お宮参りの食事会はどこでする?自宅でする時は手作り?

人間関係 社会

スポンサードリンク




生まれて1ヶ月程で初めての外出にもなるお宮参り。

生まれてきてくれたことへのお祝いと、

これからの成長が健やかになるようお祈りする行事です。

両家のご両親もお参りできるのなら、その後には食事会を設けましょう。

食事会の場所は外食でも自宅でも大丈夫です。

会場までの移動や環境、手間などを考えて無理がないようにしましょう。

自宅で行う際は、近所の料理屋さんのお弁当やオードブルなどがいいですよ。

もちろん手作りだと心もこもって喜ばれますね。

 

お宮参りって何をするの?

 

お宮参りと名前の通り、近所や安産祈願した神社にお参りすることです。

時期は、男の子は生後31日目・女の子は生後32日目となっています。

神様に子どもが生まれてきたことの報告とこれからの成長をお祈りします。

天気やお仕事の都合、赤ちゃんや母親の体調などを考慮して設定しましょう。

神社に神主さんがいらっしゃる時には事前に祈祷していただけるか確認をしましょう。

お礼も忘れずに用意しておきましょう。

地域によって行うことが違うこともありますので、ご両親に確認しておくと安心ですね。

 

お宮参りを終えたらみんなで写真を撮ると記念に残ってステキですよ。

せっかくの赤ちゃんのお祝いの行事なので、思い出に残して置くと子どもが成長した後に

見返すことができますし、自分はどれだけ誕生してきたことを喜んでもらえたのか

実感することができます。

 

 

食事会の場所はどこがいいの?

 

・外食なら個室やお座敷

食事会の場所は神社からの移動距離や自分達の都合に合わせて選びましょう。

外食では、料理を用意せずに食べられることや

いつもと違うリッチ感を味わえることが利点ですね。

 

外食ではいつもと違う環境なので、オムツ替えや授乳など

いつもと勝手が違いますのでしっかりと準備して出かけましょう。

個室なら周りの目や音も気にせずゆっくりできますし、

お座敷なら赤ちゃんを寝かせることができるので安心です。

 

事前に確認や準備をしっかりしていきましょう。

 

・自宅ならではの良いところ

自宅ではいつもと同じ環境で赤ちゃんもお母さんもリラックスして

過ごすことができます。

何を準備したらいいのか会場はどんなところなのかオムツ替えや授乳はどうしようと

悩まずに、いつも通りに過ごせるので安心ですね。

 

生後間もない赤ちゃんはとってもデリケートです。

時期によってはインフルエンザなどの感染症の心配もありますよね。

自宅ならそのような心配も緩和されますね。

スポンサードリンク

 

食事会は感謝の意味を込めて設けますが、やはり一番は赤ちゃんが安心して

過ごせるということが大切です。

やっと慣れてきたご自宅が一番赤ちゃんには良いでしょう。

 

お母さんのストレスも赤ちゃんには伝わりますので、無理のないように

会場を選ぶといいですよ。

 

自宅での食事会での料理は?

 

 

・手作り

一般的にお祝い事の料理と言えば、刺身や尾頭付きの魚、お寿司、赤飯、お肉などでしょう。

全部を自分で用意するには時間もかかりますし、配膳したりと大変ですよね。

 

お宮参り当日は神社への移動時間や着物を着られる方やスーツなどの着替えの時間も

多少なりともかかります。

それに赤ちゃんはまだ3時間程度で授乳する時間になりますので、

ゆっくりできませんよね。

 

下準備など事前に準備できることはしておきましょう。

メニュー選びも重要になりますね。ローストビーフや生春巻きなど

温め直さなくていいものを作り置きしておくと楽ですよ。

1人でやり遂げたい気持ちもありますが、御家族や親戚との食事会です。

 

お母さんやお義母さんに甘えて手伝ってもらうのもいいですよ。

事前に当日の流れや食事のことを相談しておくと手伝う方も気兼ねなくできますね。

 

・お弁当やオードブル

近所の料理屋さんにお弁当を頼んだり、オードブルや寿司を事前に注文して

自宅で食べるのはどうですか?

 

自宅ならではのリラックスできる環境でおいしい料理を食べられるし、

料理をする手間も省くことができます。

 

私の家の場合ですが、お宮参り後の食事は近所のスーパーのお弁当でした。

持ち家ではなかったので外食も検討しましたが、

産後の慣れない生活に疲れていたことや近くに個室や座敷のある

落ち着いて食事できる会場がなかったことから一番手軽に準備できるお弁当にしました。

 

2人目の時には、当日の流れも頭にあったのでお宮参りの前日の夜に食事会を設けました。

服装もラフな格好でしたので堅苦しくなく、楽しく食事することができました。

 

まとめ

 

赤ちゃんが生まれてきたことを感謝し、健やかな成長を祈るお宮参り。

神様にお祈りすることも大切ですが、せっかくご両親も参加するのなら

感謝の気持ちを伝えるステキな機会になりますね。

 

赤ちゃんの誕生に感謝し、ご両親がいるからこそ自分達が生まれたことへ

感謝し、それを伝えられることの喜びを味わってください。

 

しっかりと神様へ赤ちゃんが生まれたことを報告して、ご両親と無理のない

楽しめる食事会を用意して思い出に残るステキな一日になりますように。

タイトルとURLをコピーしました