赤ちゃんがお茶を飲まないのはよくない?

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




赤ちゃん用品売り場に行くと生後1ヶ月から飲めるお茶を売っていますが、検診などでは特にすすめられませんよね。でも、赤ちゃんだって喉が渇きそうですし、夏は脱水症状になりそうで心配になります。

 

赤ちゃんがお茶を飲まないのはよくないのでしょうか?飲ませるのであれば、いつ頃からどんなものをどんな風に飲ませたらよいのでしょうか?今回は赤ちゃんに飲ませるお茶と飲ませ方についてまとめました。

 

 

赤ちゃんがお茶を飲まない……。いつから飲ませたらいいの?

 

 

離乳食が始まる前は、赤ちゃんは母乳やミルクで水分、栄養、ミネラル全てを摂取できるので、特にお茶を飲ませる必要はないとされています。

 

うちの子は5月生まれで、これから夏に向かっていくというのに、おっぱいがとにかく好きで、おっぱい以外は受け付けず、白湯や薄めた果汁も飲みませんでした。

 

脱水症状になるのではないかと心配しましたが、保健婦さんに「母乳が飲めていれば大丈夫。欲しがった時にこまめに母乳をあげてください。」と言われ、母乳だけで夏を乗りきりました。

 

一般的には離乳食を始める生後5~6カ月の頃から、スプーンやストローの練習をしながらお茶を飲ませ始める方が多く、私も生後5ヶ月から始めました。

 

お茶は虫歯予防効果が期待できますし、離乳食の後でお茶を飲んで口の中をきれいにする習慣がつけば、虫歯予防にもなります。

 

でも、それまでは飲ませてはいけないわけではなく、生後1ヶ月から飲める麦茶やほうじ茶も売っていますから、そういうものでしたら生後1ヶ月から飲ませても構いません。

 

離乳食開始前から飲ませると、母乳やミルク以外の味に慣れることができたり、スプーンで飲ませる練習をすると離乳食の開始がスムーズになったりという利点があるとも言われています。

 

飲ませるのであれば、最初はほんの少し、味見程度から始めて、気に入るようならだんだん増やしていきます。顔をそむけたり、口を開けなかったり、手で払ったり、嫌がる様子が見られたら、無理に飲ませる必要はありません。

 

また、お茶を気に入ってたくさん飲み過ぎてしまい、母乳やミルクが飲めなくなってしまうこともあるので、気をつけてあげましょう。

 

 

6ヶ月赤ちゃんが麦茶を飲まない。いつから飲ませる?作り方は?

 

赤ちゃんに与えるのに適したお茶はどんなお茶でしょうか。また、作り方について説明します。

 

「生後1ヶ月から」と表示のある麦茶やほうじ茶でしたら、生後5ヶ月、6ヶ月でも間違いないですね。普通の大人用の麦茶やほうじ茶との違いは「濃さ」で、苦味や渋味を感じなくてすむようにしてあります。

 

作り方は普通の大人用の麦茶やほうじ茶でも、煮出して(煮沸消毒できます)作って、白湯で2~3倍程度に薄めれば与えることができます。赤ちゃんが嫌な顔をするようであれば、5倍程度の薄さのものから始めてみるとよいですね。

スポンサードリンク

 

お茶の種類については、ノンカフェインのものが基本になります。ただ、ノンカフェインでも健康茶やハーブティーなどは肝臓に負担がかかる成分が含まれることがあるので避けましょう。特におすすめなのは麦茶、ほうじ茶です。

 

どちらかといえば、麦茶には身体のほてりを冷ます働きがあるので、夏場に向いており、ほうじ茶は血管を拡張して血流をアップし身体を温める成分が含まれるため、冷房が効いた場所や冬場に飲むのに向いています。

 

また、味の好みには個人差がありますから、お茶の種類だけでなく、メーカーや、紙パックのもの、ペットボトルのもの、煮出したもの、香料や乳化剤の有無などを変えてみると、お子さんに合うものが見つかるかもしれません。

 

例えばうちの子は9歳になった今でも、家で作った麦茶(水出しでも可)はがぶがぶ飲みますが、ペットボトルの麦茶はまずくて嫌だと言います。同じメーカーを選んでみてもペットボトルだと嫌だそうです。このように微妙な違いで飲むか飲まないかが分かれることもあるので、いろいろ変えて試してみてください。

 

 

生後5ヶ月、6ヶ月の赤ちゃんへのお茶の飲ませ方!

 

お茶は、夏場であっても冷たくして与えることは避け、人肌~室温程度のものを与えます。タイミングとしては、朝起きた時、食後、お散歩の後、お風呂の後のように、喉が渇いた時がいいですね。

 

スプーンが使えない赤ちゃんへの飲ませ方は、水薬を飲ませる時のようにスポイトでちょっと味見をさせたり、哺乳瓶に入れて与えたりします。

 

離乳食が始まる5ケ月、6ヶ月頃の赤ちゃんへの飲ませ方は、スプーンの練習を兼ねてスプーンで少量から与えてみましょう。

 

味に慣れたら、ステップアップマグやストローマグを使って、だんだんストローを使うことにも慣れさせれば、外出先での水分補給が楽になります。「ほら、これはお茶だよ。飲んでみて。美味しいよ。ストローをくわえて、ちゅーって吸うんだよ(ほっぺをへこませて吸う真似)」のように、笑顔で楽しそうに大袈裟に説明してあげて、ちょっとくわえただけでもたくさん誉めてあげましょう。

 

最初のうちは一度吸ったものを戻したりするので、トレーニングマグの中に唾液や食べ物のかすが浮遊してしまいます。雑菌が繁殖しやすくなりますから、少な目に用意して、こまめに中を洗って交換してあげましょう。お出かけの際には水筒に入れておいて、飲める分だけ少しずつトレーニングマグに分けてあげるといいですね。

 

 

まとめ

 

お茶は生後1か月程度から飲めますが、母乳やミルクが十分飲めていれば、無理に飲ませなくても脱水症状になる心配はありません。離乳食を始める5ケ月、6ヶ月頃からはお茶にも慣れさせてあげましょう。食後にお茶の習慣がついていると、成長してからも虫歯予防になります。お茶を飲んで「ほっ」と一息つく大人を真似する赤ちゃん、とってもかわいいですよ!

タイトルとURLをコピーしました