上に面倒臭い。

 

それでも食費は節約したい!と思う社会人のあなた、

手作り昼飯は節約効果が高いと知っていましたか?

 

出勤日の昼飯を手作りにするだけで、

なんと年間10万円近くのお金を節約できてしまうのです!

 

そのコツは、昼食代を月4,000円におさめること。

1日200円ではなく月4,000円で考えると

意外と簡単に節約することができますよ。

 

これから紹介するアイデアを活用して、

昼食代を賢く節約しましょう!

 

昼食代の節約は「NOコンビニ」から。

 

昼食代を1日200円(出勤日20日として4,000円)で

抑えるためには、まず「NOコンビニ」を徹底しましょう。

 

なぜかと言えば、コンビニは便利な分、高いからです。

 

例えばおにぎり。

コンビニで買うと1個110円~150円はします。

業務スーパーやドラッグストアなら1個80円~100円、

自分で作れば1個30円で済みます。

 

他にも、ペットボトルのお茶。

コンビニや自販機だと150円はしますが、

ドラッグストアで買えば90円前後ですし、

自分で作っていけば500mlで20円もしません。

 

皆さんは昼食にいくらお金を使っているか把握していますか?

社会人が昼食に使うお金は平均590円だそうです。

コンビニでお弁当とお茶を買うと

簡単にそれくらいの金額になりますよね。

 

月20日出勤するとして、590円×20日=11,800円です。

これを半分の295円に抑えてみると、月5,900円の節約に。

200円に抑えると、月7,800円も節約することが可能となります。

 

月7,800円を1年間続けると…なんと昼食代だけで93,600円!

昼食代に加えて、どこかで月500円も節約すれば、

あっという間に年10万円の節約を達成できてしまいます。

 

昼にコンビニに行くことを止めるだけで

年間10万円も浮くなら、これはやるしかないですね!

 

 

昼食代の節約の味方はおにぎり

 

それでは20日の昼食代を

スポンサードリンク

4,000円でおさめるアイデアを紹介します。

 

コツはおにぎりをフル活用することです。

 

おにぎりは自作すれば1つ30円ほど。

ラップで握って持って行けば、

食べ終わったらラップをごみ箱に捨てるだけ。

弁当箱の準備も片付けも必要なし!

 

ふりかけや中に入れる具で味を簡単に変えられるところも

魅力的ですね。おまけに5分もかからず作れます。

 

おにぎりだけでは寂しいという人は、

以下のようなものを一緒に添えてみましょう。

・卵焼き(電子レンジで調理可能・冷凍可能・3切れ10円ほど)

・冷凍食品のおかず(唐揚げやハンバーグ、1つ40円ほど)

・そのまま食べられる野菜(トマトやきゅうり、1食30円ほど)

 

おにぎり2個、卵焼き、唐揚げ、きゅうりとミニトマト。

あっという間におにぎり弁当の完成ですね。

これでかかる費用は140円です。

おかずやおにぎりを増やしても200円はかかりません。

 

月の出勤日が20日として、

1食140円のおにぎり弁当を10日続けたとしましょう。

残り10日で昼食に使える金額は2,600円です。

 

そうすると、普段のおにぎり弁当140円に

スーパーで買った1つ100円のデザートをつけても

十分予算内におさまります。

 

月全体で昼食代が4,000円におさまればいいので、

おにぎり弁当に飽きてきたらデザートや豪華なおかずで

変化をつけてみることをオススメします。

 

20日のうち19日はおにぎり弁当にして

最終日に残った1,200円を使って

贅沢にカフェランチを楽しむもいいですね!

 

家に炊飯器がなくてご飯が炊けません…という人。

それなら、サンドイッチにしましょう。

 

サンドイッチに使う食パンは1枚20円~30円ほどです。

中に挟む具材にもよりますが、一食150円あれば作れます。

 

茹で卵を作ってマヨネーズと混ぜたものを挟めば卵サンド、

ハムとチーズとレタスを挟めばハムサンド、

冷凍食品のとんかつを挟めばカツサンドが出来上がり。

ジャムやピーナッツバターでデザートサンドイッチも可能。

 

こちらも作った後にラップなどで巻いて持って行けば

弁当箱はいりません!

おにぎり弁当とあわせて活用してみてください。

 

まとめ

 

おにぎりやサンドイッチは昼食の定番ですが

自分で作るだけでかなりの節約効果が期待できる優れものです。

 

朝のほんの5分、10分で年間10万円が浮くとしたら

やってみる価値はあると思いませんか?

 

昼ご飯代の節約になるだけでなく、

朝起きて昼ご飯を作るというルーティーンができると

自然と生活リズムも整うというおまけつきです。

 

アレンジおにぎりや変わり種サンドイッチなど

いろいろ探して作ってみるのも面白いですよ。

ぜひ一度お試しあれ!

タイトルとURLをコピーしました