シーリングライトで部屋がおしゃれに!北欧テイストのアレンジ方法

趣味 住まい 暮らし

スポンサードリンク




自宅の部屋をおしゃれにしたいと思ったとき、まずソファやテーブル、ラグなどの組み合わせやコーディネートを思い浮かべる方が多いと思います。この時考える部屋のコーディネートで意外と忘れがちなのが天井に付いているシーリングライトです。

 

賃貸住宅などの場合、天井に付けられた乳白色のカバーのままのシーリングライトをそのまま使い続けているという方も多いのではないでしょうか。シーリングライトひとつ変えることで、照明器具のデザインが変わることによる部屋のイメージの一新だけでなく、夜の部屋の印象を大きく変えることができます。

 

今回は、シーリングライトを新しくする際のコーディネートのコツや照明器具の選び方、さらには部屋を一気におしゃれにするアレンジ方法をご紹介したいと思います。

 

照明器具シーリングライトをおしゃれにする選び方とは⁉

 

もともと、日本の住宅の天井によく見られる乳白色のカバーが付いたシーリングライトは日本の高度経済成長期に量産された住宅の間取りに合わせて付けられた量産型の照明器具の名残りとなります。

 

日本の高度経済成長期の量産型住宅では、部屋を一定の均質な明るさにするために、天井のだいたい中央部分に照明器具をひとつ配置し、部屋全体を一様に照らすのが最も経済的で効率が良い方法とされ、全国的に普及してきました。

また、欧米の住宅に比べて天井高の低い日本の住宅では形状が平たく薄い照明器具が選ばれる傾向にありました。その名残りが現在も使われるシーリングライトの形状となります。

 

しかし、現代では吹抜けや天井高の高いリビングやダイニングをもつ住宅も増え、スポットライトやシェード付きのペンダントライトを取付けることにも違和感がない住宅も増えてきています。また、シーリングライトの明るさは抑えめにしておき、間接照明などの補助照明で部屋の雰囲気をつくるインテリアコーディネートも馴染のあるものになってきました。

 

ちょっと古い印象をもつ、ごく普通のシーリングライトから照明器具を取り換えて部屋を気軽におしゃれにする場合、北欧デザインの照明器具を取り入れる方法が簡単でおすすめです。北欧デザインは軽やかな素材やフォルムのものが多く、日本の一般住宅にも合わせやすい商品が数多くあります。

 

北欧デザインの照明器具では、ナチュラル系のウッド調や、照明の陰影がきれいなシェードなどのペンダントライトの種類がかなり豊富にあります。シーリングライトの取付口に合うペンダントライトを選び取りかえれば一気に部屋の雰囲気を変えることができます。

 

ペンダントライトといっても、サイズは100Wタイプの白熱電球の大きさとさほど変わらない小さめのものから直径40cm以上の、ひとつ飾ると十分存在感の出る照明器具まで様々なものがあります。天井高やその部屋の用途によってぴったり合うものを探しましょう。

スポンサードリンク

 

価格帯は数万~数十万程のデザイナーズ照明も見られますが、ノーブランド品やジェネリック家具などを上手に選ぶことで費用は数千円程度に抑えることも可能です。最近ではLEDの照明器具の種類も豊富になり、シーリングライトに代わるおしゃれで尚且つ省電力なペンダントライトや照明器具を探すことができるようになりました。

 

LED照明の場合、省エネで電気代が安いことも魅力的ですが、白色~オレンジ色など照明の色温度を自由に選ぶことができたり、明るさを変えられる調光機能を付けられるものが多いことが良い点です。

 

昼と夜で部屋の使い方を少し変えたい場合など、予めリモコンで調光できるような照明器具を選んでおくと部屋での過ごし方や、シーンによって部屋の表情を自在に変えられるのでおすすめです。

 

間接照明で快眠!寝室におしゃれで効果的な置き方とは⁉

 

シーリングライトをわざわざ取り換えずに部屋をおしゃれにアレンジしたい!という場合は、乳白色のカバーをそのまま残し、器具の中のランプのみ交換する方法もおすすめです。

 

白い色のランプからオレンジ色のランプに取り替えるだけでも部屋全体を柔らかい印象にできます。オレンジのランプはリラックス効果があるためリビングやトイレなど気分を落ち着かせたい空間におすすめです。

 

逆に、オレンジ色から白色のランプに切り替えればクールで明るい、涼しげな印象の部屋にすることができます。

白い照明は目を覚まさせ、集中力を上げることにも効果がありますので、勉強机が置いてある子供部屋などにもおすすめです。その他、シーリングライトはそのまま取り換えず、間接照明やフロアランプなど補助照明を取り入れることもおすすめします。

 

天井から照らされる照明よりも、足元など下から明るさを得られるフロアライトや、壁面などに反射して照らされる間接照明の方が、部屋の雰囲気はぐっと落ち着いた、大人っぽい印象のムーディなものにできます。間接照明は目に光が直接入りにくいので、目の疲れも軽減できます。

 

深い睡眠を得るために照明の光が直接目に入らない方が良い寝室などでも、フロアライトや間接照明はおすすめできます。

 

 

 

まとめ

 

今回は部屋のシーリングライトを新しくする際の選び方や照明器具のコーディネート、アレンジ方法についてご紹介しました。

 

シーリングライトひとつ変えることで部屋の印象を変え、おしゃれな空間を実現することができます。ぜひ、あなたもソファやテーブルなどの家具類やカーテン、ラグなどのインテリアファブリックと一緒に照明器具のコーディネートにも挑戦してみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました