赤ちゃんの生活リズムが崩れる!整わない‼整える方法はあるの?

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




生まれたばかりの赤ちゃんは生活リズムというものがなく、昼夜問わず寝て起きては泣いて、 ミルクや母乳を飲んでまた寝て、を繰り返していますよね。だんだんと成長することに自然と生活リズムも整ってきますが、まだ整わない 赤ちゃんの生活リズムをスムーズに整うようになるためには、ママやパパが少しお手伝いをしてあげる必要があります。

 

では赤ちゃんの生活リズムは、いつ頃から整えてあげると良いのでしょうか?

そこで今回は赤ちゃんの生活リズムの整え方や、生活リズムが崩れてしまった時の対処方法について紹介します。

 

赤ちゃんの生活リズムが整わない…いつから整える?

 

まず赤ちゃんの生活リズムは、生後2ヶ月頃から少しずつ生活リズムを意識しながら生活していきましょう。そして生後3ヶ月頃からは、早寝早起きの習慣を身につけるようにして、 生活にメリハリをつけてあげたいものです。

 

ではこの時期から生活リズムを整えるために、どんなお手伝いをしてあげると良いのでしょうか。

 

・昼と夜の違いを明確にする

 

人間は朝太陽の光を浴び、 夜暗くなってから寝るという生活をすることで、生活のリズムが出来上がっていきますよね。

 

赤ちゃんの頃から早寝早起きを身につけてあげることで、健康的な生活を送ることができます。ですから朝起きたら、まずカーテンを開けて部屋の中に朝日を取り入れましょう。

 

そして、夜寝る時間が近づいてからはお部屋を暗くして、静かな環境にしてあげましょう。こうすることで昼と夜が少しずつ認識できるようになり、睡眠のリズムが整っていくでしょう。

 

・天気の良い日にはお散歩などをして外に連れ出す

 

生後3ヶ月頃からは、 生活にメリハリをつけて上げるように意識します。

 

規則正しい生活リズムを心がけることで、赤ちゃんも生活リズムが身についてきます。天気の良い日には昼間にはベビーカーなどで外をお散歩するなどして、外に連れ出すようにしてみましょう。赤ちゃんは好奇心旺盛なので、外出することにより好奇心を刺激され、夜もすんなりと寝れるようになります。

 

・ 決まった時間にお風呂に入れる

 

だいたい寝る前の決まった時間にお風呂に入れるようにすると、すんなりと寝てくれるようになります。

 

・就寝時間、起床時間を整える

 

生後6ヶ月頃になってくると、これまでの生活リズムを整えるためのお手伝いをしてあげることで、整わなかった生活リズムがだんだんと身についてきている頃です。朝起きる時間、夜寝る時間、お昼寝の時間を毎日同じ時間にするようにすると、睡眠時間も一定になり睡眠のリズムも身についてくるでしょう。

 

初めのうちは時間もバラバラになることがありますが、睡眠のリズムが身につくまでは、夜の 就寝時間や睡眠時間に関係なく、 朝決まった時間に起きなければ起こすようにしましょう。そしてお昼寝の時間も、 お昼寝の終わりの時間を決めて寝ていても起こすようにしましょう。こうすることで夜もすんなりと寝てくれるようになります。

 

・食事の時間を決める

 

離乳食が始まると、生活リズムの中に食事の時間なども関係してきますよね。

 

離乳食も大体決まった時間に食べさせてあげるようにすることで、睡眠時間や起きている時間、ご飯の時間や、お風呂の時間などがバランスよく取れるようになり、生活リズムが身についてきますよ。

スポンサードリンク

 

赤ちゃんはお腹にいた頃は、 朝も昼も夜もわかっていません。そのため生まれてからも昼夜問わず寝たり起きたりを繰り返す生活ばかりです。また生まれたばかりの頃は目がほとんど見えていませんが、この頃は周りの音や光などはわかります。

 

整わない生活リズムを整えるには生後3ヶ月頃から手助けをしてあげたいですが、生まれてすぐからでも朝は光を部屋に取り入れ、 夜は静かに過ごすということを意識するだけでも、赤ちゃんは分かってきます。ですがすぐに生活リズムを整えようと焦る必要はありませんよ。

 

少しずつ赤ちゃんのペースに合わせて生活リズムが整えやすい環境にしてあげてください。

 

 

赤ちゃんの生活リズムが大人の都合で整わないときの対処法は?

 

時間をかけて生活リズムをせっかく整えても、 ママやパパの都合で、時間通りに物事が進められず整わない状態に戻ることがあります。

 

私も二人の子育てをしていますが、少し自分の決めた時間に、やることができなければイライラしてしまうこともありました。

 

せっかく身についてきた生活リズムも、すぐに崩れてしまうこともありますよね。ですが少々のズレを気にしていては、ママもストレスでしかありませんよ。もし生活リズムが崩れてしまった時は次のようなことやってみてください。

 

・夜寝る時間が遅くなっても起きる時間をずらさない

 

色々な事情で子供の寝る時間がいつもより遅くなってしまうこともありますよね。ですがその次の日の朝、いつも通り起こすようにしましょう。

 

その日は睡眠不足になってしまう可能性がありますが、お昼寝の時間を少し長くしたり、夜寝る時間を早くするなどして、睡眠不足は解消することができます。

 

・ 日中の生活リズムが崩れても夜寝る時間は変えない

 

毎日同じように、決まった時間に食事をとったり、決まった時間にお昼寝をしたり、決まった時間にお風呂に入るというのは難しいこともありますよね。その日の都合によって日中の生活リズムが崩れてしまうこともあります。

 

ですが、それでも夜赤ちゃんを寝かせてあげる時間は遅くならないようにしましょう。夜寝る時間は多少ずれても30分以内で収まるようにするといいですよ。昼間のリズムが崩れていても、 しっかり睡眠をとらせてあげることで体内時計をリセットしてくれます。

 

 

まとめ

 

赤ちゃんの生活リズムを整えてあげるために、ママは1日のスケジュールなどを決める方も多いでしょう。ですが、ママも赤ちゃんも人間なのでスケジュール通りにならないこともよくあることです。私も初めのうちは生活リズムが整わないことにイライラすることがありましたが、イライラする必要はありませんよ。

 

あまりイライラせず、 大体の時間を目安に行動すること、夜寝る時間や朝起きる時間だけは一定にする、ということだけを守ってみましょう。すぐにすぐ生活リズムがつくというわけではありませんが、毎日少し意識しながら生活していくだけで、成長に合わせてどんどん生活リズムも整っていきますよ。

 

我が家は今では9時には就寝し、朝6時半には起きています。今では寝かしつけも必要なく時間が来たら就寝し、 朝は自然と大体同じ時間に起きれるようになっています。

長い目で赤ちゃんに生活リズムが身につくように手助けをしてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました