2歳~3歳から発達障害の症状が表れる!?発達障害についてのブログ

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




「発達障害」と聞いて、どのようなイメージをお持ちですか?私自身かつて、「障害」の言葉に惑わされて、ひどく社会から取り残されるような、ネガティブな間違ったイメージを持っていました。

 

「発達障害」は多かれ少なかれ誰もが持っているといわれており、病院では「病気ではなく『特質』です」と何度も強調されます。ネット上でも「『害』ではないのですよ!」という気持ちを込めて、あえて「障がい」と平仮名を使って表記される方もいらっしゃいます。

 

このような特質は、2~3歳から症状が表れ始めることが多いといわれますが、人によって症状が多岐にわたるため、診断がたいへん難しいことがあります。

 

その一方で、将来の社会生活での困難を軽減するためには、親や周りの人ができるだけ早くその特質に気づき、適切な対応をすることが大切です。

 

私の息子に発達障がいの症状が表れ始めたのは3歳くらいの時でしたが、幼稚園の先生には「まさか!」と笑われ、悩みながら右往左往し、小学1年生の時にやっと専門の医療機関で自閉症スペクトラムと、疑い程度の注意欠陥/多動性障害(ADHD)と診断されました。

 

今回は、2歳~3歳で「発達障害」に気づくとよい理由、表れる場合の症状、子供の「発達障害」を疑った時の対応などをブログでお伝えします

 

 

発達障害って何?2~3歳から発達障害の症状に気づくとよい理由

 

 

「発達障害」は、生まれつき脳の機能に発達のかたよりがあるために、得意、不得意の凸凹(でこぼこ)具合が「普通」よりも極端で、社会生活に困難が生じて「生きにくさ」となってしまう状態です。

 

その特質は外見からはわかりにくく、その症状や困りごとは人によって千差万別です。代表的な「発達障害」は次の通りですが、いくつかの特質を併せ持っている場合も少なくありません。

 

  • 広汎性発達障害

自閉症スペクトラムと、アスペルガー症候群を含みます。対人関係やコミュニケーション、社会性を司る脳の機能に障害があります。

 

  • 注意欠陥/多動性障害(ADHD)

不注意(集中力がない、気が散りやすい)、多動(じっとしていられない、落ち着きがない)、衝動性(考えるより先に動いてしまう)などが特徴です。

 

  • 学習障害(LD)

知的発達には遅れが見られないのに、聞く、話す、読む、書く、計算するなどのうち、特定の能力の習得と使用が困難です。

 

また、発達障がいの特質は多かれ少なかれ誰もが持っているものと考えられており、あるかないか、白か黒かにきっちり分けられるものではありません。

 

そのような特質を持ってはいるけれども診断基準は満たさない状態を「グレーゾーン」と呼んでおり、そのグレーの度合いも薄い状態から濃い状態まで様々です。

 

微妙な症状の方、つまり「黒に近いグレー」の方だと、医師によって診断名がついたりつかなかったり判断が分かれることもあります。

 

診断名がつかないと安心されるかもしれませんが、「発達障害」の特質は色濃く持っていて困っているのに「普通」として扱われ、理解や支援が得られにくくなるという問題が起こります。

 

実際、診断がつかないうちは幼稚園や学校の先生に「困った子」扱いされていたけれど、診断名がつき、専門家の言葉を伝えた途端にきちんと話を聞いてくれるようになり、「困っている子」として扱ってくれるようになったという話はよく聞きます。

 

発達障がいのお子さんは1クラスに数人いると言われますが、残念ながら幼稚園や学校の先生も発達障がいの勉強を専門的にしている方ばかりではないのです。

 

発達障がいやグレーゾーンの子供はその特質を「自分勝手」「変な子」「わがまま」「困った子」などと捉えられてしまうことも少なくありません。

 

発達障がいによる困難そのものよりもむしろ、特質を理解されずに、誤解されたり叱られたりして不適切な対応を受け続けることで、子供がやる気や自信、自己肯定感を失ってしまい、不登校、引きこもり、うつなどにつながる「二次障害」の方が、重大な問題だと捉えられています。

 

できるだけ早い時期にお子さんの特質に気づくことは、お子さんを正しく理解し、適切に対応するきっかけになります。それにより、将来の社会生活における困難を軽減し、二次障害を防ぐことができます。

 

また、そのような特質の子供を持つ親にとっても、できるだけ早く子供の特質がはっきりし、周囲にも理解してもらうことはとても大きな助けになります。

 

なぜなら、一般的に発達障がいの子は親から見ても理解しにくいことが多く、指示が通りにくいので、子育てに大きな困難が伴う上に、「しつけが悪い」「親が甘すぎる」などと心ない言葉を浴びせられてつらい思いをすることもあるからです(泣きたくなります)。

 

私もそうですが、追い詰められた親は子供の問題行動に対して闇雲にガミガミ言い、子供も親も自信をなくし、親子で負のスパイラルに巻き込まれてしまいがちです。

 

しかし、早めに特質に気づいて診断を受けることによって、子供のことを正しく理解したり、適切な対応を学んだり、周囲に理解を求めたりすることができ、子育ての困難が軽減されるのです。

 

 

2歳~3歳から表れる発達障害の症状は?!

 

一般的に発達障がいをもつ子供はコミュニケーションをとるのが苦手で、社会的スキルを身につけるのが困難です。そのため、集団生活を送るようになった時に困り感を感じることになります。

 

2歳~3歳頃の行動で、発達障がいの特徴に気づくことが多いと言われますが、どのようなことをチェックしたらよいでしょうか?

 

ネット上にも様々なサイトがあり、チェックリストが紹介されていますが、項目も様々で、中にはうちの子には一つも当てはまる項目がないリストもありました。しかし、それらが間違っているわけではありません。発達障がいの表れが多種多様であるためにチェックリストを作ることが難しいのです。

 

また、チェック項目の表現が違うとお子さんの症状に合うかどうかの感じ方が変わる場合もあります。ですから、複数のサイトをご覧になってみることをおすすめします。

 

ちなみに私がうちの子の3歳の頃に立ち戻って考えた時に一番しっくりくると思ったチェックリストはこちらでした。

 

政府広報オンライン/特集発達障害ってなんだろう?「気づく」気になる行動・反応はありませんか?

https://www.gov-online.go.jp/featured/201104/contents/kiduku.html

 

しかし、この時期のお子さんは身体も心も著しく成長している段階であり、発達の個人差も大きいため、チェックリストに当てはまる項目があっても、個性の範囲内であることも多い、ということも念頭に置いておく必要があります。

 

また、お母さん自身の感性で「あれ?ちょっとおかしいかな」と感じるかどうかも大切です。うちの子の「おかしいな」は、病院での子供の態度でした。名前を呼ばれると走って行ったり、椅子でくるくる回ったりし、危ないからやめるようにと誰から言われてもやめようとせず、毎回繰り返したのです。

スポンサードリンク

 

 

2歳~3歳で発達障害の症状に気づいたら?

 

何か「おかしいな」と感じたり、チェックリストに当てはまった項目が「個人差」として片付けるには不安だったりする場合は、できるだけ早く、発達障害支援センターや保健センターなど、地域の専門機関に相談しましょう。

 

3歳児健診の際に保健師さんや医師に相談したり、かかりつけの小児科医師に相談したりするのもよいですね。

 

幼稚園によっては、集団生活に適応できているかどうかの簡単なテストのようなことを「保護者立ち合いの下で」行うところもあると聞いたことがあります。おそらくは、「うちの子に限ってそんなはずはない」と認めない親御さんがいらっしゃる場合や、家庭と幼稚園で表れが異なる場合があるためではないかと推察されます。

 

逆に、子供の問題行動を幼稚園の先生に相談しても、それが他の子供たちと比べて大きな症状ではないと判断された場合、「あまり心配しないで、もっとおおらかに子供を見守ってほしい」というお気持ちから、「発達障害なんて、そんなことありませんよ!普通の子です。」と言われる場合もあります。

 

このような幼稚園が一概に悪いとはいえませんが、幼稚園の先生がおっしゃることと、ご自分の印象が異なる場合は、対応が後手に回る前に、更に一歩前へ行動してみることをおすすめします。

 

私はここでためらってしまい、子供に対して間違った対応を続けてしまった結果、子供が「僕は悪い子」としきりに口にするようになり、私自身も自信を失い、悪循環に巻き込まれてしまいました。一度ついた悪い癖はなかなか抜けません。

 

私の住む地域では私立幼稚園振興協会で子育て支援カウンセラーによるカウンセリングを開催しています。予約待ちが短かったことと、話を聞いてもらえたこと、子供同伴ではないので親の話だけからの判断になりますが、だいたいこんな特質があるのではないかと知ることができたことだけでも、とてもありがたかったので、そういうものを探してみるのもよいでしょう。

 

また、スクールカウンセラーさんから聞いた話では、医師によって、診断名をつけやすい方、なかなかつけない方もいらっしゃるようです。

 

診断名がつくかつかないかで、理解や支援が受けられるか否かが変わりますので、納得できない場合は、一か所であきらめずに、何か所か相談してみることをおすすめします。

 

お子さんの特質がはっきりすること、たとえ診断名がつかなくても、どのような傾向を持っているのかを知ることはとても大切です。

 

例えば、よく人にぶつかる子の場合、注意欠陥障害のようにも見えますが、人との距離感がわからない自閉症スペクトラムの場合もあります。

 

それが自閉症スペクトラムの表れの場合は「気をつけて」などと言ってもダメで、「人の近くを通る時には(手を広げて幅を示しながら)このくらいあけて通ろうね。」などと教えなければなりません。

 

特質によって対応の仕方が変わるので、その子の特質を正確に理解することがとても重要なのです。

 

現在、発達障がいの相談はたいへん多く、私が相談した地域の2016年でも2ヶ月の予約待ちは当たり前という状態でした。まずはお早めにお電話などで問い合わせてみましょう。

 

 

2歳~3歳で発達障害の症状に気づいた!相談の予約を待つ間にできること

 

 

私は校医の小児科の予約を2か月待ち、お話に納得がいかなくてスクールカウンセラーさんと相談の上、かかりつけの病院で紹介状を書いていただいて、専門の医療機関の予約を2か月待ちましたが、待っている間は何もできないのかと、いたたまれない気持ちでいっぱいでした。

 

そこで、私がペアレントトレーニングで毎回宿題として出されていたことをお伝えします。「なあんだ、そんなこと?」と思われるかもしれませんが、簡単で効果があるので、少しでもやってみていただけたらと思います。

 

それは、「いいところみつけ」です。お子さんのいいところだけではありません。ご自分のいいところも見つけるのです。

 

「自分のよいところなんて……」とおっしゃるかもしれませんが、朝おはようと言った、ご飯を作った、幼稚園に遅れないように送って行った、子供と遊んだ、子供と一緒にお昼寝をして身体を休めた、道端に咲く花に気がついた、など、些細なことでよいのです。

 

お子さんにもいいところがありますよね。朝眠くても起きた、ご飯を食べた、幼稚園に行った、お友達と遊んだ、今日も元気だった、笑ってくれた、よく眠った、など。「当たり前のことなど一つもない」という気持ちで探し、いいところを見つけたらお子さんの目を見て伝えてあげましょう。

 

ペアレントトレーニングを一緒に受けた方が、毎回お子さんにもお母さんのいいところを聞いてみていたところ、お母さんだけでなく周りの人のいいところを見つけられるようになり、考え方がポジティブになったそうです。

 

最初から上手にできなくてもいいですし、1日1つずつ、毎週日曜日に1つずつでもいいので、やってみてください。

 

もうひとつ、老婆心ながら……うちもそうですが、癇癪をおこすタイプのお子さんの場合、携帯電話やスマートフォン、タブレット、学習用タブレット教材、ゲーム機等を投げて壊されるケースがたいへん多いです。機種変更のタイミングがあれば衝撃に強いタイプを選ぶ、保証をつける、なども検討されると安心ですよ。

 

 

まとめ

 

「発達障害」と言われると認めようとしない親御さんもいらっしゃると聞きますが、私自身は、症状に気づいてからの3~4年間、子供の状態も理解できず、周りからも理解されず苦悩するばかりでしたから、小学校1年生でやっと診断名がはっきりして、子供の特質をきちんと理解させてもらえたこと、ペアレントトレーニングを受ける機会を与えられたことは本当に幸運だったと思っています。

 

私は対応が後手に回ってしまいましたが、早いうちにお子さんの特質に気づいて適切に対応してあげることによって、二次障害を防ぎ、社会に適応する力を身につけながら、「その子らしく」生き生きと胸を張って生きていけるようにしてあげられます。

 

優れた偉人中にも発達障がいを持っていたと考えられる方や、世界で活躍する有名人や芸能人の中にも発達障がいであることを公表されている方がたくさんいますね。

 

発達障がいの人は、自分が興味や関心を持つことに対してはすばらしい集中力や記憶力、ひらめきを発揮する力を持っています。「発達障害」は「害」ではないのです。

 

発達障がいの原因はまだ研究段階ですが、親のしつけ方や育て方、親の愛情不足が原因というわけではない、ということは医学的に確かなことだそうです。

 

あなたのお子さんにそのような特質があってもなくても、誰に何と言われようとも、決してあなたのせいではありませんし、あなたもあなたのお子さんも、ありのままで、素晴らしい輝きを持っているのです。

タイトルとURLをコピーしました