お盆!ご先祖様に感謝を伝えましょう。日本素敵な夏の風習‼

人間関係 社会

スポンサードリンク




お盆はご先祖様をお迎えして一緒に過ごし、また送り出す

昔から日本人が大切にしている習慣です

この時期は会社が休みでお墓参りや親せきと集まる方は多いですよね。

お盆の時期や習慣は地域によって異なります。精霊流しや送り火、盆踊りなど行われる行事も様々です。また、ご先祖様をもてなすお供え物も欠かせません。

 

しっかり準備をして、いつも見守っていてくれることに感謝したいですね。

 

お盆の時期は1つじゃない!風習も様々だった!

 

  • お盆の時期は2種類ある

 

お盆には「旧盆」と「新盆」があります。

一般的なのは旧盆で、期間は8月13日~16日で、

「月遅れの盆」とも言われています。

私は兵庫県出身ですが、お盆と言えばこの時期でした。

京都のように8月7日からお盆が始まる地域もあります。

 

新盆は7月13日~16日です。

東京や横浜など一部の地域はこの期間です。

 

お盆の開始を「盆入り」、終わりを「盆明け」、

真ん中の日を「中日」と言います。

 

13日の夕方からご先祖様が帰って来られるように、

「迎え火」と言って玄関やお墓などにロウソクの火や提灯を灯します。

そして同じように15日や16日に「送り火」でご先祖様を送り出します。

 

 

それぞれの日にナスとキュウリの飾りを見たことがありませんか!?

精霊馬と言って、ご先祖様が行き来するための乗り物の意味があります。

キュウリは足の速い馬でご先祖様が早く帰って来られるよう、

迎え火の時に置きます。

ナスは牛でご先祖様に少しでも長く一緒に過ごしてもらうため、

また、供物をたくさん持ち帰れるように、送り火の時に置きます。

 

 

  • お盆の歴史

お盆は正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、

インドのサンスクリット語が語源となっています。

 

日本で最初にお盆の儀式が行われたのは606年のこと。

推古天皇が開いた「推古天皇十四年七月十五日斎会」という会でした。

 

8世紀頃からは夏に先祖供養をする習慣が貴族や僧侶、

武家などの上流階級の間に広まりました。

 

江戸時代になると庶民にもお盆が浸透し

お盆に仏壇や提灯をともす家が増えていきました。

ロウソクが大量生産され値が下がりしたことにより、

庶民にも手が届きやすくなったからです。

 

 

  • お盆の時期が異なる理由

元々お盆は旧暦の7月15日に行われていましたが、

明治時代に行われた改暦により、地域によって時期が異なるようになりました。

改暦は暦を国際基準化することを目的として実施され、

日本の行事は30日遅れになりました。

よって改暦後、新暦の8月15日が一般的となったわけです。

しかし天皇に近い東京では現在でも7月に実施されたりと、

旧暦のお盆を採用している地域もあります。

 

 

  • お盆の過ごし方

お盆の過ごし方も地域によって様々です。

お墓参りや親せき同士で集られる方は多いと思います。

他にも地域の風習として、

・長崎の精霊流し

スポンサードリンク

・京都の五山の送り火

などが有名ですよね。

 

他にも、

・盆踊り

盆踊りは元々宗教行事です。

お盆に帰ってきた祖先の霊たちを迎え送るための念仏踊りなのです。

また、農作物の豊作の願いも込められています。

 

・お中元

現在では夏の時期にお世話になっている方に、

これからもよろしくお願いしますという意味で贈り物をしますよね。

本来はお盆の時にご先祖様にするお供え物なのです。

お盆は地域によって時期が異なったり、様々な風習があるのですね。

 

お盆のお供え物には何を選ぶ!?基本のキ!

 

お盆のお供え物には、五供(ごく)と呼ばれる基本的なものがあります。

来てくださったご先祖様をおもてなしするとても大切な意味を持ちます。

 

お線香のことです。

香りは故人に対してとても大切なものと考えられています。

 

お供え物として定番です。

トゲやツルが長いものは避け、そのご先祖様は好きな花をお供えすると良いですね。

 

  • 灯燭(とうしょく)

ロウソクなどの明かりを灯すことの出来るものを言います。

 

  • 浄水

綺麗で清潔なお水の事です。

お参りをする私たちの心を清らかにする意味があります。

 

  • 飲食(おんじき)

家族で食べている物と同様の物をお供えします。

ご先祖様が食べやすいようにお皿に盛ります。

ずっと置いておかずに、夏は食べ物が傷みやすいので早めに下げるようにしましょう。

 

これらを準備することが一般的ですが、ご先祖様への感謝の気持ちが込められていれば良いとされています。

 

その中でもオススメなのは、

  • フルーツ

入手しやすく、お供え物としてよく見かけますよね。

私の祖母はフルーツが大好きだったので、いつもお供えに持参しています。

日本では丸いものが縁起物とされていますので、桃やぶどうなど丸いフルーツがオススメです。

盛り合わせにして贈る場合はフルーツの数を奇数にするようにしましょう。

「偶数=割り切れる=故人との縁が切れる」と連想させてしまうので

偶数は避けた方が良いとされています。

 

  • 日持ちするお菓子

期間中に傷んでしまう心配がないのでオススメです。

おせんべいやクッキーなどが定番です。

小分けに包装されていると分けやすくて良いですね。

 

  • 素麺

素麺のように細く長く続いていくという意味や

ご先祖様が帰る時、荷物を縛る紐や精霊馬の手綱に見立てています。

 

反対に、腐りやすく分けにくいものは避けた方が良いでしょう。

例えば、魚や生肉です。

殺生を連想させてしまう場合もあります。

ご先祖様が好きだったとしても、お供え物には不向きです。

 

まとめ

お盆は単に休みなのではなく、ご先祖様に感謝をするための

大切な習慣です。

時期や風習、お供えする物は地域や家柄によって様々ですので、

詳しく聞いたことがなければ、一度ご家族に確認してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました