子供の血液型知らない・・・。いつわかる?調べる必要はあるの?

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




子供の血液型、産まれてすぐに知りたくなりますよね。でも、出産した病院でも新生児健診でも何もいわれません。血液型を知らないうちに大きな事故に遭ったら困るのでは?と不安になりますね。私もそうでした。今回は子供の血液型について、いつわかるのか?知る必要があるのか?また、調べるにはいつ、どこで、調べるのかなどをまとめます。

 

子供の血液型、産まれてすぐにはわからない?!

 

実は、赤ちゃんが生まれて1年くらいは血液型を調べられません。

 

血液型の検査では、赤血球の表面にある抗原や、血清中の抗体を調べます。しかし、1歳くらいまでの赤ちゃんでは、抗体をつくっている途中だったり、抗原の反応が弱かったりして、検査の結果が安定せず、検査のたびに血液型が違うこともあるそうです。

 

この時期に輸血が必要な事態になった場合は、輸血のたびに血液型検査を行い、その時の状態が優先されるそうです。

 

子供の血液型、知らなくて良いの?入園前に検査をしなくて大丈夫?!

 

結論から言いますと、入園・入学前に血液型検査をする必要はありません。昔は小学校で全員耳たぶから少量の採血をして、血液型を調べたのですが、今は行いません。ですから小学生でも血液型を知らないお子さんも多いそうです。

 

採血はお子さんに痛みや心理的な負担を強いてしまいます。そこまでして血液型を知っても何かの役に立つわけではないので、検査をする必要がないのです。

 

もし輸血が必要になった場合も、記憶違いなどがあった場合は命に関わりますので、必ず血液型検査をしてから輸血します。

 

また、近親間の輸血は「輸血後GVHD」という副作用のリスクが高くなること、採血したばかりの血液は感染症の危険があることから、親子の血液型が同じであっても、いざという時に親の血液をとってすぐに子供にあげる、ということはしないそうです。

 

ですから、お子さんの血液型がわからなくても困ることはありません。血液型を知らないということは、検査が必要になるようなケガも病気もなかった健康の証ともいえます。

 

もしどうしても血液型の検査をしたい場合は、病院にお願いすれば検査できます。3~5㎖の採血が必要です。治療に必要というわけではないので健康保険が適用されず、全額自費になります。費用は病院によって数百円~数千円と幅があります。

 

病院の先生によっては、子供は血管が細いですし、泣いて暴れると危ないので神経を使いますし、必要でない検査のために子供に痛い思いをさせるのは気が進まないということで、「はっきり言うとやりたくない」とおっしゃる方もいます。

スポンサードリンク

 

もし、アレルギー検査などで採血をする必要がある場合には、採血前にお願いをすれば血液型検査を追加してもらえます。ただし、血液型検査の料金は自費でかかりますし、その分だけ余分に血液が必要になります。

 

うちの子は生卵を食べると喉がかゆいと言うので、小学校入学前にアレルギーの有無をはっきりさせたいと思い、アレルギー検査のために採血をしたので、一緒に血液型検査をやっていただきました。

 

採血の間、私も子供が動かないように身体を押さえながら声をかけていましたが、診察室の中の空気がピリピリしており、採血が終わった時に雰囲気がほっと緩んだことを今でも覚えています。子供だけでなく病院側にとってもたいへん緊張することなのだと感じました。

 

うちの子は、最初の採血で十分な量がとれず、反対の腕からも採血し、それでも全てのアレルギー項目の検査ができるほどの血液は採取できず、優先度の高い順にできるだけの項目をやっていただくことにしました。

 

血管が出ないタイプのお子さんや、血管が細いお子さんだと、もっと採血が困難になる可能性があります。検査を希望する際には、お子さんからの採血とお子さんの扱いに慣れている病院を選ぶことをおすすめします。

 

血液型がわかったからといって、特によかったことはありません。両親の血液型から予想される血液型と合っているかどうかくらいは考えましたが、それが親子関係の証明にはなりません。

 

また、幼稚園や小学校への正式な提出書類にも血液型を記入するところはありませんでした。名札の裏の緊急時メモ欄や、防災頭巾には血液型を記入する欄がありますが、書かなければならないわけではありません。

 

まとめ

 

血液型って知っていなければいけないものだと思ってしまっていますが、実はあまり必要ないものなのですね。

 

私事ですが、私は3人兄弟で、妹と弟は母と同じ血液型、私は父と同じ血液型です。子供の頃、母は何かちょっと気に入らないことがあると、「あんたは□型だから××で本当に嫌!」とよく言われました。好きで選んだ血液型ではありませんし、直すこともできませんから、いつも疎外感とやりきれなさでいっぱいでした。

 

血液型占いというものもありますが、すべての人間の性格が4つの血液型に分類できるはずがありませんし、血液型の色眼鏡で人を判断するようなことはしたくないものですね。お子さんの血液型が何であろうと、あなたの大切なお子さんであることには変わりがありません。

 

必ずしも必要のない検査であること、お子さんに痛みや心理的負担を与えることをよく考慮した上で、血液型検査をするかしないか、検査をするタイミングなどを考えてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました