これなら出来る!自分に合ったシンクの水垢を取る方法

家事 清掃 洗濯

スポンサードリンク




シンクに出てきた白い水垢汚れって落とすのに苦労しませんか?

 

忙しい毎日をすごすなかで、ちょっと油断して掃除をさぼってしまうとすぐに表れるやっかいな水垢に悩まされている人は私だけではないはず!

しかも、いざ水垢を取ろうとしても頑固で落ちにくいし、重曹やクエン酸、酢など、水垢落としに効くというものは世の中にいっぱいあって、どれを選べばいいかよくわからない、何がどう違うのかよく分からないという人も多いはずです。

 

そんな方のために、今回はキッチンシンクの水垢汚れを取るための方法をいろいろピックアップしてご紹介します。

これなら自分でもできそうだし、続けられそう!という、自分に合った方法をぜひ見つけてください。

 

シンクの水垢!頑固な汚れにはこの方法!

そもそもシンクに水垢汚れが定着してしまうのは、水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル分がシンクの表面から蒸発せずに残ってしまうことが原因です。それが積み重なり、うろこ状の模様のようになってあらわれてきます。

 

さらにシンクの水垢は日が経つと、白い石のようなかたまりになってしまいます。

特に蛇口の付け根などがひどくなりがちです。

 

かたまりのようになってしまうと、水垢はちょっとやそっとじゃ落ちないです。

シンクの水垢は想像以上に頑固です。

 

シンクの水垢はできてから日が経つと食器洗いなどに使うような、中性洗剤ではなかなか落ちないことが多いです。

 

そうなった場合に水垢を落とす方法としてよく紹介されるのは以下の方法です。

 

①「クエン酸」や「酸性洗剤」で落とす

②「お酢」と「レモン汁」で落とす

③「クレンザー」で磨く

④「メラミンスポンジ」で磨く

⑤「重曹」に「酢」をかけて磨く

⑥「人工ダイヤモンド研磨剤」で磨く

 

こんなにいっぱいあります。

では、ここからひとつひとつ簡単に説明します。

 

①「クエン酸」や「酸性洗剤」で落とす

水垢は頑固な汚れですが、アルカリ性の汚れであるため、酸性のクエン酸や酸性洗剤を使うと中和してやわらかくなり、落としやすくなります。具体的な掃除方法は、クエン酸を水に溶かしてつくった「クエン酸水」を水垢にかけてしばらく放置し、ゆるんだ汚れを落とすというやりかたです。

 

この方法のデメリットとしては、あまり洗浄力が高くないので、繰り返し掃除する必要があることです。

 

②「お酢」と「レモン汁」で落とす

この方法もよく聞きませんか?

お酢も酢酸で、レモン汁も酸性の成分であるため、水垢が取れる原理としては①の「クエン酸」や「酸性洗剤」と同じです。

 

③「クレンザー」で磨く

の方法と違い、水垢をゆるめたり溶かして落とすのではなく、表面の水垢を削るような状態で掃除する方法です。

私もたまに自宅のキッチンシンクをクレンザーで掃除しますが、スポンジで洗うよりも、ゴム手袋に直接クレンザーをつけて手で撫でるように円を描きながらシンクを洗うと掃除が早く済むのでおすすめです。

 

ただし、シンクの素材によってはクレンザーの研磨剤がシンクの表面にキズをつくってしまうような不向きなものもあるので、十分注意が必要です。

 

④「メラミンスポンジ」で磨く

洗剤を使わず、水だけで水垢が落とせるメラミンスポンジは手軽にシンクの掃除ができます。

市販のものを小さく切ってキッチンに置いておけば、気になった時にすぐ掃除できる便利なアイテムです。

スポンサードリンク

 

ただし、ツヤが出るようにコーティングされたステンレス製のシンクなどは、掃除したあと表面がくもってしまうなどのトラブルもあるので注意が必要です。

 

⑤「重曹」に「酢」をかけて磨く

研磨効果もある重曹を柔らかい布などにふりかけて、シンクの表面を撫でるように掃除します。

そのあと薄めた酢をシンクの表面にふりかけて磨けば水垢がきれいに落ちます。

 

重曹と酢の組み合わせは排水溝の臭いにも効くので、お得な気がしますよね。

 

しかし、①や②の方法と同様に洗浄能力はあまり高くないので、日頃の手入れにはいいかもしれませんが、頑固な水垢落としにはあまり向かない方法かと思われます。

 

⑥「人工ダイヤモンド研磨剤」で磨く

硬い人工ダイヤモンドを埋め込んだ研磨ブロックなどで売られています。

粒子で汚れを落とすクレンザーよりも、水垢を削り落とす力が高いといわれます。

 

小さなスポンジ状になっている商品が多いので、蛇口の付け根の頑固な水垢など、特にひどい水垢部分に対して局所的に使うのに便利です。

 

気を付けなければならないのは、④と同じでツヤが出るようにコーティングされたステンレス製のシンクなどは、水垢を取ると同時に、シンクの表面を傷つける可能性があることです。

 

他にもまだまだあるかもしれませんが、こんなにあると何を使えばいいか迷いますね。

 

迷った場合、まず水垢を落とす方法を選ぶ前に、ご自宅のシンクに使われている素材の確認を忘れずに行ってください。

 

メーカー品のシステムキッチンなどであれば、最適なお手入れ方法はメーカーが示してくれていることが多いです。

 

それを踏まえた上で、自分でも続けられそうな水垢の掃除方法を見つけてみてください。

 

シンク掃除用スポンジの選び方とおすすめの使用法

シンクを掃除する際に、スポンジを使われる方は多いです。

 

シンクを掃除する用のスポンジと食器を洗い流す用のスポンジと同じものを使っている方もいらっしゃると思いますが、衛生的に考えて、食器洗い用のスポンジとシンク洗いに利用するスポンジとを一緒にするのは避けた方がいいです。

 

シンクを掃除するためのスポンジは食器洗いのスポンジのお下がりがおすすめです。

 

また、シンクに置いておくスポンジは動物の形をしたかわいいものなど、たくさん販売されておりますが、シンクの水垢対策としておすすめするスポンジは自立式のものや吊るすタイプのものです。

 

できるだけ水切れが良く、置き場との接地面が小さいものを選ぶことが水垢を作りにくい秘訣となります。

 

最近は、水垢対策として掃除がしやすくなるように、シンクにスポンジ置き場自体を設けなかったり、市販のスポンジを小さく切っておいて、1回に使うスポンジを使い捨てにし、

シンクにスポンジを置かない人もいます。

 

掃除もしやすいですし、衛生的で見た目もすっきりするので水垢が気になる方はスポンジの撤去も考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

キッチンのシンクは毎日汚れる場所のため、こまめな掃除は面倒ですが、目につきやすい場所でもあるので、きれいにしておくとキッチンの印象もそれだけで良くなります。

 

今回紹介した水垢の掃除方法の中には残念ながら一度の掃除ではきれいにならないものもあります。

何度も手ごわい水垢と戦うことでピカピカのシンクと再会できるはずです。

 

ピカピカのシンクと再会することができたら、またサヨナラしないようにこまめに水分を拭き取り、掃除してあげましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました