共働きなのに家事を分担しない夫?!夫を家事ができる男にする方法とは?!

趣味 住まい 暮らし

スポンサードリンク




近年、結婚しても仕事を続けている共働きの家庭が多くなってきています。私もその中の一人です。結婚しても自分の居場所、社会とのつながりが無くなるのが嫌で、仕事を続けていました。しかし、結婚してみると、理想と現実のギャップに愕然としたのです。

家のことで行わなければいけないことが本当にたくさんあることに気付いたのです。家事って、こんなに大変なの?仕事で疲れているのに!夫は結婚当初、家事をしないタイプの男性でした。

そのため、私の不満は溜まる一方!そんな時、ある方法を試したところ、夫が家事に協力的になり、生活が楽になりました。家族は、運命共同体だと思います。女性だけがきつい思いをするなんておかしいと思うのです。夫婦が協力することで、お互いが幸せになれるのなら、そんなに素敵なことはないと思います。

今回は、私の夫が家事に協力的になった方法を紹介していきます。

夫の家事をやり直すのはNG⁉やる気を出させる!言葉と行動‼

 

女性の社会進出が進んでいるにも関わらず、いまだに家事は女性の仕事だと思っている男性は意外に多いものです。そんな男性に家事を分担させるのはなかなか難しいと思われるのではないでしょうか。確かに、男性にもプライドがありますので、頭ごなしに強制してしまうと協力してくれなくなります。ここは女性がうまく夫を乗せていくことが大切なのです。

まずは、気を付けて欲しい、NG行動、NG言動について紹介します。言ってはいけないNGワード、使ってしまっている方は実は多いのではないでしょうか。なんでこんなこともできないの?時間がかかりすぎ、私がした方が早い!もっと丁寧にして!

このように男性のプライドを傷つけるような言動は絶対NGです。慣れないことをするときは、だれでも時間がかかりますし、へたくそにもなります。そのことを責めるような言動は避けた方が良いと思います。また、夫が一度終わらせた家事をもう一度夫が見ている前でやり直すような行動もNGです。

気になる場合は、夫に見つからないように、夫が気付かないように手直しをしてください。夫に家事を分担してもらうためには、いろいろと気を遣う必要があるのです。

家事を上手に分担する方法とは?

 

家事を上手く分担するには、とにかく、相手のことをほめることが大切です。少しでもほめるところを見つけて、少し大げさなくらいほめてください。男性はプライドが高い一面もありますが、実は単純な一面もあるのです。そのため、ほめられると、喜んでいろいろなことをしてくれるようになります。

スポンサードリンク

また、家事を分担するといっても、いきなり難易度の高い家事から行ってもらうのは失敗のもとです。まずは、簡単な家事から挑戦してもらい、成功体験を増やしていくことで、だんだん難易度をあげていくことができるのです。

簡単な家事というと、お風呂洗いや食器洗いですよね。そこから、掃除、洗濯、料理というように、難易度をあげていくことが大切です。また、夫の得手不得手をしっかりと考えてから、家事をお願いしていきましょう。

 

私が実践し、成功した例をご紹介!

 

始めに書いたように、私も結婚後、仕事を続けていました。恥ずかしながら、結婚するまで実家暮らしで、家事はすべて親任せ、洗濯すら自分でしたことがありませんでした。そんな私が結婚後、家事と仕事の両立を始めたのです。

当然、うまくいくわけがありません。夫は、家事をするような人ではありませんでしたので、一人で頑張っていました。そんな中、私の中に、なんで私ばっかり…という思いが湧いてきました。そうなると、家事をしない夫に不満が出てきてしまい、機嫌が悪くなる日が増えてきました。

そんなある日、夫の一言に私の心が折れたのです。それは、手伝おうか?というものです。手伝うってことは、家事は私の仕事だと思っているの?二人でするものではないの?ここで、家事に関して二人の間に大きな考えの違いが露呈したのです。

それから、二人で話し合いを始めたのです。自分一人では家事と仕事の両立が難しいということを伝え、協力して生活してほしいということをお願いしました。夫も理解してくれたようでした。

しかし、生活を急に変えることは難しいものです。私の失敗は、結婚生活が始まった時、頑張ってなんでも自分一人でしてしまおうとしたことだと思います。頑張ってこなしていたため、夫も、できるんだと勘違いしてしまったのです。

はじめから出来ないことはできない、きついことはきついと言っていれば、こんなことにはならなかったのではないかと思います。協力してほしいと言ったばかりのころは、何事もうまくいかず、時間がかかってしまっていました。

しかし、洗濯をきれいに干してくれたときや、洗いものをきれいにしてくれた時など、少し大げさに思えるほど、助かっていることを伝えました。そうすると、率先して色々なことをしてくれるようになったのです。

 

まとめ

 

家事の分担は、共働きの夫婦にとって、とても大切な問題であると思います。私の場合、夫に正直に自分がきついことを伝え、協力をお願いするという形で、解決しました。また、女性が賢く、男性を上手く乗せることで、意外と男性は気持ちよく家事をしてくれるようになると思います。

今、仕事と家事の両立で大変な思いをしている方がいるのであれば、夫に相談するのも一つの方法ではないでしょうか。協力して家事ができると、気持ちも楽になると思います。

タイトルとURLをコピーしました