就活面接で緊張して話せない!失敗しないための対策マニュアル

人間関係 社会

スポンサードリンク




就職活動するにあたってみなさん「面接」という壁にぶち当たると思います。最近では、高校や大学でも推薦での合格者が増えてきました。

以前は「学力重視」の学校や職場が多くありましたが、現在はまず「人柄」「コミュニケーション能力」をみるのだとか。最近はネット依存の若者が増えてきており、直接「人 対 人」で会話をするのが苦手な人が増えているようです。

最も企業側が欲しいと思う人材はコミュニケーションが取れ人間性のある人なんです。

「就活面接で失敗したくない」と思う気持ちはみなさんあると思います。初めて会う人と会話をし、自分をより良くみてもらいたいと思えば思うほど緊張してしまうんですよね。でも、緊張するのは当たり前です。何が大切かというと、緊張して話せない。でも大丈夫。失敗しないために事前準備をしておけばいいのです。

そこで今回は、緊張をほぐすコツと、失敗しないための対策マニュアルをお伝えしようと思います。

面接での緊張をせずに済むほぐし方のコツを覚えておこう!

 

ほぐし方のコツ前日にすること

1)寝る前に温かい飲み物をのんでおこう

おすすめはホットミルクです。体が温まると、体の中の副交感神経が働きはじめます。

そうすると脳がリラックスした状態になり、脳も身体も休息できます。

2)温かいお風呂に入る

こちらも飲み物と同じで体を温かくすることに意味があります。

あまりに熱い温度だと逆効果になるので、40~42度の適温で入浴しましょう。

なるべくシャワーをするより湯船に浸かりましょう。

3当日にあたふたせずに済むように用意は済ませておく。

交通機関の時刻表などを確認しておくだけで脳がほぐされて落ち着いてきますよ。

ほぐし方のコツ当日にすること

 

1)いつでも飲めるようにリラックスできる飲み物を常備しておく。

よくハーブティーやコーヒーがおすすめと聞くことがあると思います。

実際にハーブティーには鎮静作用があり精神を落ち着かせたりイライラしなくなるなどの効果があります。コーヒーも、カフェインが入っておりリラックス効果があったり、香りのリラックス効果も期待できます。

ですが、何が一番効果的かというと、自分の一番大好きな飲み物が効果があるんです。どんな飲み物でも大丈夫。自分がいつも飲んでいる飲み物を常備しておきましょう。

面接は特殊な時間だから緊張するのです。普段通りに同じ飲み物を飲んで緊張をほぐしましょう。

 

2)手のひらをマッサージする

手には緊張が和らぐツボがいくつもあります。

スポンサードリンク

ツボをわざわざ覚える必要はありません。手のひらなら、立っていても座っていても直前に手を触る事が可能ですよね。自分で気持ちがいいなと思える場所を押してあげる事でリラックスできます。

マッサージが得意な人なら、首や頭など押してあげると更に緊張がほぐれますよ。

就活面接失敗しない人になる対策マニュアル

さて、緊張をほぐすコツはお伝えしました。

次は終活面接で失敗しない人になるための対策をお伝えしていきます。

面接で緊張している人がほとんどだと思います。

初めに「今日は少し緊張していますが、よろしくお願いします」など、自分の今の感情を伝えるのもポイントです。

 

1面接でよく聞かれる質問をあらかじめ練習しておく

話せないのは、練習不足。どの企業でもよく聞かれる質問があります。

最低限答えられるようになっておきましょう

  • なぜ当社にしようと思ったのですか?
  • 前職を退職した理由はなんですか?
  • もし採用された場合、いつから出社できますか?
  • 仕事をする上で大切にしていたものはなんですか?
  • 他の企業も同時に面接をしていますか?

全ての質問の回答を暗記する必要はありませんが、どんな言葉であれ一生懸命に伝えようとしている姿を見せる事が出来れば大丈夫です。緊張して言葉が詰まったとしても、時間が空いても大丈夫、最後まで一生懸命に話す事が大事です。

 

2遅刻は絶対にしない

どれだけ面接で良い結果が出せたとしても、遅刻をしてしまったらアウトです。受かる事はありません。控室で寝てしまったり、スマホでゲームをしているのも論外です。面接時以外での姿も企業側はみています。「人として」しっかりしている姿をみてもらいましょう。

 

3服装や髪軽など、清楚に見える格好をする

身だしなみは大人のマナーです。前髪で目が見えない等、不潔に見えない格好でいきましょう。

さて、面接で緊張しない、失敗しないコツはなんとなくわかりましたでしょうか?

何より、コミュニケーションが求められる時代です。うまく話せないということが無いように、できるだけきちんと会話ができるように事前準備をしっかりしていきましょう。そして相手の目をみて会話が出来るかも重要になってきます。人と目を合わす事が苦手な場合は、相手の耳や鼻を見るだけでも大丈夫ですよ。

そして、楽しそうに話をすることも重要です。笑顔でいる人に対して嫌悪感を持つ人はいませんよね?下を向いて会話をするよりも相手の目をみて楽しそうに会話が出来れば満点です。事前準備をしっかりし、リラックスして就活面接に挑めるよう、自分にあった緊張をほぐすコツを覚えていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました