寝る前にヨーグルトを食べるとお肌に効果抜群!

美容と健康

スポンサードリンク




大ヨーグルトをあるタイミングで食べると、色んなメリットがあることを知っていますか!?

朝?昼?夜?正解は夜です!

寝る前(2~3時間前)に、糖分を抑えた100g~200gのヨーグルトを摂取する!23時に寝る予定であれば、20~21時頃食べると良いということですね。そうすることで、腸内環境を整えたり美肌効果をより期待できます。

今日から夜ヨーグルト習慣を始めてみませんか!?

寝る前にヨーグルトを食べると太るのは本当⁉

 

ヨーグルトはとても栄養豊富な食品です。よく耳にする乳酸菌は整腸作用、美肌効果、免疫力を高める効果があります。他にもたんぱく質、脂質、炭水化物、カルシウム、ビタミンB2など・・・。体に必要な成分をたくさん含んでいます。せっかくなら効果を最大限に活かしたいですよね。

その為には、ヨーグルトを夜に食べることが重要です。意外かもしれませんが、1日の中で最も活発に腸が働く時間帯は午後10時~午前2時なのです。更に、寝る前は胃酸の分泌が弱まっているので、乳酸菌が死滅することなく腸に届けられます。よって、体にとって夜ヨーグルトを食べることが最適なのです。

しかし、夜に食事をすると太るというイメージありませんか!?

はい。答えは残念ながらYesです。

朝と昼は仕事などで人は活発に動きますが、夜はゆっくり寝るための準備をしますよね。すると、消費カロリーが少なくなり、食べた分のエネルギーは使われずどんどん蓄えられてしまうのです。しかも夜は食べたものの吸収率が高く、脂肪が溜まりやすくなります。

寝る前にヨーグルトを食べると良い効果がある一方で、太りやすいことも事実なのです。ではどうすれば1番良いタイミングである夜にヨーグルトを食べられるのでしょうか!?答えは簡単です!

食べる量を調節すれば良いのです。

寝る前には100~200gの無糖ヨーグルトを食べるようにしましょう。

加糖のヨーグルトだとカロリーが高く、太りやすくなってしまします。

無糖は甘くないしちょっと…という場合、私のおすすめは、はちみつを少しかけて食べることです。味が美味しくなることはもちろん、はちみつに含まれているオリゴ糖は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、善玉菌の増殖を助ける働きを持っているので、相性ばっちりなのです。

ヨーグルトの量と種類を工夫することで、効果を最大限に活かしましょう。

寝る前のヨーグルトで肌が綺麗になった!便秘改善‼

 

ヨーグルトを食べると肌が綺麗になったという話を聞いたことはありませんか!?ヨーグルトにはビタミン類が豊富に含まれています。例えば、

ビタミンB6…肌荒れやニキビを治す

ビタミンC…コラーゲンの生成を補助する

ビタミンE…抗酸化作用あり

ヨーグルトを食べるだけでたくさん肌に良い成分を摂取出来るのです。また、便秘の時、肌荒れしたりニキビが増えたという経験はありませんか!?

スポンサードリンク

美肌を目指すためには腸内環境を整えることが重要で、肌荒れ、ニキビを予防します。ヨーグルトこそ最適な食品なのです。便秘で腸に便や老廃物がとどまってしまうと悪玉菌が増え腸内環境は悪化。それによって発生した有害物質が肌荒れを引き起こします。

ヨーグルトは悪玉菌を減らし、腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やしてくれます!老廃物を溜め込まず、便秘が解消されることで肌も綺麗になるのです。

もう1つ美肌効果が得られる理由の一つに、ヨーグルトがもたらす安眠効果があげられます。寝る前にホットミルクを飲むとほっとして眠りにつきやすいですよね。同様に、ヨーグルトに含まれるカルシウムは神経の安定や不眠をやわらげる成分とされています。

美肌には質の良い睡眠がかかせません!

 

ここまで、ヨーグルトを食べることでその効果を得る方法を紹介してきましたが、体の外からケアすることでも美肌が期待出来ます。週に1度のヨーグルトパックを試してみましょう。作り方とパックの仕方はとても簡単です。

(準備するもの)

・プレーンヨーグルト

・小麦粉

・はちみつやオリーブオイル(なくても可)

※二の腕の内側などでパッチテストをしてください。

ヨーグルトと小麦粉を1:1でダマがなくなるまでよく混ぜます。はちみつまたはオリーブオイルがあれば少量加えます。この2つには、肌を保湿してくれる効果がありますがなくてもパックは可能です。10分放置したら、ぬるま湯でよくすすぎましょう。

・美白効果

ヨーグルトを食べる時、透明な液体が入っているのを見たことがありますよね。これは乳清と言い、シミやそばかすの原因であるメラニンを作る酵素の活性化を抑えてくれます。パックをすることで美白効果が期待できます。

 

・肌を清潔に保つ

乳酸菌は雑菌の繁殖を防いでくれます。

・毛穴の角栓を柔らかくしてくれる

乳酸菌にはプロテアーゼという分解酵素があります。これには角栓の成分であるタンパク質を柔らかくしてくれるので、毛穴の汚れを落としやすくする効果があります。

・ピーリング効果

ヨーグルトに含まれるフルーツ酸にはこのピーリング効果があります。古くなった角質が落ちやすくなります。美肌を目指すためには、内側からも外側からもヨーグルトを取ってみましょう。

まとめ

 

寝る前(2~3時間前)に無糖のヨーグルトを100~200g食べる習慣をつけることで、便秘解消や美肌効果、ニキビ予防をもたらしてくれます。種類によっては自分の体に合わない場合もありますので、しばらくしてもお腹の調子が悪いまたは便秘が改善されないなら他のヨーグルトを試してみてください。

自分に合うヨーグルトを見つけて、夜ヨーグルトの効果を最大限に活かしましょう。

タイトルとURLをコピーしました