あなたの家計簿は大丈夫??お金が貯まる家計簿の使い方をご紹介!

趣味 住まい 暮らし

スポンサードリンク




家のお金の流れを知り、お金を貯めるためには、まず、家計簿をつけないと!と思っている方は多いものです。その証拠に、新しい年が始める時期などは本屋さんに家計簿コーナーが特別に設けられているのをよく目にします。

家計簿をつけると、貯金が貯まるはずなのに、私はお金が貯まらない…

と思っている方、実は、家計簿の利用の仕方を間違っているかもしれませんよ。家計簿は、家のお金の流れを記入し、記録するものであると考えている方は、考えを変える必要があります。確かに、お金の流れを記入し、記録することには間違いありませんが、家計簿の本来の目的は、お金の流れを知り、無駄を見つけ、省くということなのです。

記録して終わりなのではなく、何にお金がかかっているのか、家のお金の中で、削れるものはどこにあるのかということを知ることが、家計簿をつける、一番の理由です。今回は、家計簿をパソコンで管理するという人のために、おすすめの使い方を紹介します。

また、家計簿をつける理由を紹介していきますので、参考にして下さい。

パソコンで家計簿なら!エクセルの無料テンプレートがおすすめ!

 

本屋さんに行くと、かわいいキャラクターの家計簿や、便利な機能が付いた家計簿など、様々な種類のものが販売されています。家計簿をつけるのが初めてという方や、どのようにつければよいのか全く分からないという方は、本屋さんの家計簿を購入するのも良い方法です。

しかし、せっかくお金を貯金しようと思っているのに、家計簿にお金を使うなんてもったいないと思いませんか?家にパソコンがある方は、ぜひ、利用してください。今販売されているパソコンには、エクセルがたいてい組み込まれています。

エクセルは表計算などの数字に強いソフトなので、家計簿をつける時も、とても役に立ちますよ。自分で、プログラムを作ることができる方は、自分の好みの項目を作り、管理しても良いと思います。しかし、それが難しいという方は、無料でダウンロードすることができる、テンプレートを使用することをおすすめします。

初めのうちは、テンプレートの項目に従って記入し、慣れてきたら、自分のオリジナルに変更していくこともできます。エクセルは、あらかじめ、足して欲しいセル、引いてほしいセル、平均を示すセルなどを決め、設定しておくことによって、一回一回計算して入力しなくてもよいという利点があります。

合計の金額を出すのに、計算機で計算して記入するという手間がなくなります。家計簿をつけるのは、だんだん面倒くさくなってきますよね。そのようにならないため、手間は、なるべく省くことが大切です。お金の流れを知るためには、継続するということが重要です。

スポンサードリンク

最近では、アプリの機能がより進化していて、より気軽に簡単に家計簿が作れます。無料アプリがいくつか出ています。昨日もしっかりしていて銀行口座の入出金、残高管理やクレジットの管理、電子マネー、ポイントの管理、領収書は写メで撮影して管理・・・などなど進化が凄いです。

細かく知りたいのであれば、アプリで簡単な家計簿の管理で良いのであればエクセルの表計算に任せておけば大丈夫だと感じまでます。

 

家計簿は必要?つけるべき理由とは?!

 

私は、現在、家計簿をつけていません。結婚したばかりのころ、収入と支出の流れが分からず、何にいくら使えるものなのかが分かりませんでした。そのため、とりあえずお金の流れを知らなければいけないと思い、家計簿をつけ始めました。

細かく、一日に使ったお金を毎日記入し、一週間の集計、一か月の集計を出していきました。そのように家計簿をつけ続けて1年ほどすると、毎月のお金の流れがだいたい分かるようになったのです。そこから、毎月の食費、貯金額などを決めていきました。

無駄な保険や携帯の料金の見直しなども行いました。そこが決まれば、あとは、家計簿をつける必要はないと思い、やめてしまいました。家計簿をつける目的は、お金の流れを知り、様々な予定額を決めることなので、その目的を果たしたら、つける必要はないと考えたからです。

しかし、ずっと同じ金額で生活することはできません。家族が増えた際、食費などの見直しが必要であると考えました。そのため、子供が生まれた時に、改めてもう一度家計簿をつけました。このように、家のお金に何らかの変化があった場合(収入が増えた、減ったなど)は家計簿をつけ、見直す必要があると思います。

このようなことから、私は、意味のある家計簿であれば、つける必要があると思います。しかし、ただ、記入するだけの家計簿であれば必要ありません。どのような目的で家計簿をつけることによって、家計簿に初めて意味が生まれるのです。

まとめ

 

家計簿をつける場合、本屋さんなどで購入する方が多いです。しかし、家のパソコンにエクセルが入っていれば、簡単に家計簿をつけることができますよ。項目はなるべく簡単に、自分が分けやすいようにすると良いでしょう。自分で項目などを決めるのが難しいという方は、ぜひ、無料のテンプレートを使用してみてください。

慣れてきたら、自分が使いやすいようにアレンジしてみても良いでしょう。項目は多すぎると億劫になりますし、少なすぎると、お金の流れが分かりにくくなってしまいます。そのため、自分の使いやすい家計簿の項目を設定することがとても大切になります。あまり神経質になりすぎず、お金の流れを知るきっかけとして家計簿をつけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました