子供に粉薬を飲ませる方法!子供が薬を飲まない!吐く!こぼす!どうしよう⁉

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




お子さんが病気になって病院に行ったのに、いただいたお薬をうまく飲まない!吐いてしまったり、こぼしてしまったりと困ります。お母さんにとって、こんなに心配なことはありませんね。

今回は、粉薬に焦点をあてて、飲ませ方についてまとめました。

 

 

子供に薬を飲ませる方法~基本~

 

 

どんな薬であっても、どんなに小さな赤ちゃんであっても、薬を飲ませる時に大切なのは、まず言い聞かせることです。「お薬飲みましょうね。これはあなたの身体に大切なものですよ。飲むと元気になりますからね。お口を開けてお薬ごっくんしましょうね。」などとやさしい笑顔で赤ちゃんの目を見て、でもしっかりと言い聞かせます。

 

「赤ちゃんに言ってわかるのかしら?」と思いますよね?私も最初はそう思いました。うちの子は赤ちゃんの時、おっぱいがとにかく好きで、白湯や果汁すら飲まなかったので、初めて薬をあげる時に飲んでくれるかとても心配したのです。

 

それで、半信半疑ながら「このお薬を飲むと元気になるよ。あなたなら飲めますよ。」などと語りかけてからあげたところ、ちゃんと飲んでくれました。その後、白湯をあげようとしたら顔をそむけられてしまって、おっぱいをあげましたが。「赤ちゃんにも言葉がわかるのだなあ」と思ったものです。

 

くれぐれも、真剣になり過ぎて怖い顔になってしまわないように!こまめにたくさんほめてあげることも忘れないようにしましょうね。

 

 

赤ちゃんの薬の飲ませ方(粉薬)

 

 

最初のお薬はだいたい水薬でいただき、だんだん粉薬になりますね。粉薬になったとたんに飲ませ方に悩むものですが、いろいろな方法がありますから、やりやすい方法で大丈夫です。以下、「水」と書いてあるところは白湯やミネラルウォーターとします。

 

 

  • 薬を水で練って上あごにつけて水や母乳を飲ませる

 

薬局で「ほんの少しの水で練って、上あごに塗りつけて水や母乳を飲ませ……」と言われますが、私はやってみようとして思いの外難しい!と思いました。

 

水の量の調節が難しい、薬がうまく指についてくれない、赤ちゃんの口の中に指を入れる時に、口の周りについたりこぼれ落ちたりしてしまいそう、などで、結局やらずに断念しました。

 

でも、上手にできるのならば、上あごには味蕾がないので薬の味を感じなくてすみますから、よい方法です。水や母乳は十分に飲ませましょう。

 

 

  • 水に溶かす……濃度が大事!

 

粉薬を水で溶かせば、水薬と同じようにスポイトなどで飲ませることができます。薬局で混ぜてもよいことを確認すれば、複数の薬を同時に溶かして飲ませることもできますし、薬と水なら相互作用もないので、個人的には一番おすすめの方法です。

 

ここで問題なのは、どのくらいの水に溶かすか?ということです。結論を先に言うと、うちの子は10~15cc(15ccは大匙1杯)の水で溶かして飲ませました。

 

最初は大失敗したのです。「たくさんの水に溶かしすぎると、全部飲めなくなってしまう」というのが気になって、5ccくらいの水に溶かして赤ちゃんに与えたところ、吐き出されてしまいました。

 

その様子は、「味が嫌でべーっと出した」という感じではなく、「飲み込もうとしたけれど、喉からこみ上げるようにおえっと出した」というように見えました。

 

その様子を見ていて思い出したのは、「喉に物を詰まらせた時に醤油を飲ませると喉が開いてとれる」というものです。それで、「味が濃すぎて刺激が強く、飲みにくかったのではないか」と考えました。

 

そこで、水の量を増やして、うちの子には10~15ccくらいの水で溶かせば大丈夫なようだということがわかりました。そこがわかってからは苦労しなくなり、私はこの方法で薬を飲ませていました。

 

器やスポイトに薬が残っているようで気になる場合は、近くに水を入れた器を置いておき、薬がなくなったらスポイトで水をとって薬を溶かした容器に入れ、器を洗った液も飲ませればよいですが、そこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

 

薬を飲ませた後は水や母乳をしっかり飲ませて、口の中や食道に残っている薬を洗ってあげましょう。

 

 

  • ジュースやアイスクリーム、ヨーグルトなどに混ぜる

 

グレープフルーツとは相性が悪い薬や、乳製品には混ぜてはいけない薬もあるので、お薬をいただいた時に薬局でご確認ください。また、母乳やミルクに混ぜるのは避けます。味が変わって飲まなくなってしまうことがあるからです。

 

好きな味でごまかされてくれる子もいますが、せっかく好きな物の味を変えてしまうので、好きな物が嫌になってしまうこともあります。

 

うちの子の場合は、だいぶ大きくなってから、特に飲みにくい薬があった時に提案してみたところ、「味が変わったり混ざったりするのは嫌だ」と拒否されました。

 

 

  • 服薬ゼリーを使う

 

粉薬を楽に飲めるようにするためのゼリーも市販されています。複数の薬を一度に混ぜて与えることができ、味やにおいをマスキングしてくれますし、むせたりつかえたりしないで楽に飲むことができますし、薬との相互作用もありません。

 

ただ、一つ注意したいのは、そのゼリーそのものの味をお子さんが気に入るかどうかです。うちの子にも一度あげてみたことがありますが、まず味見をさせたところ、顔をそむけてもう二度と口にしませんでした。科学的な味や香料を嫌う子に育っています。

スポンサードリンク

 

必ず、薬を混ぜる前にお子さんにゼリーの味見をさせて、気に入るようだったらお薬を混ぜることをおすすめします。

 

 

子供の粉薬の飲ませ方~うがいの練習を始めたらステップアップ!

 

 

お子さんが、口に水を入れても飲まないで、そのまま上を向いて口を開けられるようになったら、粉薬の飲み方もステップアップできます。うがいの練習を始められる2歳以降が目安になります。

 

まず、コップ1杯の水をお子さんに持たせ、粉薬は封を切って口を広げてお母さんがスタンバイします。お子さんが、一口で飲み込める量の水がわかりにくいようでしたら、一口分を分けて持たせ、残りは手元に置きます。手順を声のかけ方で表すとこんな感じになります。

 

「一口だけお水を口に入れて、でも飲まないよ。そう、上手だね。そのまま上を向いて口を開けて。そう、いい感じ。もう少し口を大きく開けられる?そう、ありがとう!お薬入れまーす。(できるだけ素早く、口の中の水面に落ちるように入れます。多少残っても後でもう一度やれば大丈夫。)はい、お口閉じて、ごっくん!!上手!!残りのお水を飲んでお薬を流してあげようね。さすが○○ちゃん!大人と同じ飲み方ができるなんてすごい!(ハイタッチ)」

 

時々大人でも先に粉薬を口に入れる方がいますが、水を口にふくんでおいて粉薬を入れるのが正しい方法です。粉薬を先に口に入れると味も強く感じますし、口の中にべったりと貼りついてしまって、飲みにくくなってしまいます。水の上に落とすことで、すんなりと飲むことができます。

 

最初は、水だけで練習しながらお子さんがイメージできるように手真似を交えて手順を説明し、できそうならばやってみましょう。不安な時はまず、抗生物質のようにきっちり飲みたい薬ではなく、咳止めや痰切りなど症状を軽減するお薬でやってみるといいですよ。とにかくお母さんは笑顔で、こまめにほめてあげましょう。

 

 

子供が薬を嫌がる!飲まない!遊びで薬への抵抗感を減らしてみよう

 

子供が薬を飲んでくれないと、心配でイライラしてしまいますよね。私は、子供が薬を飲み始めた頃に、薬に対する抵抗感が減ればいいなと思って、お風呂でこんな遊びをしていました。これが役に立ったかどうかはわかりませんが、薬であまり苦労しませんでした。

 

用意するものは、粉の入浴剤、クッキングペーパー、カップ、スポイトなど、実際にお子さんにお薬を飲ませる時に使うものに似たものと、患者さん役の人形です。人形がなければお母さんの手のキツネさんでもいいですね。クッキングペーパーを適当な大きさの正方形に切り、粉の入浴剤をお薬包みで分包しておきます。

 

お風呂に入ったら、お子さんがお医者さん役です。患者さん役の人形にはゴホゴホ咳をさせたり、ずるずる鼻水をすすらせたりしながらお医者さんのところへ行きます。お子さんがまだ言葉が上手でない時は、お子さんがするお医者さんの真似に、お母さんが言葉をつけてあげましょう。

 

診察が終わったらお薬(入浴剤の包み)を出します。入浴剤の色を変えて2種類作ると、ばい菌をやっつけるお薬と、熱をさますお薬、などにもできます。

 

お薬は、その時のお子さんの飲み方に合わせて、カップで溶かしてスポイトで、または粉のままで、お子さんから患者さんのお人形に飲ませてあげます。

 

お母さんは、実際にお子さんがお薬を飲む時に声をかけるように言葉をかけてあげましょう。遊びなのでお母さんの方もおおらかな気持ちで楽しく言葉が出てきますから、実際の時の声かけに役立ちますよ。

 

時には、患者さんに「お医者さん嫌!こわいよ!」とか「お薬は嫌!飲まない!」などとお子さんがよく言うような言葉を言わせてみて、お医者さん役のお子さんがどんな反応をするかみてみましょう。

 

お薬を飲んだ患者さんは、「お薬を飲んだから少し休みます」と言って寝て、目が覚めたら「ああ、咳が出なくなった。お薬のおかげで楽になったわ。ちゃんと飲んでよかった。」などと言い、お薬のおかげで治ることまで伝えるといいですね。

 

 

子供が薬を嫌がる!飲まない!吐く!こぼす!どうする⁉

 

お子さんが薬を吐き出したりこぼしてしまったりしたらどうしたらよいでしょうか?ほんの少しであれば、問題ありません。また、飲んで30分以上経ってから吐いたのであれば、薬は吸収されていると考えられるので、問題ありません。

 

ほとんどこぼしてしまったり、すぐに吐き出してしまったりした場合は、もう一度飲ませます。咳止めや痰切りなどの症状を抑える薬は、1包足りなくなっても、薬がなくなる頃に症状がよくなっていれば問題ありません。

 

ただ、抗生剤の場合は、途中でやめてしまった場合に、そのお薬が効かない耐性菌ができてしまう恐れがあるので、必ずお医者さんの指示を仰ぎます。

 

薬局に問い合わせても、お医者さんの指示(処方箋)がないと薬は出せませんので、お医者さんに状況を説明し、必要と判断されたら足りない分のお薬を処方されますから、薬局で出してもらうようにしてください。

 

 

まとめ

 

お子さんがつらそうな時、早くお薬を飲んでよくなって欲しいという気持ちが強くて、お薬を飲んでくれないと、いつも以上にイライラしたり困ったりしてしまいますね。

 

でも、お薬は病気を治す手伝いをするだけで、治すのはお子さんの抵抗力です。お子さんの持っている力を信じて気持ちを楽に持つことも大切で、お母さんのやさしい笑顔こそがお子さんにとって一番の薬です。楽しい雰囲気づくりとほめ誉め大作戦で、お子さんが気持ちよくお薬が飲めるようにしてあげたいですね。

タイトルとURLをコピーしました