慌てる前に準備しよう!出産後の入院中に便利なもの、あってよかったもの!

妊娠・出産

スポンサードリンク




初めての出産。おなかの中でトントン動く赤ちゃんに癒されている毎日ではないでしょうか?そんな中、頭を悩ますものの一つが「出産後の入院中に何が必要か」だと思います。育児書を見ても「本当に何が必要で何がいらないのか」がわかりにくいですよね。

そこで今回は3人の息子を産んだ私が実際に便利だった物をお伝えします。ずっと健康できていたのに突然に切迫早産に~破水に~など出産ほど先に見えないものはありません。出産間近になって急いで準備するのではなく、早めに行動をしておきましょう。

出産の入院に必要な準備はいつ頃始めるのがベスト?

 

一般的には40週前後で陣痛が来て、10分間隔になったら病院へ行き出産後そのまま入院になるかと思います。

ですが、切迫早産で予定より早く生まれたり、突然破水がやってくる事もあります。ですので出産の入院準備は妊娠28週(8ヶ月)頃から揃えていつでも出産に挑めるようにしておきましょう。だんだんとお腹も大きくなってくる頃になるので体調の良い日にゆっくり準備をするのがおすすめです。

一日で準備をするのではなく、少しずつ時間をかけて体の負担にならないように揃えていきましょう。ネットショップを利用するのも便利ですよ。実家が近くにあったり、パパの手助けをしてもらえる場合は、退院時に必要な物は後から持ってきてもらえる様にバックを分けておくのもいいかと思います。

実際に出産の入院準備であってよかったもの

 

次は、私が入院中に必要だったもの、あってよかったものをリストアップしていきますね。

入院手続きに必要なもの

・母子手帳

・診察券

・健康保険証

基本、入院初めはこの3つがあれば大丈夫です。入院時は慌ただしくしているかと思うので、いつでも出せるように一番上に用意しておきましょう。

 

陣痛中、分娩中、陣痛室で必要なもの

・ストロー付の飲み物

・タオル

・カメラ(スマートフォン)

実際、陣痛が始まったら、痛みが強くて物を食べたりする余裕が私はありませんでした。入院時の時間帯にもよりますが、病院側で軽食を用意してくれる病院もありますよ。テニスボールやうちわを持参した時もありましたが私は使いませんでした。基本、横を向いてても飲める様にストロー付のマグがあると便利です。

私はお産が長引いたので分娩台の上でも飲み物を飲んでいました。生まれてすぐ病院側が写真を撮ってくれる場合もありますが、一応カメラは持参しておくといいでしょう。生まれたばかりの可愛い赤ちゃんの写真をぜひ撮ってあげてください。

入院中に必要なもの

スポンサードリンク

・前ボタンのパジャマ1~2枚 ・産褥ショーツ4枚 ・母乳パッド ・ガーゼ ・タオル ・ドライヤー ・洗面用具 ・シャンプー等 ・基礎化粧品 ・コンタクトレンズ(めがね) ・小銭 ・スマートフォンの充電器 ・紙おむつ ・おしりナップ ・産褥パッド ・ミニポーチ

私は5日間の入院中、起きてウロウロするのもお腹が痛くてシャワーもろくにできませんでした。ですので沢山着替えを持って行ってもそんなに使用することはないかと思います。産褥ショーツは頻繁に替えた方がいいでしょう。そして、新生児室へ赤ちゃんのお迎え時、ご飯を食べる時など小物を持ってウロウロする事がありますので、

ミニポーチやショルダーバッグなどがあれば便利です。赤ちゃんのお世話は基本部屋ですることになりますので、オムツやガーゼも持っていきましょう。

病院によっては病院側が用意してくれるお産セットの中に、産褥ショーツや産褥パッド、母乳パッドがついている場合もあります。病院によって様々ですが、重複してしまうと勿体ないのできちんと確認をしておきましょう。

ドーナツクッションや授乳クッションは病院によっては貸し出してくれるところもあります。事前に病院に確認をしておくといいでしょう。3人を産んだ私の個人的な意見として、授乳クッションは必要ないように思います。これっていくらでも代用がきくんですよね。枕を挟むのもよしだと思います。

会陰切開をしたお母さんはドーナツクッションがないと痛くて座れないと思います。どこの病院でもお部屋に一つは置いてあると思いますが、こちらも事前に確認しておくといいでしょう。使用するのは最初の数日だけなので、購入はもったいないかと思います。

退院時に必要なもの

・分娩、入院費用(現金・カード等) ・印鑑 ・赤ちゃんの服 ・おくるみ ・お母さんの帰る服 ・靴 ・お化粧品 ・チャイルドシート

退院時はまだ体調も万全ではないので、お腹をしめつけないゆったりした服装がいいと思います。赤ちゃんのお洋服も、季節に合わせて必要な物をそろえてください。私はチャイルドシートを早くから購入していたにも関わらず、車に設置するのを忘れて退院を迎えてしまいました。結局退院後、自宅まで抱っこで帰ることになってしまいました。

忘れないように早い段階からチャイルドシートは車に設置することをおすすめします。入院費用ですが、現金で支払う場合は予算より少し多めに準備しておくといいと思います。貧血で注射をしてもらったり、体調が優れず長めに入院となった場合など費用が増える場合があります。何があってもいいようにしておきましょう。

まとめ

初めての出産でわからない事があるのは勿論なのですが、2人目、3人目の出産であっても「以前どうしてた?」「すっかり忘れちゃった」との意見を多く聞きます。出産は痛みも伴うものですし、何より赤ちゃんが生まれるとっても大切な出来事ですよね。

少しでも不安が解消されるように、出産に備えて準備をしっかりしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました