つわり気持ち悪くて眠れない。この気持ち悪さはいつまで続くの?

妊娠・出産

スポンサードリンク




妊娠して嬉しい気持ちも束の間。何となく気持ちが悪いかも…これってつわりなの⁉初めての妊娠で不安の中、つわりがいつから始まっていつごろ終わるのか気になりますよね。つわりは、妊娠初期に胎盤からhcgというホルモンが分泌されることが原因のひとつとされています。

 

一般的につわりは妊娠5週目から6週目ころから始まり、妊娠12週目から16週目ころまで続くと言われています。早い人では妊娠4週目でつわりの症状が出る人もいるようです。つまり始まりが早い人では3ヶ月くらいつわりに苦しむ可能性があるということになります。中にはつわりが全くなかったという人や産まれる直前までつわりに悩まされたなんて人もいるようです。

 

つわりは一人目より二人目は軽い⁇個人差あります。重い人の特徴は?

先ほど説明したようにつわりは平均的には妊娠5週目から妊娠16週目ころまであると言われていますが、つわりの期間も症状も非常に個人差が大きいものになっています。

実は、私は意識するほどつわりは重いものではありませんでした。

「母親のつわりが重かったら娘も重い」などと遺伝説もあるように言われていますが、私にはそれは当てはまりませんでした。

他にも冷え性の人や運動をしていない人、生理が重いとつわりも重いなどとも言われていますが、結局のところつわりについて医学的にはまだ解明されていないのが現状です。

一人目より二人目が軽かった方、二人目が重かった、両方とも軽かった、重かった方と体験に個人差があるようです。

症状についても、何か食べていないと気持ち悪くなる人や全く食べ物を受け付けない人、特定の食べ物しか食べられない人とさまざまです。

しかし、お腹の中に赤ちゃんがいて体に大きな変化があるのはどんな人にも共通していることです。

つわりが重い場合は無理せず体を休めてください。

またつわりが軽いからと言って普段通りの生活を送ったりせず、食事や歩くスピードなどお腹の赤ちゃんに気を遣いながら生活しましょうね。

つわり辛い!乗り切る方法はあるの?

つわりの重さや症状に個人差が大きいように、つわりを乗り切る方法も人それぞれです。

まず外出先ではお手洗いの位置を確認するようにしましょう。

場所を知っているだけで多少は安心できるものです。

万が一のためにビニール袋にティッシュを敷いたものを用意しておくといいでしょう。

しかし残念ながら確実につわりをなくして楽になるという方法はありません。

気休めではありますが、つわりが重かった友達につわりを乗り切った方法をいくつか聞いてみたのでご紹介しますね。

 

まずは飲み物。

・ポカリスエットなどの清涼飲料水

・炭酸水

スポンサードリンク

つわりの吐き気を抑えることができたようです。

炭酸は口の中がさっぱりして、胃の不快感を取り除く効果があったそうです。

飲み物は、吐いてしまったときでも手軽に水分補給ができて便利ですよね。

一方で、ポカリスエットの飲み過ぎで血糖値が高くなってしまったことがあるようなので注意が必要です。

糖分の摂り過ぎで妊娠糖尿病になり、早産や流産のリスクが高まることがあります。

 

次に食べ物です。

・酸っぱいもの

・辛いもの

妊娠と言えば定番の酸っぱいものですが、やはりつわりに効果はあったようです。

コンビニに売っている酸っぱいグミなどを食べて気持ち悪さを解消していたようです。

また辛いものは、妊娠中に食べられる数少ないものだったそうです。

妊娠中に辛いもののような刺激物を摂るとお腹の中の赤ちゃんに影響があるのでは?と心配になりますが、悪影響を及ぼすことはないので安心して食べてください。

しかし、食べ過ぎは体重増加やお腹が痛くなったりもするので分量はほどほどにしておいてくださいね。

 

最後は気分転換で乗り切る方法です。

・散歩

・美容院や映画

家の近所を散歩したり、旦那さんとカフェでゆっくり過ごしたそうです。

つわりのピーク時はなかなか外出する勇気が出ないですが、つわりが少し落ち着いたら公園でのんびりするのもいいですよね。

赤ちゃんが産まれると美容院に行く時間も限られてくるので、美容院でトリートメントなどをして自分磨きをするのもおすすめです。

美容師さんに妊娠していることを伝えて、気分が悪くなったり体勢が辛くなった場合は無理せず休ませてもらいましょうね。

映画を見に行くことも気分転換になっていいですよ。

その場合は必ずトイレの場所を確認し、出入り口に近い席に座るようにしましょう。

 

いくつかつわりを乗り切る方法を挙げましたが、やはり全員が絶対楽になるというものではありません。

参考にして、自分なりのつわりを乗り切る方法を見つけてみてください。

 

まとめ

待ち望んだ妊娠なのにつわりがこんなにツラいなんて知らなかった!

つわりの辛さと妊娠によるホルモンバランスの乱れでついつい周りに当たってしまうこともあると思います。

しかし終わりのないつわりはありません。

赤ちゃんに栄養を届けなきゃと焦らずに、食べられるものでかまわないので少しずつ口にしてください。

そして辛くなったときは必ず産婦人科で相談し、旦那さんやご両親にも協力してもらいましょう。

どうか無理だけはしないでくださいね。

元気な赤ちゃんが産まれますように!

タイトルとURLをコピーしました