髪の毛を茶色にする方法とは?化粧水でもできるって本当!?

美容と健康

スポンサードリンク




髪の毛色を染めるためのカラー剤やブリーチ剤などを使用せず、別の用途のものを用いて髪の毛を茶色くする方法って聞いたことありませんか?

 

ネット上でもちらほら見かける「髪の毛を茶色にする方法」として肌に塗るべき「化粧水」を使うやり方があるとのことなのですが、真偽のほどはどうなのでしょう?

 

今回、染髪用のカラー剤やブリーチ剤を使用せずに、化粧水など別用途のものを用いて髪の毛を茶色くする良い方法があるのかどうかを調べてみました。

 

結論から言うと、化粧水など別用途のものを用いた染髪は可能であったとしても、髪には良くないということが分かりました。

 

例えば、なぜ化粧水を用いると髪の毛が茶色くなると言われているかということですが、方法としては、化粧水を髪に浸透させた状態で、髪の毛にドライヤーなどで熱を与えると色が明るくなるということでした。

 

しかし、この場合の明るくなった髪の色というのはドライヤーで熱を与えられて乾燥した髪の毛の表面の水分が奪われ、キューティクルの表面が傷んだ結果、元々の髪の毛の色よりも薄く(明るく)見えるというものでした。

 

普段、化粧水を使用されている方であればピンとくるかもしれませんが、化粧水で肌をパッティングした後は乳液などでしっかりとした保湿が必要だとされます。

 

髪の毛の表面も同じで、化粧水をつけたのであれば、その上から保湿をしてあげないと、ドライヤーの熱で乾かしてしまうと表面が乾燥でギシギシになったままになってしまうことが想像できますよね。

 

この方法では、せっかく髪の毛の色が明るくなったとしても、手触りが良くない傷んだ見た目の残念なヘアスタイルが出来上がってしまいます。

 

紫外線で傷んだような髪の毛と大差ない茶髪が出来上がる可能性も大いにあります。

こうなってしまっては、せっかくの髪も台無しです。

 

適切なケアで髪を傷めず、キレイな髪色のヘアを手に入れたいですよね。

 

髪の毛の色を茶色くするために化粧水を使うことはおすすめできませんが、ここからは、髪の色を上手に茶色にする方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

髪の毛を茶色にする方法は何がある?髪が傷まない方法は?

髪の毛を茶色にしたいと思った時、あなたはどんな方法が思い浮かびますか?

 

オーソドックスなところで言うと、カラーリング、ブリーチ、ヘアマニキュアといったところでしょうか。

 

髪の毛をキレイな茶色にしたいと思っても、その反面、どうしても染髪用のカラー剤やブリーチ剤を使った時の髪や頭皮へのダメージが気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

しかもヘアカラーやブリーチなどは、こまめに施さないと髪が伸びてきて、根本と毛先との髪色が違うプリン状態になってしまうので、違和感が出てしまい、お手入れされていない印象の髪型にすぐに変化してしまいます。

 

そこでおすすめなのが、ヘアマニキュアで髪の毛を茶色くする方法です。

 

ヘアマニキュアは簡単に言うと髪の毛の内部の色素に働きかけるカラーリングや色を脱色するブリーチなどと違って、髪の毛の表面をコーティングして色付けする処理となります。

スポンサードリンク

 

そのため、地毛の色を活かして色を乗せることができ、ブリーチなどに比べると、髪の毛が傷まない部類のヘアカラーとして有効な手段と言えます。

 

また、ヘアマニキュアは紙の表面にツヤを与える効果もあるので、見た目もきれいに仕上がります。憧れの「うるツヤ髪」ですね。

 

ただ、ヘアマニキュアにもデメリットはあり、地毛の色がベースとなってしまうので、金髪に近いような明るい髪色にはできないことや、一度施してしまうと3~4週間程落とせないので髪色が気に入らなくてブリーチで明るくしたい!となってもすぐにはカラー変更できないことなどがあります。

 

ですが髪を美しく保つためのヘアケアとして定期的に美容院でヘアマニキュアを施される方もいらっしゃるので髪を傷めずにキレイな色を維持したい方にはオススメの方法です。

 

髪の毛を茶色にする方法は何がある?自分でできる簡単な方法とは?

美容院でのヘアマニキュアの色付けよりも、もう少し手軽に髪の毛を明るい茶色にしたいという方におすすめなのは、市販のヘアカラー剤を使ったセルフヘアカラーです。

 

セルフヘアカラーは美容院に行く必要が無いので、自分の好きな時間帯に好きな場所でできますし、

何より費用が安く抑えられるので節約になります。

最近は市販品として販売されているものも液状タイプや泡タイプなど、またカラーの種類も様々ですので自分の髪質や理想に合ったものを選ぶことができます。

 

値段も手ごろなのでチャレンジしやすいです。

 

全体的に染め上げるのではなく、伸び始めた根元部分のみを部分的にカラーリングできたり、一回きりの使い捨てでなく、何度かに分けて使えるような仕組みになった商品も販売されていて、探すと便利なものも多くあります。

 

セルフカラーをする場合は、できるだけ髪の毛へのダメージを抑えるために、トリートメント効果のある成分が含まれている商品を選ぶようにしましょう。

 

自分でのケアの場合、なかなか美容院のような機材もなく効果的なトリートメントが難しいことが考えられるので、キレイな髪色が維持できるようにトリートメント成分には気を付けましょう。

 

また、髪の長い方や、少し不器用で後頭部の染め上げが自身では難しいと感じる方は、セルフカラーでは染ムラができてしまう可能性もあります。

 

せっかくのカラーもムラになってしまっては台無しなので、セルフでカラーを施す自信が無い方は、友人や家族に頼んでやってもらうのもいいですね。

 

まとめ

今回は、髪の色を茶色にする方法として、髪を傷めずに色付けできるヘアマニキュアの紹介と、簡単にできるセルフヘアカラーについてご紹介しました。

 

ヘアカラー、ヘアスタイル、髪のキレイさなどによって人の印象は大きく変わるものです。

初対面の人でも、顔以上に髪の印象とかって強く残ったりしますし。

 

自分らしいヘアカラー、ヘアスタイルでいられると自信も出てきて出会う人に良い印象を与えられると思いませんか?

 

ぜひ、あなたも自分らしい、自分に似合うヘアカラーやヘアスタイルを探してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました