出産内祝いは“半返し”がいいの? 内祝いの品に迷ったらコレがおすすめ!

贈り物 マナー 豆知識

スポンサードリンク




出産祝いのお返しは“半返し”で」って聞いたことあります?出産祝いは一般的に「御祝金」として現金をいただくほか、「御祝品」としてベビーグッズなどの品や、菓子折り等をいただくケースがあります。

『いただいた「御祝金」や、「御祝品」の半額程度でお祝い返しをしましょう』これが“半返し”という考え方です。そして、その際のお祝い返しのことを「内祝い」と呼びます。半返しはきっちり半額分というわけではなく、いただいた金額の約3~5割までくらいのお返しが良いとされています。

半返しについて例をあげると、親戚から「御祝金」として現金10万円を包んでもらったとします。この場合、「内祝い」として5万円相当の品をお返しすることになります。こんな感じです。現金でお祝いを受け取った場合は金額が数字で表れるのでお返しするべき値段も分かりやすいですね。

では一方で、現金ではなく「御祝品」をいただいた場合はどうなるのでしょう。この場合は、お返しするべき値段を算出するために、いただいた品物のおおよその金額を調べることになります。「いただきものの金額を調べるなんて失礼だ!」なんて、昔は私自身も抵抗がありましたが

「これは失礼なことではない!お返しのためには必要なことなんだ!」と自分に言いきかせ、ネットで商品検索していたのを覚えています。ここでは私の経験もふまえ、出産内祝い・半返しを上手にこなすコツをお伝えしたいと思います。

出産祝いの内祝いには「お菓子」がおすすめ!

 

正直、ありがたいことなのですが、お祝いをいただく人数が多いほどそれぞれ個別にお返しするのってけっこう手間で大変な仕事になるんですよね。出産したらお祝いをくれるだろうと予想できる人に関しては妊娠中からあらかじめリスト化しておいて、想定されるお祝い金額から事前に内祝いの品候補をピックアップしておくことができます。

でも想定外の方からのお祝いをいただいた場合などは急にその人への内祝いの品を選ばなくてはならなくなります。内祝いの品物はインターネットや内祝い専用のカタログで探せますが、商品のジャンルも価格帯も想像以上にたくさんあって迷ってしまいます。

しかも「出産祝いのお返しは失礼にあたらないように、いただいたらできるだけ早めにお返ししましょう!」なんて言われるので、産後すぐの体力が回復していない時期のママがやるにはきつい作業になります。そこで出産内祝いの品で迷った時に選ぶべきものとして私が一番おすすめするのは「お菓子」です。

クッキーやプチガトー、おまんじゅうやお煎餅などなどかわいいパッケージに入った詰め合せの商品が価格帯も様々に展開されていますので、半返しの金額に合わせて、ぴったりのものを選ぶことができます。

価格によっては高級感のあるブランド菓子も贈ることができます。内祝いは贈る相手の好みのものを選んで贈るのが一番ですが、相手の好みがわからない場合があります。

スポンサードリンク

その場合も、もし相手の方がお菓子をあまり好まない方であったとしても、多少日持ちするお菓子を贈っておけば、家族で分け合って食べてもらったり会社勤めの方であれば職場で配って食べてもらうこともできるので、おすすめです。

会社の方へお返しにはカタログギフトもおすすめ

 

私は内祝いの品物を選ぶ際に悩んだことがあります。それは勤めていた会社の上司へのお返しでした。当時、私は勤め先の会社の上司から予想を上回る額で出産御祝金をいただいてしまいました。

想定していたお祝い金の額よりも多かったので、急遽、内祝いの品を探すことになりましたが、ある程度大きな金額のお返しになるとお菓子などの品物では半返しの金額までとどかないことがあります。

どうしようかと悩んだ挙句、私が選んだのは

「焼き菓子 + カタログギフト」のセット商品でした。

カタログギフトは主に価格帯別に販売されており、丁度いい価格のお返し品を選ぶことが出来たので大変助かりました。カタログギフトの中には、食品やブランド品はもちろん、温泉宿への宿泊など体験型の商品などもあり様々な品の中から選べるようになっていたので、会社の上司へのお返しの品としては正解でした。

まとめ

 

たとえ相手が苦手な会社の上司であっても、礼儀にうるさい親戚だとしても、わが子の誕生を祝ってもらえるのは嬉しいことですし、とてもありがたいことですよね。

今この記事を読んでくださっているのは産後間もないパパ・ママか、まだ妊娠中のプレパパ・プレママかもしれませんね。既にご出産されたパパ・ママさん、おめでとうございます。たくさんの方々からお子様誕生の祝福をうけたのではないでしょうか。

妊娠中のプレパパ・プレママさんも無事に出産してベビーをむかえることができた日には、きっとまわりにいる多くの方々が新しい命の誕生を祝ってくれることでしょう。内祝いの手配は手間ですし、面倒な作業ではあります。ですが、お祝いしてくださった方々それぞれに心を込めて半返しのマナーを守り、いただいたことを忘れないうちに、早めにきちっと手配しましょう。

そうすることで、相手には良い印象をもってもらえますし、その後の関係も良好なものになることでしょう。ぜひ、がんばってください!

タイトルとURLをコピーしました