「災害時に役立つ知識を紹介!意外に活躍する必要なものとは」

趣味 住まい 暮らし

スポンサードリンク




日本で生きる限り、地震災害は避けて通ることができません。また、地震のほかにも台風、津波、土砂崩れなどの自然災害はいつどこで起きてもおかしくはなく、発生場所、規模、時期は様々であり科学技術が進んだ現代でも予測不可能なものがほとんどです。

 

自然災害がいつ起きても対応できるように日頃から防災に関する知識を深め、一人一人が備えておくことは不要な二次災害をおこさないためにも非常に重要な事となります。防災グッズのセット一覧など、災害時に必要なものリスト等をよく見かけますが今回は災害が起きた時に役立つ知識のひとつとして、ストに載っていないこともある意外と役に立つグッズや品物をピックアップしてご紹介したいと思います。

 

 

災害時に必要なものとは?経験してわかった便利なもの

 

大きな災害を経験すると、日頃何気なく使っているもののありがたさが身に染みてわかるようになります。例えば電気・水道・ガスなどの生命を維持するライフラインや携帯電話、スマホなどの通信手段などです。

 

電線が切れることによって比較的簡単に停電は起こってしまうため、水道やガスに比べると電気は止まりやすいと言えます。自宅に自家発電ができるソーラーパネルやつくった電気をためておける蓄電池・蓄電装置を備えておくといざという時も役に立ちます。最近は車に電気を充電しておくこともできたりしますね。

 

水道が止まると、飲料用・調理用としての水のほか、トイレや洗面などの生活用水が使えなくなってしまいます。断水時にも対応できるように未開封のペットボトルの水を余分に備蓄しておくほか、雨水などを溜めておける貯水タンクなどを用意しておくのもおすすめです。

 

ガスが止まってしまうとお湯をつくったり、食料を温めることが難しくなってしまいます。こういった場合に対応できるように、場所を選ばず持ち運びができるカセットコンロと、コンロで使えるガスボンベを複数本準備しておくと役に立ちます。

 

また、安否確認のための通信手段の確保も重要になります。携帯電話やスマホが通じる場合は比較的連絡は取りやすいですが、通信会社のシステムトラブルや通信網の混乱が起きていたりすると家族間の安否確認も難しくなります。

 

さらに、停電時は携帯電話やスマホのバッテリー残量も気になってしまって電源を切っておく方も多いので、限られた時間の限られたアクションでお互いに連絡が取れるように、予め連絡手段や安否確認方法は家族間で事前に打合せをしておくことが重要になります。

 

また、携帯電話やスマホのモバイルバッテリーを防災グッズと一緒に準備しておくこともおすすめします。災害時は充電ができない状況も考えられるので、コンセント充電式のモバイルバッテリーよりも電池充電式のモバイルバッテリーの方が役に立つ傾向にあります。

 

 

知って得する意外な災害時に必要なものリスト

 

災害時に必要なものを準備するときは、災害が起きて避難する際に家から持ち出すものと、持ち運びが難しいため家に備蓄しておく防災グッズと予め分けて置いておかなければなりません。避難時に持ち出す防災グッズはカバンにひとまとめにしておき、就寝中でもすぐに手に取れるように枕元に置いておくか、玄関などに置いておくと持ち出しやすいです。

スポンサードリンク

 

持ち運びをせず、家に備蓄しておく品物は一時避難後、復旧までの数日間をしのぐ目的で準備するものです。ですので、災害が落ち着いてから取りに行けるように、家の収納・押入や倉庫・物置、また車の中などに分散させて備えておくのも賢い方法です。海抜が低い土地など、水害を受ける可能性のある地域にお住まいの方は、家の2階の収納部分に備蓄品を置いておくなど、置き場所も考慮しておくと安心です。

 

避難時に持ち出す防災グッズに関しては食料、飲料水、携帯トイレなどのほか意外なものとして、10円玉、保険証のコピー、古い眼鏡、薬(処方箋の控え、お薬手帳のコピー)などを一緒に準備されることをおすすめします。

 

10円玉は現金として複数枚入れておくと良いです。これは、スマホや携帯電話の通信網が混乱している場合に公衆電話を利用するためです。

 

保険証のコピーは避難中に何か怪我や病気をした際に保険証原本が紛失等で無くなってしまっていても保険者番号が分かるため持っていた方が良いもののひとつとなります。

 

医療関係では、常備薬も防災グッズのカバンの中に入れておきたいもののひとつです。処方箋の控えや、お薬手帳のコピーも一緒に持っていれば避難先で初診の医療機関にかかっても薬の処方がスムーズに進む場合があります。

 

古い眼鏡は、現在使っている眼鏡の前に使っていた眼鏡という意味です。自分の視力に合わせてつくった眼鏡は貴重な品で変えが効かないものですので、買い換えた時には古い眼鏡を捨てず、防災グッズの中に入れておくようにしましょう。また、災害時は洗浄液などが手に入りにくいのでコンタクトレンズの装着は避けた方が無難です。

 

家に備蓄しておく防災グッズは買い置きしてある飲料水やトイレットペーパー、レトルト食品などが思い浮かびますが、意外な品としてはノンアルコールタイプのウェットティッシュ、食品保存用のラップフィルムなどがあります。

 

ノンアルコールタイプのウェットティッシュは赤ちゃん用などに多い商品ですが、肌に優しくツンとした匂いもせず、刺激が少ないということで高齢の方などにも使いやすいものとして備えておくと便利です。

 

食品保存用のラップフィルムは食器の上に敷いて洗いものを出さないようにしたり、包帯の代わりとして傷口を巻くことにも利用できるなど、幅広い用途で使うことができるので普段から余分に買い置きしておくと、いざという時に助かります。

 

 

まとめ

 

今回は災害が起きた時に役立つ知識のひとつとして、意外と役に立つ防災グッズや備えておく品物をピックアップしてご紹介しました。

 

自然災害がいつ起きても問題なく対応できるように日頃から防災意識を高め、備えておくことが必要です。それが家族や身近にいる大切な人、さらには自分自身の命を守ることにつながります。各個人が災害に備え暴動などパニックになるような二次災害を起こさないため、また自分自身が不要な二次災害に巻き込まれない為にも災害に対する知識を深め、事前に準備をしておきましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました