赤ちゃんのお風呂1人で入れるの?大丈夫?!

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




ご主人の帰りが遅くて、赤ちゃんを一人でお風呂に入れなければならない……不安ですよね。毎日そうなることが予想されるお母さんの場合は特に、出産前の準備の段階から考えておきたいですね。今回は私の体験から、あって便利だったもの、赤ちゃんとのお風呂の楽しみについてお話したいと思います。

赤ちゃんを一人でお風呂に入れる

その時役に立ったのはバスローブとベビーバス

 

〇バスローブ

 

バスローブ(着るバスタオル、ラップタオルなど)は、お母さん用と赤ちゃん用、両方あってもいいですし、ご自分が作業する順序を考えてどちらかでもいいです。

 

お母さん用は、お風呂上りに赤ちゃんのお世話を先にする時に羽織ります。誰も見ていなければバスタオルを巻いただけでも事足りるかもしれませんが、最近は薄手で吸水性がよく乾きやすい素材のものや、かわいいデザインのものがたくさんありますし、プールなどでも使えますよ。

 

赤ちゃん用は、お風呂に入る前に、脱衣所に大きめの座布団や長座布団のようなものを敷いて、その上に赤ちゃんのバスローブを開いて置いておき、お風呂から出たらすぐにそこに寝かせて着せます。

 

袖があるタイプだと着せるだけで脇の下まで自然に拭きとれてしまうので楽です。これさえ着せておけば、先にお母さんが簡単に身支度することもできますし、赤ちゃんが動けるようになって逃げられても、湯冷めの心配がありません。

 

別室には入浴前に、赤ちゃんのおむつや着替え、スキンケア用のクリーム、皮膚科でいただいたお薬、綿棒などを用意しておきます。冬場はエアコンも忘れずに入れておきましょうね。準備をしっかりしておくとひとりでも慌てなくてすみます。

 

赤ちゃん用のバスローブは、バスタオル一枚から作ることもできますから、手作りがお好きな方は作ってみてはいかがでしょうか。

 

〇ベビーバス

おすすめしたいのは、股のところに赤ちゃんが滑るのを防ぐストッパーがついているタイプのベビーバスです。

 

一緒に湯船に入れない間だけのことであれば、赤ちゃんから手を離すことはないので、必ずしもストッパーは必要ないと思います。

でもストッパーがあると、お座りができるようになったら洗い場に一緒に入り、お母さんが身体を洗っている間、この中に座って待っていてもらうことができて、一人でお世話するのに便利です。

 

ベビーバスにはお湯を入れて半身浴のようにしてあげると、赤ちゃんは水遊びしながら待つことができますし、寒くありません。上半身が寒そうであればお風呂前に着ていた肌着を脱がせないでおき、赤ちゃんの身体を洗う直前に脱がして、そのままお洗濯に。

 

必ず注意していただきたいのは、赤ちゃんから絶対に目を離さないことです。悲しい事故につながらないようにしましょう。

 

赤ちゃん、お風呂での待たせ方

 

自分が身体を洗う間、赤ちゃんにどうやって待ってもらうか?私も悩みました。

スポンサードリンク

 

一緒に大きなお風呂に入らない期間は、赤ちゃんの沐浴の時には自分は服を着たままで行い、自分のお風呂は赤ちゃんがぐっすり寝ている間に急いで済ませました。シャワーだけで済ませたこともたくさんあります。

 

赤ちゃんの体調が悪いなど心配がある時には、赤ちゃんを大きめの座布団や長座布団などに寝かせて、脱衣所まで運んできて、時々浴室の戸を開けて様子を見たりしました。

 

たまには入浴途中に赤ちゃんが泣きだしたこともありましたが、自分用のバスローブがあればそれを羽織ってとんでいけます。

 

寝返りをうてるようになると、もう一人で放ってはおけません。最初は脱衣所でバウンサーに座らせておこうとしたのですが、大泣きされました。浴室の戸を開けて、赤ちゃんから自分が見えるようにしてもダメでした。

 

そこで活躍したのが、滑り防止ストッパー付きのベビーバスだったのです。ストッパーがない方がお安いのですが、赤ちゃんのお尻が滑った時に顔が水に沈んで溺れてしまいますから、安全のためにストッパーがある方が安心です。

 

ベビーバスに座らせて一緒に浴室に入るので、赤ちゃんも安心してくれます。私は自分が先に身体を洗い、後で赤ちゃんを洗って一緒に湯船につかりました。待っている赤ちゃんのためにお風呂用のおもちゃも買ってはみましたが、水や石鹸の泡が何よりもいいおもちゃでした。

 

身体を洗う合間に、赤ちゃんにお湯をかけてあげたり、ぱちゃぱちゃと水面をたたいてみせたりするだけで、赤ちゃんは興味津々です。だんだん真似をするようにもなります。

 

うちの子の一番のお気に入りは石鹸の泡でした。泡を手につけてあげると、手がベビーバスのお湯に沈んだ時に、泡がしゅわしゅわ~という感じで水面に溶けて広がっていって、だんだん消えてしまいます。それを発見して面白くてたまらなかったらしいのです。

 

泡が消え去るたびに「もっと泡をちょうだい」とばかりに何度も何度も手を出して催促し、泡が消えていく様子を飽きもせずに、観察している真剣な顔がとても愛おしく思えました。

 

きっとあなたの赤ちゃんも自分だけの発見に夢中になるでしょう。それを見守る楽しみがお母さんにはあります。

 

赤ちゃんが立ち上がれるようになると、お風呂で滑って頭をゴツン!ということもよくありますので、それまでには滑り止めマットも準備しておきたいですね。

 

まとめ

 

今はお母さんの使い勝手を考えたベビー用品がいろいろありますので、ご自分に合わせて上手に利用したいですね。そして、たいへんな時には一人で悩んだり遠慮したりしないで、ご家族やお友達、地域の子育て支援窓口などに相談しましょう。

 

お風呂は身体を清潔にするだけでなく、スキンシップの場所であり、楽しい遊びの場でもあり、心も体もゆったりとほぐすリラックスの場所でもあります。お子さんとお風呂に一緒に入れる期間は、後から考えると短いですよ!赤ちゃんとのお風呂タイムを一緒に楽しんでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました