お風呂で子供と楽しく遊びためのおススメはこれ?!

子育て 学習

スポンサードリンク




子供と触れ合う場所の一つのお風呂場。一日の終わりに疲れも汚れも洗い流すホッとできる時間です。子供は、お風呂場で遊ぶことが大好きです。

お風呂が苦手なお子様も簡単な遊びを通してお風呂場が楽しい空間であることを知ってほしいものです。お風呂での簡単な遊びをいくつかご紹介していきますので、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

お風呂場でのコミュニケーションを深める子供との遊び

お風呂でのコミュニケーションは、親子にとってとても大切な絆を深める場所です。お風呂場の空間で、親子がお互いリラックスすることで、心がほぐれてその日の出来事など、ゆっくりと会話をすることができます。

また、お部屋ではできないお風呂だからこそできる遊びも数多くあり、違った楽しみ方が味わえます。お風呂嫌いな子どもを、お風呂遊びができることで誘導させ、嫌いを克服するカギになるかもしれません。お家にある道具を使って簡単にできるお風呂遊びをいくつか紹介します。

ペットボトルを活用しよう!

身近にあるペットボトルは、とても使いやすいアイテムの一つです。

・ペットボトルでロケット遊びをしよう!

キャップ付きのペットボトルを用意します。たったこれだけです。湯船にキャップを下に向けて真ん中くらいまでお湯に沈めたら、そのまま手を放せば、いろんな角度でペットボトルが発射します。お風呂に入る前に子供とマジック(油性)でペットボトルに絵を書いてオリジナルのロケットを作ると盛り上がります。

・ペットボトルシャワー

ペットボトルの底や周りにいくつか穴をあけます。お風呂のお湯をペットボトルにいれお手製のシャワーの完成です。

・ペットボトルでお魚すくい

ペットボトルを半分に切りとり、切ったところは、切れやすいのでテープなどで保護貼りします。牛乳パックにお魚の絵や長靴など魚ではない絵も書き、形に合わせ切り取ります。お風呂の水面に牛乳パックで作った絵を浮かべて、用意スタートです。時間内にいくつペットボトルを利用してすくいあげるかを競争します。お魚ではない絵をすくってしまうと、減点になります。点数を競い合うととても盛り上がります。

スポンサードリンク

牛乳パックも活用力は抜群です!

・牛乳パックで船を作ろう

牛乳パックを水平にカットします。マジック(油性)を使い、絵を書いたり、ストローを付けたりしてオリジナルの船を作ります。湯船に船を浮かばせ、手でお湯を揺らしながら船を進ませます。スタートラインを決め、誰が早くゴールさせるかを競うのも楽しいです。

・牛乳パックで絵遊び、文字合わせ

牛乳パックを平たく切ります。そこに好きな絵をマジック(油性)を使って書きます。書き終わったら、子供の月年齢に合わせて何等分で牛乳パックをカットします。例えば2歳児でしたら8等分ぐらいがおすすめです。カットした絵を湯船に浮かばせて、パズルのように絵を組み合わせます。

文字も同様です。「あ・い・う・え・お」など書き、カットします。そして文字を組み立てていきます。例えば「あ・お」などです。いろんな文字があると、「動物の名前」とお題を出して、文字を組み立てていくのも楽しいです。

お風呂の遊びは工夫すれば無限大?!

 

最近はお風呂場で使えるおもちゃが増えています。お風呂の壁に落書きできるペンや自動でお湯をすくってシャワーで出てくるものもあります。そんな中でも、親子で手作りしながら、お風呂遊びを楽しむ事も大切なコミュニケーションの一つにもなります。

我が家で、一番子供が気に入っている遊びは「クラゲタオル」です。昔から誰でも一度はしたことがある遊びではないでしょうか。準備するのはタオルだけです。まず、湯船にタオルを浮かべます。タオルの下に両手を当て、そのままタオルを持ち上げます。そのままの形をキープしながら、再度湯船にタオルを浮かばせると、空気が入った状態になります。

空気を含んだ周りの部分をそっと握り、タオルを湯船に沈ませます。静かに沈ませれば、ぶくぶくと泡を出していきます。また、いっぺんに空気の入っている部分を握れば、たくさんの泡がでて楽しいです。親子で相談しながらいろんなオリジナルのお風呂場遊びを作り楽しんでみてください。

まとめ

 

今回、お風呂での子供の遊びについてご紹介いたしましたが、いかがでしたか。ほぼ毎日利用するお風呂場で楽しく過ごせるよう、本記事がそのヒントになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました