怒ってばかりの子育て…なんでこうなるの?!

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




朝から晩まで、なにかイライラして子供に怒ってばかり…

怒ったあとは、「なんで怒ったんだろう。」って自己嫌悪

 

どうして怒っちゃうの?

どうして言うこと聞いてくれいの?

どうして…どうして…ばかり考えてしまっていませんか?

 

泣くしか表現が出来なかった赤ちゃんから

1歳2歳そして3歳4歳に成長するにつれて

自我も芽生えて自分でしたい!って気持ちが強くなってるんですね。

 

そこに家事やアレもコレもしたいのに出来ないって気持ちが

爆発しちゃって怒ってしまうんですよね。

 

お母さんは24時間子育てしてますもんね

お母さんは24時間じゃ足りないって感じですよね。

 

お母さんもの人間ですから、感情もありますよ。

 

怒る事も子育ての中で大事なしつけのことなんでが

感情に任せて怒ってしまうのはしつけではないです。

 

どうしたら怒らずに過ごせるのか、一緒に考えて行きましょう!

 

 

怒ってばかりの子育て…私って悪いお母さん?

 

子供がジュースや飲み物をこぼしちゃった!

ご飯の時に落ち着きがなく食べてくれない!

片づけたばかりなのに、もう散らかってる!

 

「もう!何やってるの!」って怒ってしまった…

また怒っちゃった…

なんでこんなに怒っちゃうんだろう…

 

怒ってばかりでダメな母親だって思って

その後は自己嫌悪になっちゃって落ち込んで悩む。

 

お母さん、大丈夫ですよ!

怒る事は子育ての中でも大事なしつけでもあるし

子供に教えるにも大事なことなんですよ。

 

ただ、感情にまかせて怒ってしまうのは

子供もお母さん自身もストレスの原因になるので

やめた方がいいですよね。

 

赤ちゃんだった子供も、6か月を過ぎるあたりから

寝がえりやハイハイで目が離せなくなり

2歳を過ぎれば自我も芽生え自分でしたい欲求もあって

なかなかすんなりと用事が出来なくなってくるんですよね。

 

今日は買い物にも行かないと、お昼寝してる間に

アレもコレも済ましたいのに!

寝てくれない、グズグズしちゃって何も出来なかった。

 

もしかしたら、これが怒っちゃう原因じゃないですか?

 

家事したい、買い物にも行きたいのに子供は言うことを聞いてくれない

これじゃ何も出来ないじゃない!って気持ちがあって

イライラして怒ってしまう、悪循環ですよね。

 

でも、これって親の都合なんですよ。

親である私たちが、アレもコレもしたいって思ってる様に

子供にもタイミングがあってアレもコレもしたいんですよ。

 

自分に合わせようとして思い通りに動いてくれない子供に

感情的に怒ってしまうのは、お互いに疲れちゃいますね。

 

怒ってしまったから悪いお母さんって思うのではなくて

怒る前にちょっと一呼吸!

これだけでも、気持ちが落ち着いてきますから。

 

 

怒ってばかりの子育て…子供目線になってみると?!

 

 

ある日、洗濯ものをたたんでいると横にきて

たたんだ洗濯物をぐちゃぐちゃに。

別の日にも同じように洗濯ものをぐちゃぐちゃに

 

「もうやめてって言ってるでしょ!」

 

何かしようとすると横に来ては邪魔をする

 

その度に、

 

「時間が無いんだからやめて」

「そんなことしないで!もうお母さんがしたんだから」

そんな風に怒る毎日でした。

 

怒ったあとは毎回の自己嫌悪

この繰り返しに疲れてしまった時

ふと思ったことがあるんです。

 

もしかしたら何か自分でしたいのかな?って。

 

そこで、洗濯ものをたたむとき

やっぱり横に来た子供に

「これお願いできる?」って言ってみたんです。

 

そしたら、ぐちゃぐちゃなんですが一生懸命

たたもうとしてるんですよ。

 

実はこの時幼稚園に通いだした子供が

幼稚園で自分のタオルなどを使った後は片づけるのを

習い始めた頃だったんですね。

 

この経験が家でもやりたい!って思ったんでしょう。

 

幼稚園で色々な体験をしてくることを

家に帰ってきてからもやってみたい!って。

 

それを時間が無いからって気づかずに

「やめて」って一言で終わらせていたことに

自己嫌悪になって悩みました。

 

今では時間に余裕が出来て、

なんで気づかなかったんだろうかって思うけど

当時は余裕もなく常にイライラしていたんでしょうね。

 

子供が何かしようとしてる時って理由があるんですよ。

その時に、すぐに止めたりするのではなく

スポンサードリンク

一呼吸おいて子供目線になってみてください。

 

イタズラをしたい訳じゃないんです。

一緒にしたいって気持ちなんじゃないでしょうか。

 

でも、イライラしてる時は怒っちゃうし

怒るポイントが分からなくなってきた…

怒る事は悪いの?

 

そんなことはありません!

怒ることも子育ての中で大事です。

ただ怒るポイントと怒らないポイントを

分けてしまえば余裕が出来てきますよ。

 

 

怒ってばかりの子育て…2つのポイント

 

子育てをしていく中で、常に怒ってばかりじゃ

子供もする事する事怒られるかもと考えてしまい

お互いに結局ストレスとなってしんどいだけですよ。

 

毎日ストレスを感じない様にするために

怒るポイントと怒らないポイントを作ってみませんか?

 

怒るポイントとしては

急に道路に飛び出した

お友達を押しちゃったなど

命にかかわるようなこと・ケガにつながってしまうようなこと

危険だと判断したことは怒るポイントですよね。

 

でもここで重要なのは、感情的に怒らないことです。

 

驚いてしまって大きな声になったり

大事にならずに済んで安心したあと怒りの感情が出てきてしまって

怒ってしまうのも分りますが、感情的になってしまっては

子供に怒るポイントが伝わらないんです。

 

怒らないポイントとしては

片付けをしないとかイタズラをしちゃった時など

「お片付けしなさい」

「やめなさい」って言葉だけで怒るのではなく

ちょっと一言声をかけてみる

 

「ここキレイにしてくる?」

「〇〇したいから手伝ってくれる?」など

教える事で怒らずに済むポイントになりますよ。

 

子供がすることにイライラが増えちゃう

すぐに怒ってしまう。

 

ちょっと待ってください!

少し前までは出来なかったこともあるんじゃないですか?

それが今は出来るようになってる。

子供って毎日成長してるんですよね!

 

なので、こんなことも出来るようになったんだなって

思えば片付けをしないとかイタズラをしちゃうのは

怒らないポイントになりませんか?!

 

あれダメ!

これダメ!って怒るより

成長して出来てきてることに目を向けてみましょう。

 

 

怒ってしまっても引きずらない!リセットしましょう

 

怒るポイントと怒らないポイントを分かっていても

やっぱりお母さんも感情はあるわけで

毎日毎日子育ての中で怒ってしまうこともあります。

 

怒ってしまった事を引きずることなく

その都度リセットしていきましょう!

 

リセット方法として

怒った後は子供を抱きしめてみましょう。

怒ったことに「ごめんね」となぜ怒ったのか

話してみませんか?!

 

今日も一日頑張ったご褒美で

好きなお菓子を食べるのもいいし

好きな飲み物でゆっくりした時間を過ごすのもいいですね。

 

子供と一緒に昼寝をしてもいいし

テレビや映画などの見ている間休んでもいいし

おもちゃで遊んでる間に横になってもいいんです。

 

少しの時間でも作って休憩しましょうよ。

この小さな休憩時間でもリセットは出来るんですから。

 

怒った顔のお母さんより

笑顔でいるお母さんの方が素敵ですよ。

 

完璧ないいお母さんになる必要はないんです。

 

子育てには正解はないですから、

お母さんと子供のペースで進んでいけばいいんです。

 

まとめ

 

子育てをしていく中で

毎日毎日飽きることなく怒るとこがありますよね。

 

怒ってもいいんですよ

怒るのも愛情であって大事なしつけなんですから。

 

ただ怒り方で子供を支配してはいけませんよ。

この年齢には出来てるはずなのになんで出来ないの?

ネットではこう書いてある

本には書いてあるのにって

それは全部目安ですよ!

 

子育てをしていく中で、なんで出来ないの?って思いますが

出来なくて当たり前です。

 

私たちはすでに何十年も先に経験してきていますが

子供にとってはする事全部初めてなんですから。

 

初心者ですね!

 

生活することが初心者なんだから

する事したい事を失敗もしますよね。

 

そこを怒って止めるのではなく

少し手助けしてみてはどうでしょうか?!

 

「○○しなさい」ではなく

「〇〇してみたら?」

「〇〇してくれる?」

 

怒ってしまっても子供はお母さん大好きですよ。

怒りそうになったらぜひ!一呼吸してみましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました