離乳食初期の進め方は?どんなメニューにするの? 

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




ミルクのみで成長してきた赤ちゃん。  そろそろ離乳食を始めないと… そう思いつつもどう始めるのか、どんなものを食べさせてあげるのか、 初めてのことだらけでわかりませんよね。 いつもはおっぱいだけの赤ちゃんにスプーンで食べ物を与える… 

初めての食材はどんな顔で食べるのかどんな反応を示してくれるのか、 好きになる食べ物はなにかあまり食べない食べ物はなにか 大変そうだけどすごく楽しみでした。 やってみると理想とは少し違うところもあるけど、現在進行形で 楽しみながらやっています!  

離乳食が不安なお母さんたちが、始める前や途中に読んでいただければ幸いです! 離乳食を進めるヒントにしてみてくださいね!

離乳食の初期の進め方や量、あげる時間、メニューはどうするの?

 そもそも離乳食はなぜ必要なのかご存知でしょうか? 離乳食は赤ちゃんがこれから「大人と同じ食事」を食べられるようにする練習です。 赤ちゃんは消化器官が未発達のため大人と同じ食事では消化できないのです。 そのため離乳食で練習をします。 

また、おっぱいやミルクを吸うことしかできない赤ちゃんの「噛む」ということの練習 でもあるのです。 昔は離乳食を始める時期が4ヵ月が多かったそうなです。 だんだんと5、6ヵ月が一般的になってきているんですよ~ 私は4ヵ月半で始めました! 少し早いかなとは思いましたが嫌がる様子もなかったので始められました!

 赤ちゃんは離乳食を進めていくことで食事をすることの楽しさも学ぶです。 赤ちゃんの食欲を育てられるといいですよね。 離乳食を始める時期は5、6ヵ月が目安です。 時期以外の始める目安は、 

・首がしっかりと座ったこと 

・からだを支えてあげるとおすわりができること 

・大人が食事しているところに興味を示すこと 

・スプーンを口に入れてみて、舌で押し戻すことが少なくなること 

などが挙げられます。 

 

これらが何個かできるようになったら離乳食を始めることができますよ。 赤ちゃんの機嫌がいい日を狙って離乳食をスタートしてみましょう! 離乳食を始めて1ヵ月は1日1回食事を与えます。 1ヵ月を過ぎたら1日2回にします。 離乳食を与える時間は午前中がおすすめです! とくに初めての食材を与えるときは、平日の午前中に行うようにしましょう。 これはもしアレルギー反応が出た場合に病院へ行くことができるからです。 行きつけや近くの病院の診察時間を確認しておくといいですね! 

我が家の場合では、午前中の9時~11時半ごろの赤ちゃんの機嫌いいときに 与えています。 その日の予定によっては前後することもあるのであまり固く考えすぎなくても 大丈夫です! ただリズムをつけてあげることは大事なのでできるだけ同じ時間に与えたいですね。 

いちばん最初の食事はおかゆをあげます。 このおかゆはどろどろの10倍がゆです。 基本的に初めての食材は小さじ1杯ずつ与えます。 慣れてきたらだんだんと量を増やしましょう。 私が実際に行った離乳食の進め方をご紹介します! 

 ※おかゆは10倍がゆのことです。  ※小さじ1は①、小さじ3は③とまるつきで記載します。 

 Day1  おかゆ① 

Day2  おかゆ① 

Day3  おかゆ① 

Day4  おかゆ② 

Day5  おかゆ② 

Day6  おかゆ② 

Day7  おかゆ③ 

スポンサードリンク

Day8  おかゆ③ にんじん① 

Day9  おかゆ③ にんじん① 

Day10 おかゆ③ ブロッコリー① 

Day11 おかゆ③ ブロッコリー① 

Day12 おかゆ④ だいこん① 

Day13 おかゆ④ だいこん① 

Day14 おかゆ⑤ だいこん① 

Day15 おかゆ⑤ にんじん②   とうふ① 

Day16 おかゆ⑤ にんじん②   とうふ① 

Day17 おかゆ⑤ ブロッコリー② とうふ① 

Day18 おかゆ⑤ ブロッコリー② とうふ① 

Day19 おかゆ⑤ だいこん②   赤魚① 

Day20 おかゆ⑤ だいこん②   赤魚① 

Day21 おかゆ⑤ だいこん②   赤魚① 

Day22 おかゆ⑤ にんじん②   とうふ① ほうれん草① 

Day23 おかゆ⑤ にんじん②   とうふ① ほうれん草① 

Day24 おかゆ⑤ にんじん②   とうふ① ほうれん草① 

Day25 おかゆ⑤ だいこん②   赤魚①  たまねぎ① 

Day26 おかゆ⑤ だいこん②   赤魚①  たまねぎ① 

Day27 おかゆ⑤ だいこん②   赤魚①  キャベツ① 

Day28 おかゆ⑤ だいこん②   赤魚①  キャベツ① 

1週目は10倍がゆで慣らしていきます。 2週目は野菜を3種類小さじ1ずつです。 3週目に入ったらたんぱく質をあげてみました。 野菜は小さじ2に増やします。 4週目では野菜の種類を増やします。 と、1ヵ月はこんな感じで行いました! 2ヵ月目は4週目のメニューを食材を変えて1日2回行いました。 2回目の時間は14時~15時の機嫌がいいときです。 

食材はおうちでよく使うもので買い物に行くたびに購入するものが中心でした。 たんぱく質であるお魚は白身魚を使用しましょう。 入手するのが難しいようであれば、無理にお魚を与える必要はなく、 とうふやヨーグルトでたんぱく質を補うといいですよ。

 離乳食を与えたあとには赤ちゃんの気が済むまで授乳してあげてください。 離乳食が始まっても赤ちゃんの主な食事はお母さんのおっぱいやミルクです。 離乳食のあとやほかの時間はたくさんおっぱいやミルクをあげてくださいね! 

離乳食初期の外出や外泊!どうすればいいの!? 

 離乳食を始めて心配になると思うのが旅行や外出のときの離乳食だと思います。 始めて少ししかたっていない場合にはお休みすることも可能です。 旅行などでは帰ってきてから再開するとよいですね。 でも途中でやめたくない、できれば続けて行いたい、というお母さんもいると 思います。 

そこでおすすめなのが、お湯でとかして与えることのできるベビーフード 瓶詰めになっているベビーフードです! お湯はホテルデパートのフードコートなどでも調達できます。 一緒に紙コッププラスプーンを用意してしまえば帰りには荷物を減らせ ますよね。 

ただ、スプーンが変わると食べなくなるという赤ちゃんもいるので 事前に慣らしておくか、使い慣れたスプーンを持って行きましょう! 

 まとめ 

 大変な離乳食が始まって、赤ちゃんのお世話に加えて離乳食の準備。 下準備からすりおろして、冷凍保存して… アレルギーも心配! 気にすることがたくさんありますよね。 

 もしいっぱいいっぱいになってしまったら、市販のベビーフードにも 頼ってください。 無理しすぎてイライラしてしまうとそれは赤ちゃんに伝わって しまうです。 お母さんがにこにこ笑顔で楽しくごはんをくれると赤ちゃんもきっと 嬉しいはずです!  

楽しみながら離乳食を行えたら素敵ですね! 

タイトルとURLをコピーしました