親指の爪がでこぼこは不健康のサイン⁉隠されたツメの謎

美容と健康

スポンサードリンク




親指の爪がでこぼこは不健康のサイン⁉隠されたツメの謎

あなたの爪は健康ですか!?

実は、爪は健康状態をあらわすバロメーターなのです。

・横線

・縦線

・変色

外からの刺激や加齢によるものもありますが、

栄養不足やがんなど、体の不調が爪にあらわれることがあります。

 

バランスの良い食事や保湿ケアをすることで、

艶のある健康的な爪を維持することが出来ますよ。

 

早速自分の手足の爪を見て状態を確認してみましょう。

親指の爪の横線!縦線!一体原因は何なの⁉

 

爪はとても重要な役割を果たしています。

  • 指先に力が入るのは爪のおかげ

指の骨は途中までしかありません。

よって、もし爪がないと手足の指先はふにゃふにゃなのです。

これだと、小さい物を掴んだり、歩く時に力が入らず踏ん張りがきかないですよね。

爪があるからこそ私たちは生活出来ているのです。

 

  • 爪は指先を守ります

先程も申し上げましたが、指の先端には骨がありません。

指をぶつけてしまたり、ドアに挟んだりするともちろん痛いのですが、

爪があることによってこれらの衝撃から指を守ってくれます。

 

体の中で小さな爪ですが、日々とても大事な役割を担っているのです。

 

爪は「ケラチン」というたんぱく質からできた皮膚の一種です。

根元の半月部分にある「爪母(そうぼ)」という細胞によって

毎日爪は作られています。

1日0.1mm、1ヶ月に3mm伸び、健康な時ほど早く伸びます。

 

切った爪を見るとわかりますが、色は透明です

爪の下の真皮の「爪床(そうしょう)」にある毛細血管が透けて見えるため、

ピンク色に見えるのです。

 

そして、爪がこのような状態であれば健康であると言えます。

・透明感がある

・ピンク色をしている

・表面がなだらか

・艶がある

 

あなたの爪はどうですか!?よく見ると線が入っていたり、へこんでいたり…何かしら症状があればそれは体が不調であるサインの可能性があります。

 

  • 横線が入っている

爪の横線のことを爪甲横溝(そうこうおうこう)と言います。

栄養不足と爪への刺激が原因で、

横線は体調不良のサインです。

 

亜鉛や鉄分が不足していると横線が入ってしまいます。また、爪が生える根元の部分や甘皮を刺激すると、再生する時にでこぼこした爪が生えてきます。洗い物をする時の洗剤や化学薬品も刺激物になります。足の爪の場合、水虫になっている可能性があります。

そしてどの指に横線が現れるかによって、どの部分に異常があるのか目安にもなります。

 

・親指 → ストレスや過労

・人差し指 → 皮膚のトラブル

・中指 → 尿酸の排泄が鈍っている

・薬指 → 気管支や目の不調

スポンサードリンク

・小指 → 神経痛

 

 

  • 縦線が入っている

爪の縦線を爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)と言います。

主な原因は加齢と乾燥です。年を重ねると爪に十分な栄養が届かなくなります。特に亜鉛が不足していることが多いです。乾燥による縦線は冬に出やすく、水分や油分が足りていない証です。黒い縦線が入っている場合は、爪が衝撃を受けたか、皮膚がんの可能性があります。

 

他にも、

・爪の色が赤黒いと肝臓病やホルモンの異常

・二枚爪や、爪が反り返っている場合は貧血

・カビが生えたりや水虫だと爪が白く濁る

など、様々な症状があらわれます。

 

親指の爪がボコボコを解決!食事と保湿がカギだった!

 

表面を削ってしまえば一時的に爪は綺麗に見えますが、

体が不調ならいずれまた不健康な爪が生えてきてしまいます。

 

外側からも内側からも爪のケアをすることで、

健康的な爪を維持することが出来ますよ。

 

  • タンパク質、ビタミンA,鉄分、亜鉛を積極的に摂取する

・タンパク質

自爪の角質層を形成しているのはケラチンです。

このケラチンはタンパク質で出来ています。

タンパク質が含まれている食べ物は、肉・魚・大豆などです。

 

ビタミンA

ビタミンAは、肌や爪の乾燥を防いでくれます。結果、爪のヒビ割れや線が入りにくくなります。緑黄色野菜に豊富に含まれているので、ほうれん草やかぼちゃ、にんじんを多く摂るようにしましょう。ビタミンAは油と一緒に摂取すると効果的です。

 

・鉄分

爪の反りかえりを防ぎます。女性は生理で鉄分が不足しがちです。レバーや海藻、赤身肉などを意識して食べてみましょう。

 

亜鉛

亜鉛は爪の新陳代謝を良くします。牡蠣、大豆やうなぎにたくさん含まれています。

 

  • マッサージをする

意識をして指先をマッサージすると血行が良くなります。お風呂上がりにするのがおすすめです。爪が柔らかくなります。

 

  • 保湿する

ハンドクリームやネイルクリームを爪や周りに塗って乾燥を防ぎましょう。特にワセリンは保湿力が非常に高いのでおすすめです。これらを塗る前には必ず手を清潔にしてからにしましょう。汚れが残っていると保湿成分が浸透しにくくなってしまいます。

 

他にも、

・洗い物をする時にはゴム手袋を使用する

・先端が広めの靴を履く

・毎日同じ靴を履かない

なども心がけると良いでしょう。

 

まとめ

爪は意外と他人から見られているものです。男女関係なく、日々綺麗に保ちたいですよね。外からは刺激から守ったり、保湿をすることで、内側からは爪に良い栄養素をバランスよく食べることを意識してみてください。健康な爪と体を手に入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました