1歳の夜泣き どうして泣き止まないの?! 

育児 新生児 赤ちゃん

スポンサードリンク




子育てをする中で、いろいろな悩みが常に出てきます。その悩みの一つが「夜泣き」です。今回は、特に1歳ごろの「夜泣き」をテーマに取り上げていきます。「夜泣き」の原因や、対策について参考にしてみてください。

1歳の夜泣きは突然やってくる!?

妊娠中は、これから会える赤ちゃんに対して、「○○ちゃんの為に頑張ろう!」という気持ちでいっぱいです。でも出産後は、赤ちゃんを育てる中でいろいろな悩みが出てきて、ママ(パパ)の気持ちが不安定になることがあります。

その悩みの一つに、「夜泣き」があります。体調に問題はないし、オムツもきちんと取り替えているし、お腹も空いていないのに目の前の赤ちゃんが泣いてしまう。さらにこれが毎晩のように続いてしまうと、ママ(パパ)の疲れやストレスも溜まってしまい大変です。

日常の育児の疲れに睡眠不足も加わってしまうと、ママ(パパ)の精神状態にもよくありません。そこで、「夜泣き」についてのポイントや対処法を見ていきましょう。あなたの赤ちゃんに会う方法を見つけて見てください。

 

悩まされる夜泣きの対処法とは?!

 

「夜泣き」は、一般的に生後半年ぐらいから、1歳半くらいの赤ちゃんが、理由もなく夜中に泣くことを指しています。しかしながら、生後半年前や2歳以降でも「夜泣き」をする子供もいますし、逆に全く夜泣きをしない子供もいます。兄弟によって「夜泣き」が激しい子とそうでない子との差に、驚くこともあるでしょう。

一人ひとり「夜泣き」の原因が違います。ポイントをみていきましょう。

「生活リズム(生活習慣)」見直す!

「夜泣き」をするのは、生活のリズム(生活習慣)が原因として挙げられます。朝決まった時間に起きない(朝起きるのが遅い)、逆に夜遅くまで起きている、お昼寝の時間が長いなど当てはまることはありませんか?

一日の流れを整えてあげることによって、朝になったら「起きなくちゃ」、夜になったら「眠い、寝なくちゃ」という生活リズムを身に付けてあげましょう。

夜、絵本の読み聞かせなど、寝る時刻の1時間前にゆっくりとした時間を設け、少しずつ部屋を薄暗くして、寝る状態に向かわせます。朝は、起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びせながら、朝が来たんだいうことを教えてあげます。

スポンサードリンク

そんな一日の流れを作ってあげながら、自律神経やホルモンバランスが崩れないよう、生活リズムを身に付けることが大切です。

寝るための外的要因を確認してみましょう。

子供が寝るための外的要因(寝るための環境作り)がきちんとできているか確認しましょう。室内が暑すぎたり、逆に寒すぎたりすると、なかなか寝てくれません。室内の温湿度はとても重要なポイントです。お勧めは、お部屋に1台温湿度計を置いておくことです。

また、子供の服装(パジャマ)など着ているものの素材なども気を配ると、なお赤ちゃんの機嫌がよくなり、良い睡眠につながります。

 

睡眠を促す音楽(BGM)や香りなども取り入れよう。

最近では、睡眠を促す安眠BGMがあります。BGMを流すことで、自律神経をリラックスさせてあげましょう。また、安眠を誘う香りして、「ラベンダー」があります。ラベンダーの香りは、赤ちゃんにも効果があるので、香りも活用してみましょう。ただし、香りが強すぎないように注意し、ほんのりと香りが感じられる程度で試してみてください。

夜泣きで大切なこと 大人もリラックスして乗り越えて

 

対策をお伝えしていましたが、一番大切なのは、「夜泣き」をする赤ちゃんに接する大人の向き合い方です。毎日のように「夜泣き」をされてしまっては、大人もストレスが溜まりイライラでいっぱいになります。いつものように寝かしつけをしているようで、大人に気持ちの余裕がないと、子供は敏感にそのイライラを感じとってますます寝てくれません。

「周りの人の協力を得ること!」これこそが大切です。一人で子供の「夜泣き」に向き合っていませんか?「助けてほしい」「今日はママ(パパ)が寝かしつけの当番ね」と周りの人と協力して大人のストレスを少しでも解消して「夜泣き」を乗り越えていきましょう。

「夜泣き」は突然始まり苦労しますが、必ず終わりがあります。「○○ちゃんの夜泣きは大変だったんだよ」と笑いながら話せる日がきます。

子供の成長過程の一つとして子供も大人も「夜泣き」を乗り越えていきましょう。

まとめ

 

1歳ごろの「夜泣き」に関して紹介いたしましたが、いかがでしたか。ご紹介した対処法を取り入れながら「夜泣き」を乗り越えるヒントにしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました