家事ができないのはうつのせい?

人間関係 社会

スポンサードリンク




今まで出来ていた家事が

最近しないことが増えた。

そう感じる旦那様、それは奥様からの大事なサインですよ!

 

家事はとてもマルチタスクな作業の連続なので、

脳が疲れてしまっていたり、うつ傾向があると

家事はできなくなってしまいます。

 

家事をせずにすぐソファやベッドに横になってしまうことが増えた、

家事をできないことで自分を責めている。

 

もしも大事な家族がそんな状況になってしまった場合は、

家事を代わってあげる、病院受診なども検討してみてください。

 

簡単なことなのに家事ができない?

 

家事は日々やらないといけない基本的な作業になります。

 

家族がいれば当然量も多くなりますし、

毎日使い捨て製品を使用しても、

ゴミ捨ての負担が増えたり、切っても切れない仕事ですよね。

 

例えば、洗濯作業は洗濯機に入れる前に

下のような確認をします。

 

・ポケットに何か入っていないか

・素材の色は他の製品と洗っても色移りしないか

・デリケート素材ではないか

・ごはん粒など取れるゴミがついていないか、

・予洗いが必要な汚れはついていないか

 

そして洗濯後の干す際は、

まんべんなく空気に触れるようにシワを伸ばす作業をしながら

取り込み時を考えて干します。

 

最後には洗濯機のゴミを取り除く作業もあります。

 

ただの洗濯の作業ですが、洗濯をするために

細かな確認が複数あり、常に頭を働かせて作業をします。

 

家事は洗濯だけではないので、

室内掃除や水回りの掃除など、複数あります。

 

そんな当たり前のようになっている家事ですが、

ただ体を動かす単純作業ではなく、常に頭を働かせながらやり、

なおかつお子さんがいれば子育ても同時進行と

マルチタスクな仕事なのです。

 

マルチタスクな作業というのは、

見た目とはかなり違ってとても疲れます。

 

毎日家事をしている家族が

「疲れた~」というのは

無理もない話ですね。

 

このマルチタスクの作業をずっと続けているだけでも

疲れてしまいます。

 

ですが何かをきっかけにして、

家事が溜まるようになってきた

ある日家事ができなくなったという場合は

うつ傾向が出ているサインだと思ってください。

 

私は、仕事でのトラブルが続いて精神的に疲労困憊していたところ、

家事が徐々に進まなくなっていくことを

実感していました。

 

最終的にはベッドから起き上がることができなくなり、

スポンサードリンク

心療内科で仕事が原因の適応障害と診断をされたことがあります。

 

適応障害はうつ病発症する前段階の状態といわれています。

 

多くの適応障害はうつ病へ移行するパターンが多いです。

 

脳の病気なので、

頭で考えながら作業する家事はとっても難しいことです。

難しいからやらないのではなくて、

やろうとして自分自身に指令を与えても

脳が理解できない状態です。

 

例えるならば気持ちが上の空な状態の時に、

勉強しようとしても頭に入っていかないような感じです。

 

元気な人であれば、気力との連携で乗り越えられるのですが、

病気を発症してしまうと気力と体力は連携しなくなり、

どんなに体を動かしたくても動かないです。

 

そのため、家事ができるかできないかは

重要な診断材料になります。

 

私は適応障害と診断後、会社を休職したのですが、

日常の家事がいつも通りできるようになるまで

時間がかなりかかりました。

 

日々家事が難なくこなせるようになるのを

回復している証拠と実感できました。

 

家事ができなくなったら病気かもしれない⁉

家族が最近、家事が進んでいないなど、

明らかな変化があるときは

可能であれば一旦家事から離れ、

休息期間を作るのが良いかもしれません。

 

うつ傾向な状態であれば旅行などに行くことで、

家事をしなければならない環境から離れると

気持ちもスッキリします。

 

旅行など家庭から離れることが難しいときは

家事代行サービスの利用や家族が交代するなど良いです。

 

最近はお掃除ロボットや、乾燥機能付き洗濯機など、

家事を助けるアイテムが多く出ているので、

家事負担軽減も一つの方法です。

 

私は旅行に行ける元気もないほど体調を崩していたので、

格安お掃除ロボットなどの便利家事家電グッズを試してみると、

かなり家事負担軽減になりました。

 

私の場合は仕事から離れることで

病気を完治させることができましたが、

 

治療中に家事ができないってこういうことなんだと

身をもって実感しました。

 

一時的に家事の休息時間を確保後も

改善を感じられない場合は病院受診も検討が大事ですよ。

 

まとめ

家事って単調で簡単そうに見られますが、

1つの工程に沢山の確認作業や工夫をしながらする仕事です。

 

そのため、脳が疲労状態でうつ傾向が出ているときには

とても難易度が高い仕事になります。

家事を一緒にやることで家事負担軽減にもなるので、

積極的に手伝ってあげてくださいね。

 

そしてもしも、大事な家族が家事の進みが悪くなったなど感じた場合は、

家事を代わってあげる、病院受診なども検討してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました